共同通信杯 過去31年の勝ち馬と配当

 今週末は共同通信杯が行われます。過去の勝ち馬をみると近年ではダービー2着のスワーヴリチャード、皐月賞馬のディーマジェスティ、皐月賞2着のリアルスティール、皐月賞馬のイスラボニータ、同じく皐月賞馬のゴールドシップなど、古くは3冠馬ナリタブライアン、ダービー馬はジャングルポケットやアイネスフウジンやダイナガリバーなど。また、NHKマイルカプを勝ったエルコンドルパサーやイーグルカフェなど錚々たるメンバーがこのレースを勝ち上がり、その後も活躍しています。



 今年の登録馬をみると連勝中のグレイルがグリグリの人気になりそうです。京都2歳Sではその後、ホープフルSを勝ったタイムフライヤーに競り勝ってます。京都2歳Sはタイムフライヤーの勝ちパターンのレースを後方から差し切ってしまった。まだまだ、伸びしろがありそうなので順調であればここも問題ないかと。



 ステイフーリッシュはホープフルSで後方から追い上げて3着に入った。2戦目と言うことを考えれば今回は楽しみ。ゴーフォザサミットは未勝利、500万を連勝。前走の500万ではホープフルS5着のナスノシンフォニーに競り勝っている。ホープフルSのナスノシンフォニーはスタートで外に膨れたり、窮屈になったりしながらの5着なのでそれを考えればこの馬の決めても魅力。昨年、好調だった藤沢和雄厩舎が送り出してくるだけに楽しみな一頭ですね。


 下のデータは過去31年の勝ち馬と配当一覧です。勝ち馬の血統をみると最近ではサンデーサイレンス系種牡馬の活躍が目立っています。時期的に出走頭数が少ないこともあり決めてのある馬が上位に来る傾向にありますね。配当も比較的にかための決着が多いです。





共同通信杯の登録馬


共同通信杯の登録馬




共同通信杯 過去31年の勝ち馬


共同通信杯 過去31年の勝ち馬




共同通信杯 過去31年の配当一覧


共同通信杯 過去31年の配当一覧



Output by TARGET frontier JV


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする