racing-book.net


2016年9月22日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


池添謙一と内田博幸 1000勝ジョッキーに先になるのはどっち?

 9月11日に川田将雅騎手がJRA通算1000勝を達成しましたが、あと2人1000勝に近づいている騎手がいます。 それは池添謙一騎手と内田博幸騎手です。現在、ふたりとも994勝で並んでいるのでどちらが先に達成するのでしょう。通算の勝率や最近の騎乗数から見ると内田博幸騎手の方が早く1000勝に手が届きそうですが、今年の池添謙一騎手は調子がいいのでどちらが先に1000勝を達成するのかわからないです。

 1000勝は騎手にとって大きな節目。達成するためには厩舎や馬主のバックアップ抜きにはできません。1000勝が近づくと馬が集まってきますので、そこはねらい目になるかと思います。池添謙一騎手の場合だと秋華賞あたりに1000勝達成するかもしれないですね。

 内田博幸騎手は地方競馬でも実績がある騎手です。地方競馬では3000勝以上の実績があります。JRA所属になって1000勝達成となれば地方競馬出身者では安藤勝巳、岩田康誠に次いで3人目になります。大きな怪我をしながらもここまで勝っているというのは凄いことですね。


騎手成績 通算勝利順

騎手成績


Output by TARGET frontier JV






Posted by nobita at 2016年9月22日 10:33 | Category : 騎手あれこれ




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ