racing-book.net


2011年4月25日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


天皇賞の登録馬「4歳馬が中心に」

 今週は天皇賞。今年の4歳牡馬は層が厚いので面白い。4歳世代の活躍を見ると昨秋のジャパンカップはローズキングダム、有馬記念はヴィクトワールピサが勝ち、今年に入って日経新春杯をルーラーシップ、京都記念と日経賞をトゥザグローリー、ダイヤモンドSをコスモメドウ、産経大阪杯をヒルノダムールが勝っている。今年はこの世代が中距離路線を引っ張って行くと言っていいでしょう。では、果たして天皇賞はどの馬が勝つのか。

 トゥザグローリー
 有馬記念は3着、今年は京都記念と日経賞を余裕の勝利で1人気は間違いない。母トゥザヴィクトリーはエリザベス女王杯を勝ち、ドバイワールドカップ2着があり底力もある。

 ヒルノダムール
 前走の産経大阪杯で初重賞勝ち。勝ち味に遅いが堅実な馬。

 ローズキングダム
 ジャパンカップ勝ち馬だが、今年は日経新春杯と日経賞が3着と人気を裏切っているが、これは斤量と鞍上とのリズムが合わなかったのかも。菊花賞2着の実績があるように距離は問題ない。

 ペルーサ
 約1年勝っていないが常に人気になる馬。有馬記念で変わり身を見せ、休み明けの日経賞でも好走。陣営は今度こその思いが強くビッシリ仕上げて来るはず。

 ビートブラック
 菊花賞3着馬。長距離血統なので穴で狙いたい。

 コスモメドウ、コスモメドウ
 ビッグレッドファームが送り出す2頭は長距離線で強みを発揮。マイネルキッツのサポートに回るか、穴をあけるか。

 エイシンフラッシュ
 不振が続くダービー馬。前走で復調気配は伺えたが果たしてどこまで。


天皇賞の登録馬

天皇賞(春)の登録馬






Posted by nobita at 2011年4月25日 10:57 | Category : 登録馬




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ