日曜日の軸馬

軸馬をピックアップしたけど相手選びが難解なレースばかり。中山12レースの牝馬限定戦は能力だけみるとシュウザンアイ、カネスベネフィット、ナムラハトルがあたりが上位だけど差し馬なのでなにか前に残りそうな気がするんだよな。四国新聞杯はハナが切れそうなハギノプレシャスがいい。小頭数なのでレースも運びやすいだろうし昨年6月のインディアンT組を見ればここはアッサリ通過する実力があるでしょう。相手はペースが緩くなりそうなので地力があるテイエムヤマトオーで。鳴門Sは内枠を引いたメイショウオキナで。昨年のこのレースの勝ち馬で鞍上かその時の長谷川浩大。ベストの条件だし期待出来そう。相手はゼンノパルテノン、ツムジカゼ、アルドラゴンで。













































































場所 レース名  距離  馬名 性齢 騎手 斤量 調教師
中山2 12 1000万下・牝 ダ1200 7 ケイアイスカイ   牝4 横山典弘 55.0 (美)清水利章
中京8 11 高松宮記G1 芝1200 9 $シンボリグラン   牡4 デムーロ 57.0 (美)畠山吉宏
中京8 12 伊勢特別1000 ダ1700 6 ユノナゲット    牡4 田中勝春 57.0 (美)伊藤正徳
阪神2 10 四国新聞1000 ダ1800 8 ハギノプレシャス  牡4 鮫島良太 57.0 (栗)松田国英
阪神2 11 鳴門S 1600 ダ1400 5 メイショウオキナ  牡5 長谷川浩 57.0 (栗)瀬戸口勉

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする