racing-book.net


2013年3月11日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


高松宮記念の登録馬「新短距離王ロードカナロアは負けない」

 来週行われるGⅠ高松宮記念の登録馬が決まった。スプリンターズSを勝ったロードカナロアにとっては負けられないレース。スプリンターズSで短距離王のカレンチャンを破り、香港スプリントを勝ち、名実共に短距離線戦の主役となった今は短距離GⅠ連勝しかないでしょう。前哨戦の阪急杯では仕上がり途中でありながら余裕の差しきり勝ち。勝負どころで手応えが怪しくなったが、鞍上の岩田が気合いをつけるとスッと反応し、直線はシッカリ伸びた。一度使われた事で反応はもっと良くなるだろうし、死角は見当たらない。

 ロードカナロアを追いかけるのは阪急杯で2着に入ったマジンプロスパー。阪急杯ではこの馬には珍しく控える競馬をした。内枠だったので行くのかと思ったら控えて、しかも追って伸びてきた。内よりも外の方が結果が出ていただけに差せる競馬が出来たのは脚質に幅が出て枠順を選ばなくなった。スピードがあるタイプなので距離短縮はプラス。乗れている福永祐一なのでいい競馬はすると思う。

 スプリンターズS3着のドリームバレンチノは前哨戦のシルクロードSを辛勝。久々でプラス10キロと言うことを考えればまずまずの内容。すっかり短距離路線の常連になった印象を受けた。スプリンターズSを3歳で勝った母父とは違い遅咲きだが、母父マイネルラヴの血はシッカリ受け継いでいるようだ。

 スプリンターズS4着のエピセアロームはまだ力不足の印象がぬぐえない。セントウルSを勝ったと昨日ような内枠だったら3強の一角に食い込めると思うが・・・。今年は違った騎乗を見せている武豊がどんな騎乗をするのかが見物だね。


高松宮記念の登録馬

高松宮記念の登録馬


高松宮記念 過去12年の勝ち馬 血統一覧

高松宮記念 過去12年の勝ち馬 血統一覧


高松宮記念 過去12年の勝ち馬 前走一覧

高松宮記念 過去12年の勝ち馬 前走一覧






Posted by nobita at 2013年3月11日 14:14 | Category : 登録馬




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ