今週の東京競馬場はCコースを使用

2回東京は全8日間Aコースを使用して行われたが、今週から始まる3回東京は前4日間がCコース、後4日間がAコースで行われる。実は伝統ある優駿牝馬(オークス)と東京優駿(ダービー)が行われるのはCコース(改装前はBコース)と決まっているので、それまでの開催をどのコースで行うかをJRAも試行錯誤している。先週までのAコースはラチ沿いと馬場の真ん中がよく伸びていたが今週はその傾向が変わる。馬場の傷んでいる場所がどれだけ移動柵で隠れるかによって馬場のどこを通ったら伸びるかはレースが始まってみないと分からないが、武豊や横山典弘は馬場の良いところを選んで馬を走らせるだろうからレースはジックリ見た方がいいね。

東京競馬場 コース図
番組表 : 2回東京 / 3回東京

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする