racing-book.net


2017年3月10日

金鯱賞の予想 注目馬はルージュバック

 金鯱賞がG2に昇格したのが1996年で宝塚記念のステップレースとして長らく行われていたが、2012年に有馬記念のステップレースとして暮れの開催に移行、そして大阪杯がG1に昇格したことで今度は3月中旬に移行した。ついこの間行われたばかりなのにと思うのは僕だけではないでしょうね。暮れの開催時と違って今回はメンツがグレードアップした。金鯱賞を使って大阪杯→宝塚記念または大阪杯→安田記念・ヴィクトリアマイルというのがローテーションになるのかな。

 金鯱賞の注目馬はルージュバックです。昨年は中山牝馬S→ヴィクトリアマイルでしたが、今年は中山牝馬Sではなく金鯱賞を選択してきました。実績を見れば分かる通り左回りの方が成績がいいです。久々も苦にしないタイプなので大丈夫と思っています。距離に関して言えば2000m以上では2歳時に勝っているだけですが、道中の折り合いに心配がないだけに距離は心配していません。開幕週なので決め手勝負でも引けは取らないと思っています。

 ステファノスは詰めは甘いですが堅実ですよね。持ち時計もあるし距離適性も問題ない。問題ないだけに外せないんですよね。それなら、プロディガルサンが面白いです。前走はプラス22キロで上がり3F32秒0で走りました。スローな流れでしたがエアスピネルを上回る上がりですからね、驚きました。一度使われたことでピリッとして今回はもっと動けると思します。気になるのは気性面だけです。3歳時はやや掛かり気味に行ってしまうところがあったのでそれが出なければ楽しみです。

 

金鯱賞の出馬表


金鯱賞の出馬表


Output by TARGET frontier JV






Posted by nobita at 2017年3月10日 19:14 | Category : 予想(重賞)




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ