菊花賞の予想「本命はローズキングダム」

 菊花賞ですが、ローズキングダムを本命にしました。先週の秋華賞は金子真人-ノーザンファームのアパパネが勝ち、昨日の富士Sはダノックス-ノーザンファームのダノンヨーヨーが勝った。ちょっとやり過ぎの感はあるがG1は特別ですからね。



 ローズキングダムは朝日杯FSを勝ち、ダービーは2着、菊花賞を勝てばオールマイティーな馬と言うことになるでしょう。種牡馬価値を考えれば菊花賞よりも天皇賞秋を選択することも考えられるが、リスクのある古馬戦よりもより勝ちが見込める3歳限定戦を選んだところに陣営(厩舎、馬主)のしたたかな計算があると思う。父キングマンボはアパパネが3歳牝馬3冠を達成したが、牡馬は3歳G1を勝っていない。早熟ではないが早く結果が欲しいところでしょう。だから、ここはいろいろなサポートがあって勝ちに来るはず。

 





菊花賞の出馬表


菊花賞の出馬表



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする