racing-book.net


2011年12月22日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


有馬記念の枠順決定「最高の枠に入ったブエナビスタ」

 いよいよ競馬もラストウィーク。そして今日、有馬記念の枠順が決まった。枠順が決まったので各馬についてひと言書いてみた。

1枠1番 ブエナビスタ
最高の枠に入った。馬込みを苦にしないタイプなのでコースロスのないこの枠は最高。過去25年で1番は3勝2着3回3着4回と好成績を残している。

2枠2番 ヴィクトワールピサ
枠はいいが、前走があまりにもふがいない。能力はあるだけにどこまで立ち直ってきているか。

3枠3番 ヒルノダムール
国内初戦が有馬記念というのはハードルが高い。中山コースは皐月賞2着の実績はあるが久々でどこまで走れるか。

3枠4番 ペルーサ
前走は度外視していい。脚質的に中山向きではないが、腹をくくった競馬をすれば一発があるかも。

4枠5番 エイシンフラッシュ
外枠は良くないタイプなのでこの枠はいい。鞍上も2回目の騎乗なので問題ない。人気が落ちた今回は狙い目。

4枠6番 キングトップガン
距離適性はあるが、G1では格下。

5枠7番 トゥザグローリー
前走は2走惚け?昨年の3着馬なので油断は禁物。

5枠8番 ローズキングダム
2戦続けて凡走。

6枠9番 オルフェーヴル
3歳最強馬。初の古馬戦だが能力的には問題ない。

6枠10番 トーセンジョーダン
昨年は逃げて5着。天皇賞1着、JC2着は能力がなければなしえない。もう、フロックではない。

7枠11番 ジャガーメイル
距離は問題ない。あとは、展開次第。

7枠12番 アーネストリー
小回りコースは得意。枠は悪いが自分の競馬が出来れば面白い。

8枠13番 レッドデイヴィス
初G1直線が有馬記念というのは厳しい。しかも、古馬との対戦も初。オルフェーヴルに先着したことがあるが果たして。

8枠14番 ルーラーシップ
休み明け、大外。厳しいでしょうね。


有馬記念の出馬表

有馬記念の枠順






Posted by nobita at 2011年12月22日 23:47 | Category : レース情報




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ