安田記念考査【過去20の成績を振り返る】

安田記念過去20年の成績TARGET frontier JV で集計してみた。騎手の所属別では美浦12勝、栗東7勝、海外1勝。調教師の所属別では美浦10勝、栗東8勝、海外2勝となっている。ここ10年では騎手・調教師ともに美浦6勝、栗東3勝、海外1勝となって珍しく関東の馬や騎手の成績がいいです。今回の登録馬で言えばアサクサデンエンダイワメジャーダンスインザムードテレグノシスバランスオブゲームなどですね。

年齢別では勝ち星は4歳馬が8勝で一番多いですが、勝率からいうと6歳馬がいいですね。今年の6歳馬というとオレハマッテルゼフジサイレンスザデュークです。人気別では1人気が勝率30%、連対率45%、複勝率55%とあまり良くない。1人気が最後に勝ったのは98年のタイキシャトルだった。何故か上位人気は不振で98年以降は上位1~3人気の馬は勝っていなかった。今年もこの傾向が続くようなら馬単・3連単は4人気以下の馬から狙ってみたいね。

血統別ではサンデーサイレンス産駒の不振が目立つ。グレードレースを勝ちまくっているサンデーサイレンス産駒安田記念だけは勝てないようだ。同じマイルG1のマイルCSではジェニュインデュランダルハットトリックの3頭が勝っているのに何故安田記念では勝てないのだろうか。タイム分析でふたつのレースのハロンごとのラップ(過去20年の平均)を見てみると安田記念の方が前半早くて後半の上がりが掛かっている。後半の上がりが掛かっていると言う事は一瞬の切れ味よりも長くいい脚を使う馬か、スタミナがあってバテない馬がいいのかもしれない。面白い事に過去20年の平均タイムはどちらも1分33秒72でした。

タイム分析・クラス別平均          【安田記念 芝1600m】
年齢 クラス  レース数 1着タイム  上り  前5F   後5F   ラップタイム                                    PCI3
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
全  平均等     20 1.33.72 35.02  57.91  59.13 12.37-10.93-11.31-11.57-11.75-12.02-11.64-12.16  46.21
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
タイム分析・クラス別平均          【マイルCS 芝1600m外】
年齢 クラス  レース数 1着タイム  上り  前5F   後5F   ラップタイム                                    PCI3
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
全  平均等     20 1.33.72 34.66  58.06  59.07 12.39-10.83-11.43-11.73-11.68-11.66-11.93-12.08  47.66
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

RACING BOOK (DATA ROOM):安田記念のデータ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 安田記念の血統検知

    東京1600mに合う馬(外国馬を含む)を調べて見ました。 一番手は同点で2頭いて

  2. RACING BOOK より:

    安田記念の予想「混戦を絶つのはジョイフルウィナー」

    これまで安田記念考査を通して考えてきた結果、軸馬は香港のジョイフルウィナーにし…