新潟2歳Sの注目馬 タケミカヅチは切れ味抜群

 タケミカヅチのデビュー戦を見たがこれがまた荒っぽいレースっぷり。スタートをボコッと出ていきなりの出遅れ。しかも、1000m通過が63秒1のスローペースで後方10番手。直線では外に出して手応え十分だが前との差がありすぎ。それでも、追い出すとグイグイ伸びてきたが内に切れ込む形なのでヒヤヒヤもの。ゴール手前で逃げるジョウショーアローを差しきるとそれ以上に内に行かないように押さえるほどで上がり3Fが33秒0。まだ、素質だけで走っているような感じでこれだからパンとしてくれば相当走るかもね。




 タケミカヅチという馬名は変わってるのでJRAの馬名リストで意味を調べると「日本神話に登場する神」とある。また、Wikipediaによると「ミカヅチ」は雷のことであり、雷神は剣の神でもある。と言うことは「切れる」という意味も含んでいるかも。

 タケミカヅチ – Wikipedia



 タケミカヅチは社台ファームの生産馬で馬主も社台RH(レースホース)、母カズミハルコマは泉州牧場の生産馬で1995年頃まで泉州牧場で繁殖生活を送っていた。その後、社台ファームに移ってきた。泉州牧場を調べてみるとそれほど活躍した馬は見つからなかったがオーナー(多分)の野出一三氏がカツラギエースを、野出長一氏がオサイチジョージを所有していた。

 カツラギエース – Wikipedia

 オサイチジョージ – Wikipedia



5代血統表 タケミカヅチ


牡 2歳   父 6歳・母 21歳時産駒 2005年 鹿毛 (千歳市)



































































































































ゴールドアリュール



 1999年 栗毛 (追分町)
*サンデーサイレンス



 1986年 青鹿 (米)
Halo



 1969年 (米)
Hail to Reason

 1958年
Turn-to
Nothirdchance
Cosmah

 1953年
Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well



 1975年
Understanding

 1963年
Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower

 1964年
Montparnasse
Edelweiss
*ニキーヤ



 1993年 鹿毛 (米)
Nureyev



 1977年 (米)
Northern Dancer

 1961年
Nearctic
Natalma
Special

 1969年
Forli
Thong
Reluctant Guest



 1986年
Hostage

 1979年
Nijinsky
Entente
Vaguely Royal

 1974年
Vaguely Noble
Shoshanna
カズミハルコマ



 1984年 青鹿 (新冠町)
マルゼンスキー



 1974年 鹿毛 (早来町)
Nijinsky



 1967年 (加)
Northern Dancer

 1961年
Nearctic
Natalma
Flaming Page

 1959年
Bull Page
Flaring Top
*シル



 1970年 鹿毛 (米)
Buckpasser

 1963年
Tom Fool
Busanda
Quill

 1956年
Princequillo
Quick Touch
センシユータカラ



 1976年 青鹿 (門別町)
ヴエンチア



 1957年 黒鹿 (英)
Relic

 1945年
War Relic
Bridal Colors
Rose O’Lynn

 1944年
Pherozshah
Rocklyn
シヤダイウイング



 1968年 黒鹿 (千葉県)
*ゲイタイム

 1949年 栗毛
Rockefella
Daring Miss
ブラツクターキン

 1954年 黒鹿
*ブラツクウヰング
*フオルカー

Nijinsky]   15.63% 5 x 3

[Northern Dancer]   12.50% 4 x 4

[Nearctic]   6.25% 5 x 5

[Natalma]   6.25% 5 x 5




馬データ検索 兄弟馬検索





















































































































































馬名 性齢 厩舎 着度数 本賞金 種牡馬 馬主 生産者 取引価格
タケミカヅチ 牡2 在厩 (美)大江原哲 1- 0- 0- 0 700 ゴールドアリュール 社台レースホース 社台ファーム  
デカンタージュ 牝3 抹消 (美)奥平雅士 0- 0- 1- 1 240 ホワイトマズル 吉田照哉 社台ファーム  
キャンパスクイーン 牝6 抹消 (美)萩原清  1- 4- 4-13 2390 バブルガムフェロー 金子真人ホールディ 社台ファーム 1522万円
バックスラッシュ 牡8 在厩 (美)小笠倫弘 6- 2- 0-25 1114 トニービン 薗部博之 社台ファーム 2415万円
スプリングブリーズ 牡9 抹消 (栗)松田博資 0- 0- 0- 0 0 トニービン 社台レースホース 社台ファーム  
スプリングチケット 牝10 抹消 (栗)鶴留明雄 6- 1- 3- 9 9892 トニービン 吉田照哉 社台ファーム  
ハルガスミ 牝11 抹消 (美)清水美波 3- 0- 1-18 1630 ヤマニンゼファー サンデーレーシング 社台ファーム  
マラガ 牝13 抹消 (栗)松田博資 2- 0- 3- 2 1870 オサイチジョージ 小林薫 泉州牧場  
ドラゴンファスト 牡15 抹消 (栗)土門一美 1- 0- 0- 1 590 トウシヨウボーイ ビッグ 泉州牧場  
センシュートレジャ 牝16 抹消 (栗)土門一美 2- 1- 3-12 2909 ミホシンザン 野出一三 泉州牧場  
カズミメインマン 牡17 抹消 (栗)土門一美 0- 0- 1- 8 255 カツラギエース 野出長一 泉州牧場  

Output by TARGET frontier JV



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 中野 より:

     タケミカヅチとは出雲神のなまえで、切れ味抜群ということばがぴったりです。
     なぜかというと、刃物鋼の名産地は出雲安来になっており切れ味抜群の誉れは、古くより伝えられている。スサノオの伝説地の近くでもあるところです。
     さてその出雲の地で、古代製鉄法であるたたら製鉄が冬場数回、日本刀の素材製造のために行われます。ここの見学は貴重な体験で、企業でも要人クラスしか見れないらしいです。今回、私はある人の便宜で見に行けることになりましたが、とても楽しみにしています。