ジャパンカップダートの予想「社台の逆襲」

 11月のはじめに『今年は社台グループが不振』という記事を書いたが、その後どうなったかというとジャパンカップ(ジェンティルドンナ)、東京スポーツ杯2歳S(イスラボニータ)、武蔵野S(ベルシャザール)と3つの重賞を勝っている。社台系でも社台RHが好調で重賞勝ち数もこれまでトップだった前田晋二氏の7勝に追いついた。出走頭数を考えれば当然の結果だが、これまでが悪すぎただけに最後に追い込みをかけてきた。



 ジャパンカップダートの出走馬をみると社台RHはグレープブランデー、メーデイア、ベルシャザールの3頭、サンデーレーシングはソリタリーキング、吉田和美氏はテスタマッタを出してきた。この中ではダービー3着の実績があるベルシャザールで勝負を掛けてきたと思う。ベルシャザールは芝からダートに替わって安定感が出てきたし、走るたびに強くなってきている印象を受けた。血統はキングカメハメハ×サンデーサイレンスでダートは問題なし。鞍上はこの日のために用意したルメールが手綱をとる。ホッコータルマエやローマンレジェンドなど歴戦の強者達とは初対戦になるがいい競馬をすると思っている。



 昨年のジャパンカップダートでは本命に推したホッコータルマエは強くなりましたね。先行力があるので小回りの地方競馬はぴったり。前走のJBCクラシックでは先手をとっての逃げ切り勝ち。自ら動いての力でねじ伏せたレースでした。今回も先行するでしょうけど、マークがきつくなる分だけ楽なレースはさせてもらえないと思う。ローマンレジェンドはホッコータルマエとの対戦成績はよくないが、中央の舞台ならいい勝負ができるはず。休み明けをひとたたきされて太めが解消されればもっと動けるはず。ニホンピロアワーズは一度使えなかったのが気になるところ。力はあるだけに仕上がり次第だね。ワンダーアキュートは大崩れしないタイプだがツメが甘いんだよね。





ジャパンカップダートの出馬表


ジャパンカップダートの出馬表



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする