天皇賞(秋)の枠順決定「各馬についてひと言」

 天皇賞(秋)の枠順が決まりましたね。今年は3歳馬5頭、4歳馬1頭、5歳馬5頭、6歳馬2頭、7歳馬5頭と本来なら多いはずの4歳馬が少なく、3歳馬と7歳馬が多いという珍しいメンバーになった。



 ショウワモダン 重・不良 3-1-1-1

 安田記念勝ち馬ですが、ここ2戦は惨敗。敗因がはっきりしていないところを見ると復調に手間取っている印象。2000mは長いだけに目標は次のマイルCSに置いているはず。ということはここは叩き台なのでどのぐらい変わってきているかを見るべき。



 ブエナビスタ 重・不良 未経験

 鞍上にスミヨンを持ってきた。この乗り替わりはマイナスにはならない。特に癖のある馬ではないし、どんな競馬も出来る。問題は道悪競馬になったときだけ。良馬場なら自信の◎です。



 ジャガーメイル 重・不良 1-2-0-0

 鞍上はダグラス・ホワイト。堀調教師は騎手の使い方が上手いですね。この乗り替わりなら2000mの競馬をするでしょうし最後まで追ってくれるので脚を余すような事はない。



 エイシンアポロン 重・不良 0-1-0-0

 毎日王冠ではタイム差なしの2着。久々で古馬混合ということを考えれば今回は上積みがある。でも、メンバーがかなり強化されているのでどこまで通用するか。父Giant’s
Causewayは1600~2000m戦で活躍。



 ペルーサ 重・不良 未経験

 ダービーも毎日王冠もスタートがまともに出ていればというレースに。だから、普通に出てくれれば上位争い出来ると思うけどゲートがね。父ゼンノロブロイは天皇賞(秋)勝ち馬



 シルポート 重・不良 1-1-0-0

 この馬が流れを作る。道悪は得意だから大逃げで粘れるか。



 シンゲン 重・不良 1-0-0-0

 調教師は骨折をする度に強くなると言う。東京競馬場は6勝を上げている得意なコース。鞍上の藤田伸二との息もピッタリなので普通に走れば上位争い出来ると思う。



 アクシオン 重・不良 1-0-0-0

 内田博幸じゃなくて武豊が騎乗というのが不気味な感じ。能力はある馬なので乗り方次第で馬券圏内に入りそう。



 アーネストリー 重・不良 未経験

 全8勝中6勝が芝2000m。前に行って強い馬なので勝ち負け出来るでしょう。問題は未経験の道悪競馬だけ。



 スーパーホーネット 重・不良 1-0-0-0

 芝2000mは3歳時に2回走っただけで5着と10着。このメンバーに入っては厳しいのは間違いない。目標はマイルCS。



 キャプテントゥーレ 重・不良 未経験

 この枠順はいい。ジワッと先行してどこまで粘れるか。



 アリゼオ 重・不良 1-0-0-0

 毎日王冠では控えて差す競馬をして勝った。若干行きたがっていたが押さえが効くところをみると精神的に成長している感じ。ただ、この枠は厳しいよね。



 TARGET新聞 天皇賞(秋) TFRF-G1.pdf


 





天皇賞(秋)の出馬表


天皇賞(秋)の出馬表



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする