racing-book.net


2016年4月12日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


【GⅠ】皐月賞の登録馬 3強か、4強か、それとも

 今年の皐月賞は近年稀に見るハイレベルな戦いになりそう。前哨戦でもある皐月賞トライアルを制したのはディープインパクト産駒のマカヒキ。マカヒキは父ディープインパクトと同じで無敗で弥生賞を制した。しかも、新馬戦→若駒S→弥生賞と父ディープインパクトと同じローテーションで来ている。また、馬主は金子真人HD、生産者はノーザンファームとこれも同じ。上がり3F は3戦連続で最速も父ディープインパクトと同じなので期待が高まるばかり。ただし、父ディープインパクトの時代と違いライバル勢も強力なメンバーが揃っている。

 弥生賞ではマカヒキを抑えて1人気に推されたリオンディーズはデビュー2戦目で朝日杯FSを勝った逸材。父キングカメハメハは皐月賞未出走だがNHKマイルカップ→ダービーとGⅠを連勝。産駒はダートGⅠ馬ホッコールマエ、短距離王ロードカナロア、ダービー馬ドゥラメンテ、牝馬3冠馬アパパネなどオールマイティーに強い馬を出している。鞍上は今年GⅠ2勝しているデムーロ。前走で負けているので今回は巻き返してくると思う。

 無敗馬といえばサトノダイヤモンドもいる。父はマカヒキと同じディープインパクト。また、3戦3勝でレースの上がりは3戦すべてで最速というのも父ディープインパクト、ライバルマカヒキと同じ。気になるのは強い相手と戦っていないことと、間隔が開きすぎていること。今回が初の関東遠征になるので果たして万全の体制で出てこれるか。

 エアスピネルはリオンディーズと2戦して2敗。完全に水を開けられた形だが安定度は抜群。レースセンスもあり、どんな流れにも対応できそう。3強の一角を崩すとしたらこの馬か。

 他にも3連勝で若葉Sを制したアドマイヤダイオウ、共同通信杯を勝ったディーマジェスティ、京成杯を勝ったプロフェットスプリングSを勝ったマウントロブソンなど現在考えられる最強メンバーが揃った一戦になりそう。 


皐月賞の登録馬

皐月賞の登録馬


皐月賞 過去20年の配当一覧

皐月賞 過去20年の配当一覧


皐月賞 過去20年の勝ち馬の血統一覧

皐月賞 過去20年の勝ち馬の血統一覧



Output by TARGET frontier JV






Posted by nobita at 2016年4月12日 01:08 | Category : 登録馬




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ