racing-book.net


2012年1月 9日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


2011年度JRA賞決定 社台系が独占

 2011年のJRA賞が決定した。年度代表馬はオルフェーブル。3歳3冠と有馬記念を勝ったわけですから文句なしでしょう。3歳馬が年度代表馬になることは多く、過去にはディープインパクト、シンボリクリスエス、ジャングルポケットなどがいる。

 各賞を見てみると馬主ではサンデーレーシングが3頭(オルフェーヴル、ジョワドヴィーヴル、ブエナビスタ)、キャロットファームが2頭(アルフレード、アヴェンチュラ)と社台系が半数以上を占め、生産者を見るとノーザンファームが4頭、社台ファームが2頭、白老ファームが1頭とほぼ独占状態。

 社台系と言ってもいろいろありノーザンファームが強く、次いで社台ファーム、白老ファームが続く。2011年はオルフェーブルで白老ファームが年度代表馬の座を獲得。オルフェーブルが順調にいくようなら2012年も年度代表馬になるでしょう。と言うのも過去に3冠馬になった馬で3歳で年度代表馬になったディープインパクト、シンボリルドルフは4歳でも年度代表馬になっているから。

 今年も社台系が中心になることは間違いなし。そして、大きなところは社台系という流れは変わらずという感じでしょうね。

 2011年度 調教師・騎手部門成績-JRA
 JRA賞 - Wikipedia

 

2011年JRA賞

2011年JRA賞






Posted by nobita at 2012年1月 9日 11:46 | Category : 日本中央競馬会




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ