racing-book.net


2013年2月13日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


フェブラリーSの登録馬と過去16年の勝ち馬

 今年最初のGⅠはダートのフェブラリーS。登録馬を見ると昨年の上位5着までが登録しているようにダート戦線では高齢馬が結構頑張っている。しかも、JCD・東京大賞典・川崎記念の勝ち馬が出ていないですからまたもや高齢馬の出番かも。中でもワンダーアキュートは登録馬の中で先のGⅠ最先着馬。今年7歳になりましたが元気いっぱいで活躍中ですから今回も中心馬でしょう。

 昨年の勝ち馬テスタマッタは昨年と同じ根岸Sを使われての出走。以前は掛かり癖があったが年齢を重ねて折り合いが付くようになり、その分決め手が発揮できるようになった。折り合えば長くいい脚を使うタイプなので東京は合うはず。シルクフォーチュンは決め手が凄い。昨年も後方から一気の脚で2着に食い込んできた。展開の助けが必要だがこのレースはペースが速くなるのでこの馬にとってはチャンスがある。昨年の4着馬ダノンカモンはツメが甘いタイプだが堅実が売り。最近の成績はあまり良くないが枠順とスタート次第では上位に来る可能性はある。昨年の5着はエスポワールシチーは中央のGⅠでは厳しいかな。

 4歳馬ではガンジスとイジゲンが面白いがイジゲンは賞金的に出走が厳しいかも。ガンジスは根岸Sで勝ったと思ったところでメイショウマシュウに差されてしまった。早めに先頭に立つと良くないのかもしれないので、引っ張る馬がいればしぶとい競馬をするはず。イジゲンは武蔵野Sで出遅れながら勝ってしまったようにいい決め手はある。だけど、出遅れ癖があるので展開次第かなぁ。出てくれば面白いと思っていたホッコータルマエは賞金の関係で地方競馬に出走してしまった。残念。NHKマイルカップ勝ち馬カレンブラックヒルが出てくればスピード競馬になって面白いでしょうね。マイル戦は4戦4勝、天皇賞秋で5着の実績があるようにダート適性があれば逃げ切り勝ちもある。初ダートとなれば逃げた方がいいし、軽いダートになればこの馬のスピードが生きるので週末のお天気は要注意。


フェブラリーSの登録馬

フェブラリーSの登録馬


フェブラリーS 過去16年の勝ち馬 血統一覧

フェブラリーS 過去16年の勝ち馬 血統一覧


フェブラリーS 過去16年の勝ち馬 前走一覧

フェブラリーS 過去16年の勝ち馬 前走一覧






Posted by nobita at 2013年2月13日 19:04 | Category : 登録馬




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ