racing-book.net


2012年10月 4日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


秋華賞の展望

 来週、行われる秋華賞の登録馬が発表されました。今年は桜花賞、オークスの上位馬が順調に仕上がって来ている感じがする。特に2冠馬ジェンティルドンナはローズSを危なげない勝ち方をしているので本番は断然の1人気になるでしょう。そして、桜花賞とオークスで連続2着のヴィルシーナが2人気になることは間違いない。

 どちらもディープインパクト産駒で生産者はノーザンファーム。社台としてはどちらが勝っても嬉しい事だが、実は秋華賞は社台系馬主は勝っているが本家の社台が勝っていない。ファビラスラフイン(馬主:吉田和子)で勝ってはいるが持ち込み馬なので生産馬ではまだ未勝利ということ。桜花賞・オークス・皐月賞・ダービー・菊花賞・NHKマイルカップと秋華賞を除く3歳G1は全て勝っている。だから、ジェンティルドンナが勝って3冠を達成し、社台も3歳G1制覇というのが今回のシナリオではないだろうか。

 登録馬をみるとノーザンファーム生産馬が多く、上位独占の可能性もある。血統を見てもサンデーサイレンス系ばかりだから今回はレースが始まる前から結果が見えているような気がする。せめて、2着には穴馬が突っ込んで来て欲しいが果たして・・・。


秋華賞の登録馬

秋華賞の登録馬






Posted by nobita at 2012年10月 4日 20:51 | Category : レース考査




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ