racing-book.net


2018年5月 6日

オークス 過去32年の血統別成績

 過去32年のオークスについてデータを集計してみました。集計したデータをみるとサンデーサイレンス系が強いのがよく分かります。2400mを走るのは初めての馬がほとんどなのでペースは平均からやや遅めで瞬発力勝負になるのがこのレースの傾向。こういう上がりの速いレースに強いのがサンデーサイレンス系ですね。近年のラップタイムをみると後半のラップが速いときほどサンデーサイレンス系が来ています。

 今年の登録馬をみるとサンデーサイレンス系とキングマンボ系の2系統がほぼ独占しています。また、母父や母母父までみるとサンデーサイレンス系がほどんどを占めています。基本はサンデーサイレンス系を父にもつ馬を狙うのがいいと思います。

 今年の主役は桜花賞を勝ったロードカナロア産駒のアーモンドアイですね。後方一気の末脚でゴール前は余裕があるほどなので、ちょっと楽しみです。2着のラッキーライラックも能力はあるのでこの2頭に、フローラSを勝ったサトノワルキューレを加えた3頭に注目しています。


オークスの登録馬 血統一覧

オークスの登録馬 血統一覧


オークス 過去32年の1~3着馬の血統

オークス 過去32年の1~3着馬の血統


オークス 過去32年の種牡馬成績

オークス 過去32年の種牡馬成績


オークス 過去32年のチェック種牡馬成績

オークス 過去32年のチェック種牡馬成績


Output by TARGET frontier JV






Posted by nobita at 2018年5月 6日 19:29 | Category : レース情報




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ