racing-book.net


2017年4月11日

皐月賞 ファンディーナの挑戦

 今年の皐月賞は牝馬のファンディーナが登録してきたことで面白くなりそう。TARGETで皐月賞に牝馬が出走したかどうかを調べてみた。すると、1991年にフラワーカップで2着になったダンスダンスダンスが挑戦して15人気で5着。2014年にフラワーカップを勝ったバウンスシャッセが挑戦して12人気で11着でした。ダンスダンスダンスのフラワーカップは同年のスプリングSよりもラップも勝ち時計も早かった。また、スプリングS組には先着したが、上位4頭は若葉S、弥生賞組だった。若葉Sも弥生賞も前半のペースはフラワーカップよりも遅かったが、結果は牡馬の力が一枚上だった。バウンスシャッセの場合は時計の裏付けもないのでこの惨敗は力不足だった。

 ファンディーナの場合、フラワーカップの勝ち時計はスプリングSよりもコンマ3秒遅い。ペースも遅く、上がりが速い流れだった。ただし、フラワーカップのファンディーナは持ったままで追わないでこの時計だったことを考えると追えばスプリングSより速い時計で走っていた可能性はあった。また、これまで3戦してすべて上がり3Fは最速。それでいて余裕があったのだから本気で走ったらどのぐらい強いのかと思わせる過去の走りだった。

 あの走りを見たファンは皐月賞馬の可能性もあると信じるのではないかな。今年は牝馬のレベルが高いのでファンディーナが皐月賞を勝つとダービーに登録してくる牝馬が増えるかもしれない。気になる鞍上は競馬ブックでは岩田康誠になっている。なにかとお騒がせの岩田康誠は2015年の桜花賞をレッツゴードンキで勝って以来、G1勝利から遠ざかっている。果たして2年ぶりの栄冠を手にすることが出来るか?

 

皐月賞の登録馬

皐月賞の登録馬


ファンディーナの戦歴

ファンディーナの戦歴


Output by TARGET frontier JV






Posted by nobita at 2017年4月11日 00:04 | Category : 登録馬




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ