racing-book.net


2016年3月11日

【桜花賞トライアル】フィリーズレビューとアネモネS

 今週は桜花賞への優先出走権をかけた2つのトライアルレースが行われる。この2つのトライアルレースだが桜花賞での成績はあまり良くない。何故かといえばレース間隔が詰まっている上に権利を取るために仕上げて来ているのが原因かと思われる。ただ、どちらのレースもフルゲートで行われるように各厩舎としては権利を取りに来ていることは間違いない。先の事を見据えても最低でも賞金は加算しておきたいところだと思う。

 フィリーズレビューは阪神芝1400mの内回りで行われる。使用するコースはAコースで開催6日めに行われるので内側の馬場はやや荒れているかもしれない。過去の成績を見ると逃げ残りあり、差し切りありと流れによってどの脚質にもチャンスはある。昨年はクイーンズリングが後方からの競馬で差し切り勝ち、2着に同じく後方からの競馬をしたペルフィカ、3着ムーンエクスプレスは2番手からの粘りこみだった。一昨年は逃げたニホンピロアンバーが2着に粘り、先行したベルカントが勝ち、同じく先行したエスメラルディーナが3着に入った。

 レースの流れとしては前がかりになりやすく差し馬にもチャンスはあるが、人気薄の逃げ先行馬には注意をはらったほうがいい。血統では短距離血統、ダート血統の好走が目立っている。


フィリーズレビュー 過去10年 1~3着馬の血統

フィリーズレビュー 過去10年 1~3着馬の血統


フィリーズレビュー 出走馬の血統

フィリーズレビュー 出走馬の血統


 アネモネSは中山芝1600mの外回りで行われ、使用するのはAコースでこちらは開催5日目になる。このコースは1コーナーのポケットからスタートしてゆるい2コーナーを周り、向こう正面から3コーナーにかけてが下りで、直線に坂がある。コーナーが緩いので比較的スピードが出やすいが1000m通過が60秒前後とやや遅めになることがある。だからと言って上がりが速い競馬になることはなく、勝ちタイムの平均はは1分35秒5ぐらいとこのクラスとしては速くない。血統ではフィリーズレビューと違い、サンデーサイレンス系が強いので軸馬はここから選ぶのがいい。


アネモネS 過去10年 1~3着馬の前走データ

アネモネS 過去10年 1~3着馬の前走データ


アネモネSの 出走馬の血統

アネモネS 出走馬の血統


Output by TARGET frontier JV






Posted by nobita at 2016年3月11日 18:35 | Category : レース考査




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ