racing-book.net


2015年5月20日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


オークス考査 レッツゴードンキは逃げるか?

 先週、先々週と競馬場に行って競馬を生観戦してきた。先週はダービールームでの観戦だったので上から馬場状態が丸見えで、見た目には内目が芝がはげているが、ご存じの通り行った馬が残る競馬が多かった。芝ははげているが馬場は悪くないので行った馬、真ん中から内の馬が有利だった。今週のオークスは先週に引き続きBコースを使用、また週間天気では週末は晴れの予報なので同じように逃げ先行馬、内目の枠が有利となるだろう。

 桜花賞は逃げ切り勝ちしたレッツゴードンキは今回も逃げるのだろうか。陣営はNHKマイルカップとオークスの両睨みでいたが、岩田康誠のひと言でオークス行きを決定。岩田康誠は余程自信があるのだろう。桜花賞のレッツゴードンキの競馬をみれば分かるが、逃げても上がり3Fは33秒5の脚を使える。2400mに距離が伸びるが血統的には問題ない。前に行ける脚があるので枠順はどこでも大丈夫。真ん中から内目の枠だったら先手を取って行くでしょう。オークスで逃げ切りれば1991年のイソノルーブル以来となる。展開に左右されない馬だから逃げ切り勝ちを期待したい。


レッツゴードンキの戦歴

レッツゴードンキの戦歴


オークスの登録馬

オークスの登録馬


Output by TARGET frontier JV






Posted by nobita at 2015年5月20日 20:48 | Category : レース考査




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ