racing-book.net


2016年3月30日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


【G2】産経大阪杯考査

 今年の産経大阪杯は豪華な顔ぶれになりましたね。GⅠが5頭(イスラボニータ、キタサンブラック、ショウナンパンドラ、ヌーヴォレコルト、ラブリーデイ)に中山記念2着のアンビシャス、京都記念2着のタッチングスピーチなどどの馬が勝ってもおかしくない。

 アンビシャス、イスラボニータなどが出走した中山記念は1000m通過が59秒4とこのクラスとしてはややスローペースだが、後半1000mは57秒8とかなり速い。レースの上がりは34秒9、勝ったドゥラメンテの上がりが34秒1。人気のドゥラメンテが早めに動いて押し切るレースをしたので後続も早めの仕掛けで追随した。そんなレースの流れのなかアンビシャスのルメールは脚を溜めて直線勝負に。上がり33秒6でクビ差まで迫ったが惜しくも2着。しかし、先日ドバイターフを勝ったリアルスティールには先着。昨秋の天皇賞秋では勝ち馬のラブリーデイにコンマ2秒差の競馬をしていることだし、強い4歳馬の一頭として名乗りを挙げてもおかしくない。中山記念では3人気に推されながら9着と惨敗したのはイスラボニータ。皐月賞馬も昨年は未勝利と結果がほしいところ。ダービー2着の実績はあるが本質は1600m~2000mの馬。最近はゲートの出が良くないので後ろからの競馬が多いが決め手では劣るので前に行ったほうがいいと思っている。この後は安田記念に進むと思うので、次のことを考えると今回は前に行って厳しい競馬をしてくれたらいいね。

 菊花賞馬キタサンブラックは前走有馬記念3着。その有馬記念1、2、4着馬(ゴールドアクター、サウンズオブアース、マリアライト)が先週の日経賞では1、2、3着(ゴールドアクター、サウンズオブアース、マリアライト)に来ている。そのことを考えると先手を取れるキタサンブラックが勝ってもおかしくない。皐月賞ではドゥラメンテ、リアルスティールに続く3着に来ている事からも実力ではひけをとらない。父ブラックタイド、母父サクラバクシンオーということから人気にはなりにくいので人気がなければ積極的に狙ってみたい。

 ラブリーデイは昨年鳴尾記念、宝塚記念、京都大賞典、天皇賞秋と重賞4連勝をしたが、ジャパンカップは3着、有馬記念は5着と惜しい競馬が続いた。距離を不安視する声もあるが一昨年の暮れから走り続けているので疲労とストレスが蓄積していたのではないかと思っている。このレースのあとは3ヶ月後の宝塚記念なのでここは久々でも走れる体になっているはず。どんな流れにも対応できるタイプなのでここは勝ち負けだと思っている。

 これだけの牡馬が揃っているが今年の牝馬は強いのが3頭もいる。ショウナンパンドラはジャパンカップで牡馬を蹴散らした実力馬。宝塚記念3着、天皇賞秋4着の実績が示す通りトップクラスの実力馬。昨年と同じローテーションならばこの後はヴィクトリアマイルを使って宝塚記念でしょう。問題は高速馬場の対応かな。秋華賞で1分57秒0の時計はあるが、今回はメンバーが違いますからね。次に繋がる競馬ができればいいかな。

 ヌーヴォレコルトはショウナンパンドラとの対戦成績が2勝3敗と負け越し。だからと言って弱いわけではなく前走の香港カップでは2着に入る走りを見せている。デビューから15戦しているが掲示板を外したのは昨年のヴィクトリアマイルだけという堅実さ。休み明けでも牡馬混合でも結果を出しているのだから恐れ入る。今回の斤量は54キロなのでショウナンパンドラとは2キロ差があるし、脚質的にもチャンスは充分あると思っている。

 タッチングスピーチは馬場がグチャグチャになった京都記念で2着に好走。タフな馬場で好走した反動が気になるが、牝馬らしい決め手がある。エリザベス女王では有馬記念4着のマリアライトやヌーヴォレコルトと差のない競馬をしているから能力はある。ただ、流れに左右される脚質だけに展開の助けが必要かも。内回りの2000mなので厳しい競馬になると思う。

 過去10年で良馬場でレースが行われたのは7回あるが、一番速い時計が出たのは2011年にヒルノダムールが勝った時で1分57秒8のレコード決着した時。この時のレースの流れは[12.5-11.0-12.3-12.1-11.4-11.6-11.6-11.3-11.8-12.2]で逃げたキャプテントゥーレが勝馬からコンマ1秒差の5着に粘る競馬で、流れは相当厳しかった。この時勝ったヒルノダムールは次走の天皇賞春を勝ち、3着だったエイシンフラッシュが天皇賞春で2着に入った。登録馬の2000m走破タイムを見ると1分57秒台から58秒台で走っている馬がほとんど。メンバーからすると今回はレコードが出るようなレースになると思う。

 血統面では種牡馬ではサンデーサイレンス系の成績がよく、母父ではノーザンダンサー系の成績がいい。ニックスではサンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系がいい。該当馬はショウナンパンドラ、タッチングスピーチ、ヌーヴォレコルトの3頭。

 前走では中山記念、有馬記念に出走していた馬がいい。該当馬はアンビシャス、キタサンブラック、キタサンブラック、ラブリーデイの4頭。

 人気では1人気が馬券外に飛んだのは1回だけなので、1人気の信頼度が高いレース。注目は連対率、複勝率が1人気の次に高い6人気。狙いは1人気と6人気からの流し馬券かな。


産経大阪杯 過去10年 1~3着馬の血統

産経大阪杯 過去10年 1~3着馬の血統


産経大阪杯 登録馬の血統

産経大阪杯 登録馬の血統


産経大阪杯 過去10年 1~3着馬の前走データ

産経大阪杯 過去10年 1~3着馬の前走データ


産経大阪杯 登録馬の前走

産経大阪杯 登録馬の前走


Output by TARGET frontier JV






Posted by nobita at 2016年3月30日 19:25 | Category : レース考査




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ