racing-book.net


2013年4月 3日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


皐月賞の登録馬 今年も社台系か・・・

 皐月賞の登録馬が発表された。トライアル第一弾の弥生賞を勝ったカミノタサハラはディープインパクト産駒。弥生賞では4コーナー手前から鞍上の内田博幸の手が動いていたが、そこからしぶとくを脚を伸ばしての差しきり勝ちしたように長くいい脚を使える。まだ、パンとしていないので仕掛けながらの追走になるがそれでも伸びているのだからこの短期間の調教でパワーアップしているに違いない。2着のミヤジタイガはそれまで重賞やオープンで戦って来ただけあって勝負強さを見せた。馬力型のネオユニバース産駒らしい先行力がある。鞍上の和田竜二とのコンビもいいね。3着のコディーノは強い馬だと思うけどツメが甘い。レースセンスもいいし、終いもシッカリしているけどズバ抜けていないところが難点。外国人騎手に乗り替わるなら面白いと思うけどね。4着のエピファネイアを管理する角居調教師は母シーザリオも管理していた。また、鞍上の福永祐一もシーザリオでオークスとアメリカンオークスを勝っている。今度はその子供でGⅠを取りに来た。弥生賞では1人気に推されながら外枠で掛かってしまい。直線は伸びきれなかった。それでも、コンマ1秒差の4着に粘るあたりは能力がある証拠。

 トライアル第二弾のスプリングSを勝ったのは3歳王者のロゴタイプ。父譲りの先行力があり、父よりも折り合いが付くので直線も伸びる。母父がサンデーサイレンスなのでスタミナは問題ない。鞍上にはデムーロを配してくれば勝ち負けでしょう。2着のタマモベストプレイは血統的に地味だが重賞で結果を出してきている実力馬。父フジキセキも母父ノーザンテーストも万能血統であり侮れない1頭。4着のフェイムゲームは差し馬なので展開の助けが必要。

 トライアル第三弾の若葉Sを勝ったレッドルーラーの母ガゼルロワイヤルは見た目のいい仔を出すのでセールでいい値がつくがその仔達はそれほど走らない。しかし、兄姉の中で一番安いレッドルーラーは5戦3勝と好成績。新馬戦を除けば4戦連続で上がり3F1位の脚を使っている。2000mの時計はメンバー中1位だし時計の出やすい馬場だと面白い。2着のクラウンレガーロは強力な同型タイプが多いだけに厳しいだろう。

 トライアルを振り返って上位馬をみるとやはり社台系が多い。ロゴタイプ、カミノタサハラ、コディーノ、エピファネイア、レッドルーラーと全て社台系。桜花賞とは違ってこちらは社台系が強そうだね。 


皐月賞の登録馬

皐月賞の登録馬


皐月賞 過去27年の勝ち馬

皐月賞 過去27年の勝ち馬






Posted by nobita at 2013年4月 3日 19:51 | Category : 登録馬




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ