音無秀孝調教師が馬の下敷きに

 全国リーディング首位の音無秀孝師(53)が4日、新潟競馬場で馬の下敷きになる事故に見舞われ、肋骨(ろっこつ)骨折の重傷を負った。関係者によると、8Rに出走したアレクシオスの装鞍(あん)をする際、馬に後ろから乗られて転倒。470キロの体重に押しつぶされた。すぐに新潟市内の病院に搬送され、検査の結果、肋骨を5本骨折していることが分かった。
SANSPO.COM

 470キロの馬の下敷きになったと言うことですか音無秀孝調教師は大丈夫なのでしょうか。調教師が痛い思いをした時に管理馬のカンパニーが関屋記念を勝った。これも、何かの縁でしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする