racing-book.net


2011年2月28日

クラシックトライアル本番 弥生賞とチューリップ賞

 今週は皐月賞トライアルの弥生賞と桜花賞トライアルのチューリップ賞が行われる。どちらも本番と同じコースと言うこともあり注目度も大。賞金が足りている馬は本番への試走となり、賞金の足りない馬はここで権利を取るために厩舎も勝負仕上げで来る。だから、厳しいレースになることは間違いない。

 弥生賞のポイントとしては本番の皐月賞とは真逆の展開になることが多い。権利を取りたい馬が多いのでペースが遅くなりがちで、上がりの競馬というのがこのレース。しかも、人気馬が強いのであまり荒れることはない。ただ、今年のメンバーを見ると断然の1人気と言う馬がいないので荒れそうな雰囲気はある。

 面白いところではシェイク・モハメドの持ち馬デボネアがトライアルに進んで来たこと。デボネアはアグネスタキオン産駒だが生産者はダーレー・ジャパン・ファーム。厩舎は栗東の中竹厩舎。社台系も預かっているが、ノースヒルズ系や個人馬主が中心となっている。ここで、権利を取れるようだと面白い展開になると思う。

 チューリップ賞のポイントも弥生賞と同じで本番よりもペースが遅くなる傾向がある。開幕週でペースが遅いチューリップ賞、開催が進んで荒れた馬場でペースが速い桜花賞。しかも、チューリップ賞は出走馬が多いので荒れることもある。ただ、今年はレーヴディソールという強い馬が出てくるからね。ポイントとしては賞金が足りない馬が勝負掛かりの仕上げで来るので、昨年のショウリュウムーンのような馬が出てくる可能性はある。


弥生賞の登録馬

弥生賞の登録馬


チューリップ賞の登録馬

チューリップ賞の登録馬






Posted by nobita at 2011年2月28日 20:33 | Category : 登録馬




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ