racing-book.net


2007年12月20日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


有馬記念の枠順決定!運も実力の内、枠順の悲喜こもごも

 有馬記念の枠順が決定した。この枠順を見て思ったのがメイショウサムソンは最高の枠に入り、ウオッカは最悪の枠に入ったなってこと。ウオッカという馬は掛かり癖があるのでスタートして仕掛けてポジションを取ることが出来ない。だから、後ろからの競馬になるのだが大外枠だとわざと出遅れて馬の後ろに入れるような競馬をしないとちょっと危ないかも。まあ、いつものように後方一気でどれだけ着順を上げられるかと言う競馬をするしかないだろうね。

 面白いのはメイショウサムソンとドリームパスポート。この2頭の直接対決の成績はというとメイショウサムソンの4勝6敗でドリームパスポートの方に軍配が上がっている。ただし、直接対決で大きなレースを勝っているのはメイショウサムソン。レースの位置取りとしてはメイショウサムソンの後ろにドリームパスポートが付けるような競馬になるだろう。鞍上の高田潤も人気にならないから気軽に乗れるだろうし、普段から調教をつけて気心が知れているパートナーなら良い競馬が出来るのではないかと思う。メイショウサムソンが動いてからドリームパスポートが仕掛けてもゴールまでは捕まえることが出来るはず。あとは、状態がどこまでピリッとしているかだね。

 先手を取ると思われるダイワスカーレットは4枠7番。他に行く馬がいないので、この枠ならスッと先手が取れそう。気になるのはサンツェッペリンで変な位置で競馬をするならハナに行ってしまえとばかりに仕掛けて行くかもしれない。そうなると、ダイワスカーレットにとってはちょっと厳しいレースになるかも。と言うのもハナを切った馬のペースが速ければ、この馬のレースではなくなるからね。先行抜け出しというレースを得意とする馬が多いだけに、この形だけにはなって欲しくない。逆にダイワメジャーはこの形がベスト。サンツェッペリンが行ってくれて、4コーナー過ぎにダイワスカーレットがサンツェッペリンを交わして先頭に。そこにダイワメジャーが襲いかかるというパターン。早めに前を捕まえたいが速すぎると足が止まるので、頑張って逃げてくれる馬がいるのがダイワメジャーにとってはいい。

 ポップロックのペリエもロックドゥカンブのキネーンも先行策を取りたいだろう。そこにコスモバルクやデルタブルースも行くと考えると先行争いが厳しい。弾かれた馬は下がるしかないし、スタート後の1Fが勝負の分かれ目になるのかな。


中山 9R 有馬記念 G1

馬名性齢騎手 斤量
11メイショウサムソン牡4  武豊   57
12ドリームパスポート牡4高田潤  57
23マツリダゴッホ  牡4 蛯名正義 57
24ダイワメジャー  牡6デムーロ 57
35レゴラス     牡6柴田善臣 57
36ポップロック   牡6  ペリエ  57
47ダイワスカーレット牝3  安藤勝己 53
48ロックドゥカンブ 牡3キネーン 53
59サンツェッペリン 牡3北村宏司 55
510フサイチパンドラ 牝4  藤田伸二 55
611コスモバルク   牡6 松岡正海 57
612インティライミ  牡5福永祐一 57
713デルタブルース  牡6  川田将雅 57
7B14ハイアーゲーム  牡6ルメール 57
815チョウサン    牡5  横山典弘 57
816ウオッカ     牝3  四位洋文 53


Output by TARGET frontier JV






Posted by nobita at 2007年12月20日 17:08 | Category : レース情報




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ