racing-book.net


2013年5月 1日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


京都新聞杯とプリンシパルSの登録馬

 京都新聞杯とプリンシパルSはダービーへの出走を賭けたレース。京都新聞杯はトライアルではないので1着で賞金を加算し、賞金順で出走可能。プリンシパルSは1着馬に優先出走権が与えられる。どちらにしても1着馬のみがダービーに出走出来るというわけだ。NHKマイルカップを含めると3つのレースがダービーへの最終関門なので登録馬も多い。京都新聞杯とプリンシパルSではダブル登録する馬が12頭、プリンシパルSとNHKマイルカップにダブル登録する馬が5頭もいる。賞金が足りない馬は抽選を通らなければ出走さえも出来ない。ここで目一杯仕上げてしまうと次のレースではおつりがなくなるけどダービー出走18頭に入るためにはどの陣営も仕上げて来るでしょうね。

 京都新聞杯の登録馬をみるとキズナが頭ひとつ抜けた存在。鞍上の武豊ですが、今年はちょっと違う感じがしているので取りこぼしはないでしょう。賞金的には足りているので余裕残しの仕上げてくると思うけど直線の長い京都外回りなら充分届くと思う。プリンシパルSは皐月賞組かスプリングS組辺りが人気になるかな。抜けた存在がいないだけにどの馬が勝ってもおかしくない。

 出馬表の印M2「◆」京都新聞杯とプリンシパルSのダブル登録馬。印M3「◆」NHKマイルカップとプリンシパルSのダブル登録馬。


京都新聞杯の登録馬

京都新聞杯の登録馬


プリンシパルSの登録馬

プリンシパルSの登録馬






Posted by nobita at 2013年5月 1日 18:55 | Category : 登録馬




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ