racing-book.net


2007年8月27日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


重賞回顧「夏は牝馬で」

 「夏は牝馬で」と言い続けていたが見事に上位2頭が牝馬だった。勝ったクーヴェルチュールはスタートが良くて抑えが効く馬。あとは、新潟の軽い馬場から札幌の力のいる馬場に変わったときにどうかと思ったけど、横山典弘が上手く乗ったね。ブラックホーク産駒で国枝栄厩舎に鞍上が横山典弘というのは何か縁を感じるね。夏2戦使ったことで秋は休養になるかもしれないけど(出てきても狙いにくい)、高松宮記念では狙ってみたい。2着のアグネスラズベリはもったいなかった。実力的にはこっちの方が上だが展開というか後ろから行った分だけロスが大きかった。でも、短距離なら安定して力を出せるようになったね。


成績・2007年1札6/9R キーンランドカップ

馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師 馬主 母父
7 14 クーヴェルチュール 牝3 51 横山典弘 (美)国枝栄  ヒダカ・B・U ブラックホーク ラツキーソブリン
6 11 アグネスラズベリ 牝6 54 角田晃一 (栗)西浦勝一 渡辺孝男 エアジハード トニービン
4 7 ワイルドシャウト 牡6 56 岩田康誠 (美)和田正道 前田幸治 Rahy Gone West
2 4 ブラックバースピン 牡4 56 池添謙一 (美)手塚貴久 藤田与志男 Put It Back Dixieland Band
8 15   エムオーウイナー 牡6 56 小牧太  (栗)服部利之 大浅貢 ニホンピロウイナー キャロルハウス

LAP 12.0-10.7-11.2-11.3-11.4-12.0
通過 33.9-45.2-56.6-68.6  上り 68.6-56.6-45.9-34.7  平均 1F:11.43 / 3F:34.30


 勝春君がもうちょっと上手く捌いてくれたら2着があったのにな~って愚痴ってみる。勝ったユメノシルシは強くなった。先行策からの抜け出しだが、1000m通過が58秒1で後半が59秒7。一見、上がりが掛かっているように見えるが、ラスト2F目は10秒9の早いラップ。ここで一気に抜け出すだけの脚がユメノシルシにあったんだね。パターンとしては後方から脚を使ったトウショウヴォイスが差しきっておかしくないが、セーフティーリードを保ったユメノシルシに分があった。こういう競馬が出来るようだとユメノシルシの今後が楽しみ。秋には大きい所を狙うようだが夏に使い続けたのはちょっと気になるね。トウショウヴォイスは新潟の1600万を切れる脚で勝ち上がってきた馬。こういう馬が来るというのはレース考査で書いたが見事な末脚でした。おかげで僕の馬券はパーです。血統とローテーションの考査では良いところを指摘していたと思うけど予想をするときに相変わらず抜けているね(笑)

 関連記事
 [RBN] 新潟記念考査【ステップレースから考える】
 [RBN] 新潟記念考査【血統傾向を探る】


成績・2007年3新6/11R 農林水産省賞典新潟記念

馬 名 性齢 斤量 騎手 調教師 馬主 母父
8 18 ユメノシルシ 牡5 56 吉田豊  (美)大久保洋 吉田照哉 フジキセキ トニービン
4 7   トウショウヴォイス 牡5 52 小林淳一 (美)小桧山悟 トウショウ産業 ラストタイクーン キンググローリアス
5 9 ヤマニンアラバスタ 牝6 54 田中勝春 (美)星野忍  土井肇 ゴールデンフェザント タマモクロス
5 10   ダイイチアトム 牡6 52 松岡正海 *(美)手塚貴久 吉田千津 スペシャルウィーク リアルシヤダイ
7 14   マヤノグレイシー 牡8 54 福永祐一 (栗)坂口正大 田所英子 マヤノトップガン ジェイドロバリー

LAP 12.8-11.2-11.1-11.1-11.9-12.3-11.9-11.8-10.9-12.8
通過 35.1-46.2-58.1-70.4  上り 71.6-59.7-47.4-35.5  平均 1F:11.78 / 3F:35.34

Output by TARGET frontier JV






Posted by nobita at 2007年8月27日 12:13 | Category : レース回顧




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ