スプリンターズS、凱旋門賞、新馬戦、大阪杯など

スプリンターズSは残念な結果に


スプリンターズSは本命に推したビッグアーサーが直線どんずまりで惨敗。福永祐一は前走のような積極策に出る事なく控えたのがあだになってしまいましたね。




 単勝1・8倍の断然人気を集めたビッグアーサーは12着に惨敗した。最内枠から道中は中団5、6番手を進み、直線で抜け出しにかかったが、サトノルパンとレッドファルクスの間を突けず、内に切り返したところでつまずき、万事休す。二重三重の不利が重なった形だが、福永は「最低の騎乗だった。馬はすごく具合が良かったが、僕がうまくさばけなかった。申し訳ない」と振り返った。
1番人気ビッグアーサー大惨敗/スプリンターズS|極ウマ・プレミアム




凱旋門賞に挑戦したマカヒキは14着に


国内で凱旋門賞の馬券が買えるようになり注目度が上がった凱旋門賞。日本からはダービー馬のマカヒキが参戦。前哨戦を余裕残しで勝った事で本番は期待して見ていましたが、見せ場さえ作れずに惨敗してしまいました。敗因は色々あると思いますが、期待が大きかっただけに落胆がもっと大きかった。グリーンチャンネルに出ていた武豊は勝ったファウンドを見ていたと言っていたがさすがですね。





高額馬サトノアーサーは運も味方した


土曜日の阪神芝2000mで行われた新馬戦には注目の高額馬サトノアーサーが出走した。池江調教師が期待を寄せるだけあってオッズは1.1倍の一本被り。レースは道中折り合っていたので余裕があるように見えましたが前を行くスズカフロンティアの脚色が衰えない。川田が必死に追ってなんとか同着に持ち込んだが初戦にしてはシッカリ追いすぎた感があるね。休養をとって2戦目がどこになるのか、次も注目しています。





産経大阪杯がG1に昇格?


春のG1は中距離レースが宝塚記念だけなので海外に行くケースが増えています。歯止めをかける意味と売り上げ増を狙っての事と思いますが、どうなんでしょうか。面白いレースになるならいいけどね。
JRAが大阪杯のGI格上げを検討 来年にも – netkeiba.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする