皐月賞の各馬の前走レースをみて一言

 皐月賞出走馬の近走レースを見直してみた。そして、感じたままを寸評にしてみた。客観的に見たつもりだが気になる馬はいい評価をしている感じが・・・・(^^ゞ



 リルダヴァル

 上がりの競馬しか経験していないのが気がかり。調教はいいみたいだけど、切れる馬だけに重い馬場でスタミナ勝負になったときに不安が・・・。



 ハンソデバンド

 先行力があってしぶとそう。ペースに関係なく終いはしっかりしている。常に全力を出せるタイプかも。NHKマイルカップならいいレースをするような気がしている。クラシックでは馬主的にももう一つかな。



 トーセンアレス

 芝のレースは弥生賞だけなのでなんとも言えないね。ただ、スピード競馬には今のところ対応できていない感じがする。



 ネオヴァンドーム

 きさらぎ賞はデムーロの好騎乗でしょうね。ただ、ペースアップしたところで馬なりで前に行けるのはいいし、追っ手からのしぶとさもいい。鞍上の言うことをきくから馬込みでも大丈夫そう。



 ローズキングダム

 全力投球タイプ。スプリングSは小牧のボーンヘッド。中山適正はあるし皐月賞向きだと思う。気になるのは馬体重だけ。調教を見るとここを勝ちに来ているかもしれないので多少体重が減っていても買いかも。



 ゲシュタルト

 先行力がある。無理に押さえずに前に行ければ人気よりは上の着順に来そう。気になるのはデビューから3戦連続で馬体重が減っていること。



 レッドスパークル

 現状ではスピード不足かな。使い詰めというのも気がかり。展開が向けば3着はあるかも。



 バーディバーディ

 ダートのほうがいいと思うけど。



 サンディエゴシチー

 ビューッと行っちゃうので距離短縮で狙ってみたいタイプ。



 シャイン

 決め手に欠けるだけに時計のかかる馬場は歓迎タイプ。現状では力不足は否めない。



 エイシンフラッシュ

 これまでのレースを見る限り前半緩くて後半速いレースがあっていそう。



 エイシンアポロン

 前走で距離のめどはついた。折り合いはつくので体調が万全であれば上位争い出来そう。



 ヴィクトワールピサ

 弥生賞のパフォーマンスよりもラジオNIKKEI杯2歳Sのパフォーマンスのほうがよかった。勝負どころのペースアップを馬なりで行けるのがいいし、加速がすばらしい。後ろからは差されない感じがした。



 レーヴドリアン

 跳びが大きいので中山芝2000mは不利。後方から何頭抜いてくるだろう。



 ダイワファルコン

 前走は枠順がよかった。外枠でどう乗るかが問題。



 ヒルノダムール

 前走できついレースを経験したのはプラス。決めてもあるし、追って味がある。



 ガルボ

 距離が持つかが不安。何故にNZTに出なかったのだろうか?



 アリゼオ

 包まれる競馬はよくない。スタートは普通だが2の脚が速い。上がりの競馬では分が悪いが、スタミナ勝負ではしぶとさ発揮。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 龍ぱぱログ より:

    今週のメイン〜皐月賞

     4月も後半に入ろうかというのにまさか降雪で開催中止になるとは…。
     第1回福島競馬3日目の開催は降雪のために中止になってしまいまし…