京都大賞典の登録馬【各馬についてひとこと】

 毎日王冠と同日に行われるだけに、両方に登録する馬が多いが今年はアドマイヤメジャーとシルクネクサスの2頭だけ。芝2400mなので天皇賞秋では毎日王冠に比べて連対馬は少ないが、過去にはゼンノロブロイ、ナリタトップロード、ステイゴールド、スペシャルウィークなど2000m以上で好走している馬が京都大賞典をステップに天皇賞に進み連対している。



 オウケンブルースリは昨年のレースを勝って天皇賞秋に向かった。今年も同じステップでレースに挑むということだから仕上がりに抜かりはないでしょう。終いの脚がいい馬だから直線の長い京都はぴったりだね。



 スマートギアは昨年の2着馬。この馬、いい競馬をするけどまだ重賞未勝利なんだよね。決め手はあるけど位置取りがいつも後ろで途中から動けない馬だけに届かないレースが多いんだよね。



 フォゲッタブルにとってはこの距離は短いかも。速い脚がないので上がりの競馬になるとつらいだけに自分から動いて上がりの掛かる展開に持ち込むのがベストかも。ここで、好走するようだとジャパンカップから有馬記念の路線かもね。



 ベストメンバーは久々の朝日チャレンジカップで4着。前残りの競馬を積極的にレースを進めての結果だけに使われた今回は上積みがあるでしょうね。ただ、メンバーが強いのでどこまで通用するか。



 メイショウベルーガは同じコースを使われる日経新春杯を勝ち、阪神大賞典ではタイム差なしの3着、天皇賞春では惨敗したけど宝塚記念ではナカヤマフェスタとコンマ5秒差。スマートギアには先着している。とにかく京都コースは走る馬なので今回も上位争いするでしょうね。 





京都大賞典の登録馬


京都大賞典の登録馬




京都大賞典 過去24年の勝ち馬


京都大賞典 過去24年の勝ち馬



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする