秋華賞の登録馬【各馬についてひと言】

 いよいよ秋華賞ですね。前哨戦が終わって本番にどう向かうのか。3冠を狙うアパパネか、2冠を狙うサンテミリオンか、はたまた春に苦杯をなめた馬たちの巻き返しか、新興勢力の一発か。



 アパパネ 言わずとしれた2冠馬。前走は+24キロで明らかに太め。休み明けチューリップ賞2着→桜花賞1着と叩き良化型。栗東滞在も桜花賞時と同じなので休み明けローズS4着→秋華賞は予定通り。絞れていれば大丈夫でしょう。



 サンテミリオン ぶっつけ、初輸送はかなりリスクが高い。鞍上も乗り慣れた横山典弘から藤岡祐介にスイッチ。能力があるのは間違いないが・・・・。



 アプリコットフィズ 武豊-小島太という新たなホットラインが誕生。桜花賞コンマ3秒差、オークスコンマ6秒差、ローズSを勝ったアニメイトバイオとは1勝1敗。早めに始動し余裕を持って本番に挑んできた。



 アニメイトバイオ ローズSは上がり3F33秒8で見事な差しきり勝ち。桜花賞コンマ4秒差、オークスコンマ5秒差だから能力があることは間違いない。前哨戦を勝った勢いで挑めるのはいいね。



 ワイルドラズベリー ローズSは後方一気の差し脚。白百合Sでは牡馬相手に勝っているし、桜花賞では10着だがタイム差はコンマ5秒差。このときのアパパネとはコンマ1秒差。太めを叩いて上積みがありそう。



 エーシンリターンズ 桜花賞3着馬が巻き返してきましたね。早めに仕掛けて脚が上がったところを見ると太め残りだったのかも。



 アグネスワルツ 2番手からの競馬で持ち味生かせず。行ければオークスの再現も。



 ディアアレトゥーサ 春はG1に出走出来なかったがフラワーカップではサンテミリオンとはコンマ1秒差。鞍上が内田博幸に変わって2連勝で権利を取った。前走、キツイ流れを先行して差しきった。



 クラックシード 良血が間に合った。祖母ファビラスラフインは秋華賞馬でジャパンカップ2着。底力はあると思うけど展開と枠順の助けが必要。



 





秋華賞の登録馬


秋華賞の登録馬




秋華賞 過去14年の勝ち馬


秋華賞 過去14年の勝ち馬



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする