Information

New Entry

武豊に注目

 今週、皐月賞トライアルでもある若葉Sに良血馬ポルトドートウィユが武豊を鞍上に出走を予定している。父ディープインパクト、母ポルトフィーノ、母父クロフネ、母母エアグルーヴといずれも武豊が手綱を取っている。血統を見れば分かるとおり社台系のゆかりの血統で固められている。ポルトドートウィユは初戦は川田将雅、その後3戦は福永祐一、そして前走のきさらぎ賞で武豊が騎乗している。福永祐一にはリアルスティール、川田将雅にはベルーフかシャイニングレイがいるから、武豊に回ってきたとも言えるが他の騎手でも良かったのに武豊になった理由とは・・・・。

 武豊と社台の関係についてはいろいろと言われているがここに来て改善されつつあるようだ。それは数字にも表れていて、社台との関係が良好だった頃は社台レースホース、サンデーレーシング、キャロットファームの3馬主で毎年騎乗数の10%以上を占めていた。しかし、2011年に5.5%、2012年には4.4%にまで落ちてしまった。その後、徐々に回復してきて今年は7.8%まで上がってきた。社台系の比率が高くなるにつれ成績も上がってきている。直接関係しているかは分からないがひとつのモチベーションにはなるはず。有力馬を多く抱える社台系を良好な関係を保つのが大きなレースで勝つことにつながるし、少ないチャンスをものにすることで次のチャンスを手に入れる事が出来るから。

 武豊は常々「もっと技術を高めたい」と言っているように飽くなき向上心の人。今年はフェブラリーSを勝ちJRAのGⅠを69勝まで伸ばしたし、前人未踏の記録を伸ばし続ける彼だから勝負所では必ず何かをやってくれそうな気がする。

 


武豊 年度別成績(マーク数は社台系3馬主)

武豊 年度別成績


Output by TARGET frontier JV


 競馬ランキング 競馬ブログ

東京新聞杯回顧 ヴァンセンヌが4連勝で初重賞制覇

 朝から降り出した雨で東京競馬場の芝コースは稍重に。9レース、10レースでは前に行った馬が残っていたので馬券の本命はマイネルメリエンダに。鞍上の柴田大知は上手く乗ったつもりだが馬の力も足りず7着に。芝は見た目よりも悪くないから、内にこだわってもいいのではと思ってしまった。

 勝ったヴァンセンヌは出遅れ気味のスタート、その後掛かり気味上がって行き、直線ではスルスル伸びてきあっという間に先頭に立ち、押し切ってしまった。これまでのレースをみると素質だけで勝っているいようなところがあり、今回も掛かっていたので駄目かと思ったら勝ってしまった。父ディープインパクト、母フラワーパークという良血がなせる技なのか。500万から4連勝で重賞制覇。ただ、時計が速くないのでスピード競馬になったときにどうなのか?むしろ、時計が速いほうがもっとレースが楽だったりして。順調であれば次はマイラーズカップから安田記念か。

 2着のアルフレードはGⅠ馬らしい底力を見せてくれた。昨年の暮れのオーロカップ辺りから終いがしっかり伸びるようになり、今回も終いしっかり伸びて2着を確保。3着フルーキーは内で詰まって追えたのはラスト100mぐらいか。岩田康誠らしい思い切った攻めの騎乗でなんとか3着確保。

 エキストラエンドは後方から最速の上がりで走ったがこの馬場では届かない。京都だったら走るのでマイラーズカップで巻き返しだね。


東京新聞杯の成績

東京新聞杯の成績


ヴァンセンヌの馬データ

ヴァンセンヌの馬データ


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

きさらぎ賞回顧 ルージュバックの将来性

 きさらぎ賞は牝馬ながら1人気に支持されたルージュバックが見事な勝利を収めた。良血のポルトドートウィユ、アッシュゴールド、レガッタなどを退けての勝利は将来のGⅠを約束されたも同然か。

 レースを見るとこれまでよりもスタートが良く、少しいきたがっていたが戸崎圭太が手綱を押さえるとスッと折り合い、勝負所の4コーナーでも反応が良く、直線は鞭を使わずに勝ってしまった。上がり3ハロンはそれほど早くないが周りのプレッシャーをはねのけての勝利はこの馬の強さを物語っている。レースの流れは1000m通過が61秒6のスローペース、レースの上がりは34秒9で勝ちタイムは1分48秒6だから平凡なタイムだが内容は凄いと思う。追えばもっと伸びたかもしれないがあえて鞭を使わなかったところに不安はあるが、距離は伸びた方が安定感はありそうな感じがした。これで、賞金を加算し使えるレースが選べるのは陣営にとって有利に。果たして次はどこを使うのだろうか。

 2着のポルトドートウィユは鞍上の武豊がしたたかな騎乗をしたがルージュバックを捉えることは出来なかった。あとは血統の良さを生かしてどこまで成長してくるか。サンデーレーシングの人気馬に武豊が騎乗した事はメモしておこう。アッシュゴールドはまだピリッとした脚が使えないね。パワーアップしているようだがこれからの馬なのかな。レガッタは2戦目で行きたがってしまった。しかも、武豊にしてやられたのでこの着順は仕方なし。素質はありそうなので出直しを期待したい。グリュイエールはシュタルケが上手く出して後方から、もう少し伸びそうな気配はあったが現状ではここまでか。

 ルージュバックが勝ったことでベルーフの評価が一段アップに。牡馬クラシック戦線はまだ混沌としているので本番まで分からないと思う。


きさらぎ賞の成績

きさらぎ賞の成績


ルージュバックの馬データ

ルージュバックの馬データ


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

今年の馬券の買い方

 昨年は20万の配当を狙いましたが、結果としては7万3000円が最高配当でした。惜しいのは何回もあったのですが、当たらなければ意味がないですね。今年も狙いは20万超馬券ですが、狙い方としてはヒットの延長がホームランというかたちで行きたいと思います。大きいところを狙うのはいいのですが、当たらないことが多いと予想がぶれやすくなりましからね。

 買い方は全て3連単で、狙うレースは昨年と同じ情報が多い重賞のみ(障害は除く)。今年の重賞カレンダーをみると芝・ダートの重賞は全部で126レース。全ての重賞を買った(1レース2000円)として全部で25万2000円の投資。

 買い方は1×2×10=20点。組み合わせは(1着×2着×3着)は1×2×10、1×10×2、2×1×10、2×10×1、10×2×1、10×1×2の6パターンと1×4×6、1×3×8、1×5×5という組み合わせまで。対象レースは芝・ダートで12頭立て以上。

 今年は極力全レース買う予定ではいますが、予想が出来ないときは回避します。ブログへのアップは時間が許すかぎりおこなっていきたいと思います。

 ちなみに中山金杯と京都金杯は今年も外れました。中山金杯はラブリーデイ×その他5頭×デウスウルト、マイネルフロストの2・3着マルチでロゴタイプが抜けました。京都金杯はマイネルメリエンダ×シェルビー・フルーキー×その他5頭の2・3着マルチで外れました。

 昨年の配当データを調べてみると重賞では帯封は6回(一昨年は3回)出現しました。これを50万超は11回(一昨年は8回)出現。20万超は31回(一昨年は19回)出現しました。一昨年に比べると荒れているのが分かりますので、チャンスは必ずあるのできっと当たると思います(^_^;)


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

あけましておめでとうございます。

 RACING BOOKも今年で18年目に突入です。毎年言っていますが目標は帯封を獲ることです。3連単が発売になって万馬券は取りやすくなりましたが、なかなか大きいのが取れません。今年こそ大きいのを取りたいと思います。

 昨年の有馬記念でジェンティルドンナ、ジャスタウェイ、メイショウマンボ、トーセンラーなどが引退した。古馬中距離路線はキズナ、エピファネイア、シスタボニータなどが中心となりそうです。牝馬ではハープスター、ヌーボレコルト、ラキシスですね。3歳馬牡馬はシャイニングレイ、ベルラップ、ポルトドートウィユ、ダノンプラチナなどまだこれと言った馬が出てきていないので、主役が入れ替わりそう。牝馬はショウナンアデラが一歩抜け出した感じかな。

 過去のデータから未来を導き出すのは難しい。時代は常に変化をしているので、その変化に気付きいつでも対応できるようにしたいですね。

 今年もRACING BOOKをよろしくお願いします。


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

2014年度 騎手・調教師・馬主・種牡馬・他リーディングについて

 2014年の中央競馬の全成績をTARGETで集計して騎手・調教師・馬主・生産者・種牡馬・母父の6部門(リーディング上位30位まで)に加えて騎手×調教師コンビの成績も出してみた。

 騎手部門では中央に移籍して2年目の戸崎圭太が初のリーディングになった。昨年は3月にJRAの免許を取得してからで113勝をあげて5位になっていただけに順当な結果かも。地方騎手でも上手い騎手はJRAに来ても上手いと言うことでしょう。安藤勝巳しかり、岩田康誠しかり。成績の中身を見てみるとGⅠは有馬記念のジェンティルドンナの1勝のみ、GⅡは2勝、GⅢ5勝で、未勝利57勝、500万36勝と下級条件で勝利数を重ねていた。エージェントは内田博幸と同じ中村剛士、内田博幸が怪我で休んでいる間に戸崎圭太に馬が集まり、結果を出しているからまた馬が集まるという好循環になっていたのでしょう。昨年に比べると社台系の騎乗が多くなってきているのも勝利数には関係している。有馬記念でジェンティルドンナを優勝に導いたのは大きなアピールになったでしょうね。怪我などなければ2015年も大活躍するでしょう。

 リーディング2位は岩田康誠。昨年は6位と不振でしたが巻き返してきましたね。GⅠは2勝、GⅡ5勝、GⅢ2勝と大きいところもしっかり勝っていて信頼度が大きい騎手です。3位浜中俊、4位福永祐一ともにリーディング常連。5位北村宏司はJRAで2人目の年間1000回騎乗を達成。勝利数も昨年を超えて117勝、GⅠは天皇賞秋をスピルバーグで勝つなど充実した年だった。8位の武豊は昨年よりも勝利数を落としている。やはり体力の衰えなのか。人気でしか勝てないというのはあまり魅力がなくなって来ているね。


2014年リーディングジョッキー

2014kisyu.PNG


続きを読む
励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

有馬記念の登録馬 過去28年の配当一覧

 今年の有馬記念は特別奨励金のおかげで豪華メンバーが集まった。ジャパンカップの勝ち馬エピファネイア、天皇賞春の勝ち馬で中山巧者のフェノーメノ、エリザベス女王杯の勝ち馬ラキシス、ダービー馬ワンアンドオンリー。それと、このレースで引退が決まっているはジャスタウェイ、ジェンティルドンナ、ヴィルシーナのGⅠ馬3頭など。他にも伏兵が多く面白いレースが期待出来そう。

 過去28年の配当を見ると荒れたり荒れなかったりと様々。終わってみれば実力があるのに人気がない馬が馬券に絡んで思わぬ配当になる事が多い。人気別で見ると1人気は1着11回、2着7回で勝率39.3%、連対率64.3%と好成績。それと、昨年も書いたが4人気の成績が良く1着7回、2着2回、3着4回で勝率25.0%、連対率32.1%、複勝率46.4%と1人気に次ぐ成績。二桁人気が馬券に多く絡むのもこのレースの傾向というのは覚えておきたい。


有馬記念の登録馬

有馬記念の登録馬


有馬記念 過去28年の配当一覧

有馬記念 過去28年の配当一覧


有馬記念 過去28年の着順別データ

有馬記念 過去28年の着順別データ



Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

愛知杯 3つの攻略ポイント

 愛知杯は牝馬限定のハンディ戦で、荒れるレースとしても有名。愛知杯が牝馬限定のハンディ戦となってから今年で11年目。過去10年の配当をみると3連単の最低配当が2006年に1-3-2人気で決まった3680円、最高配当は昨年に12-14-13人気で決まった4,712,080円。昨年のような100万馬券が実はあと2回もある。2008年は16-14-3人気で決まって1,440,120円、2005年は13-11-14人気で決まって2,214,210円。1人気の成績が1-1-2-6と不振。それに対し二桁人気の10~12人気の成績は1-2-0-27、13~15人気の成績は1-2-2-25と二桁人気が来ている。ハンディ戦ということもあり50~52㎏の軽ハンディ馬の成績は5-3-1-50と穴をあけている。このことを踏まえて攻略ポイントを考えてみた。


愛知杯 過去10年の配当

愛知杯 過去10年の配当


 ポイント1.軽ハンディ馬を狙え
 過去10年で軽ハンディ馬が5勝しているのならここから狙ってみたい。軽ハンディ馬に共通しているのは前走が条件戦ということ。中でも1000万に出走してこのレースに挑んだ馬の成績は4-1-1-14と好成績。中でも勝ってこのレースに挑んだ馬の成績は3-1-1-8と優秀。今回、この条件に当てはまるのはマイネオーラム。また、前走1600万条件に出走した馬の成績は1-3-0-30とこちらは2着が多い。1600万条件を勝った馬はハンディがちょっと重めの54㎏になりやすく、そういう馬は人気にもなる。狙うなら1600万では負けた馬で52㎏以下がいい。この条件に当てはまるのはコーディリア、リメインサイレント、イリュミナンスの3頭。


愛知杯 過去10年の斤量別成績

愛知杯 過去10年の斤量別成績


 ポイント2.前走エリザベス女王杯に出走
 過去10年の前走を見ると昇級馬及び格上挑戦馬の成績が5-4-1-44、重賞出走馬の成績が5-6-9-97、そしてレース名で絞ってエリザベス女王杯に出走した馬の成績は5-2-6-27と勝ち馬の半分はエリザベス女王杯に出走した馬だった。GⅠに出走出来るような馬ですから実力はあるので、そのときの調子やレースの流れが合えば実績馬が強いと言うこと。この条件に当てはまるのはキャトルフィーユ、サンシャイン、フーラブライド、ディアデラマドレの4頭。


愛知杯 過去10年の連対馬の前走一覧

愛知杯 過去10年の連対馬の前走一覧


 ポイント3.サンデーサイレンス系
 荒れるレースですが、血統別の成績を見るとサンデーサイレンス系が7-8-7-79と圧倒的に強い。次がノーザンダンサー系の1-2-2-18となっていた。サンデーサイレンス系の中ではマンハッタンカフェ産駒が3-0-0-4、サンデーサイレンス産駒が2-2-2-15、アグネスタキオン産駒が1-3-1-5、その他で1-3-4-55だった。今回、マンハッタンカフェ産駒はイリュミナンスとケイティバローズの2頭。


愛知杯 過去10年の連対馬の血統一覧

愛知杯 過去10年の連対馬の血統一覧



Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

2歳重賞は1人気が勝てない。秋のGⅠでも1人気が勝てない。

 今年の2歳重賞レースを見てみると1人気が勝っていない。また、昨年はなかったことだが今年は二桁人気が3勝もしている。どうして、こんな事になってしまったのか、その背景には社台の不振がある。今年の2歳重賞を見てみると社台生産馬は4回1人気になっているが勝てない。ディープインパクト産駒ではアヴニールマルシェとティルナノーグが1人気に推されたがやはり勝てない。人気のある馬が強い競馬をしてこそ競馬は盛り上がるので、今度こそ1人気馬には勝ってほしい。果たして、朝日杯FSで1人気に推されるのはアッシュゴールドかクラリティスカイか・・・。

 2歳重賞で1人気が勝てないように秋のGⅠでも1人気が勝てない。春のGⅠではハープスター(桜花賞)、ミッキーアイル(NHKマイル)、ジャスタウェイ(安田記念)、ゴールドシップ(宝塚記念)などが1人気に応えて勝っている。しかし、秋のGⅠでは1人気は0勝。春と比べると断然人気(単勝1.0~1.9倍)に推されたのは秋華賞のヌーヴォレコルトだけ。春は断然人気に推されたのが5頭もいてそのうち3頭が勝っている。オッズから混戦が予想されるように結果もその通りになっている。今年も残すところあと2レース。果たして、1人気は勝てるのだろうか?


2014年 2歳重賞勝ち馬一覧

2014年 2歳重賞勝ち馬一覧


2014年 2歳重賞1人気一覧

2014年 2歳重賞1人気一覧


2014年 GⅠレース勝ち馬一覧

2014年 GⅠレース勝ち馬一覧


2014年 GⅠレース1人気一覧

2014年 GⅠレース1人気一覧


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ
at 2014 12月16日, 18:02 | Category : 雑感 | Comments [0] | Trackbacks [0]

北村宏司騎手があと18鞍で年間1000回騎乗達成

 今年も残すところあと4日間。騎手リーディングでは現在1位の戸崎圭太が2位岩田康誠に11勝差をつけているのでほぼリーディング獲得間違いない。JRA移籍2年目で早くもリーディング獲得とは凄い。ただ、来年はルメールとデムーロが通年で騎乗するからリーディング争いはもっと激しくなるだろう。所属が関東か関西かそれによっても違ってくるでしょうね。

 リーディング争いはほぼ決まったが、騎乗数では北村宏司が年間1000回騎乗まであと18鞍に迫った。年間1000回騎乗は2010年と2012年に幸英明が2回達成しただけで、他の騎手ではまだない。JRAの競馬開催日は109日なので1日10レース騎乗すると年間で1000回以上騎乗することになるが、これは相当大変。3開催であれば騎手が分散するので1日10レース騎乗は可能だが、2開催になると騎手が集中するので10レース騎乗は難しい。例えば11月29日の東京・京都では10レース以上騎乗したのは4人だけ。これが、翌日ジャパンカップの日ではひとりだけに。それだけ、騎乗数を増やすことが難しい上に、年間通して休みなく騎乗できるのは騎手として非常に偉いと思う。エージェントの力もあるけど、信頼がなければこれだけの騎乗数はこないからね。

 北村宏司は1980年生まれの34歳。同期は高田潤や二本柳壮など。34歳と言えば戸崎圭太も同じ歳で誕生月も同じ7月。今年の北村宏司を見ると戸崎圭太の活躍に刺激があったに違いない。今年は1000勝ジョッキーの仲間入りを果たし、スピルバーグで天皇賞秋を制し、そして1000回騎乗を達成させる。あと、4日間どんな騎乗をするのか楽しみだね。


騎手リーディング

騎手リーディング


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

朝日杯フューチュリティSの登録馬 阪神開催で恩恵を受けるのは

 今年から朝日杯フューチュリティSは阪神競馬場で行われることになった。これにより、関西馬優位は間違いない。また、忙しい中山競馬場に比べてゆったり運べる阪神競馬場になることで差し馬にもチャンスがある。先週の阪神ジュベナイルフィリーズを見ても分かるが平均ペースでも差しが決まる展開になる。これまでの朝日杯FSはどちらかと言えばマイラー色の強い馬が勝っていたが、阪神に変わったことで中距離で活躍する血統の馬が勝つと思う。

 今年の登録馬は全部で29頭、収得賞金900万の馬が抽選。400万の馬は賞金上位馬の回避が出ないかぎりほぼ出られない。注目馬はなんと言っても兄にドリームジャーニー、オルフェーブルというGⅠ馬がいるアッシュゴールド。デビュー戦は周囲の期待を裏切り6着と惨敗。見せ場もなかった。しかし、休み明けの未勝利戦では体重を6キロ増やして、調教でも動いていることから1人気に推されて、期待に応えて快勝。仕掛けてからの反応はいまいちだったが、素質馬らしい脚で差しきった。前走のデイリー杯2歳Sでは勝ち馬のタガノエスプレッソは捉えることが出来なかったが、上がり3Fはメンバー最速の33秒6だった。兄同様にこれから良くなるような走りをしているので今回負けても来年の春頃は楽しみな1頭になっているかもね。

 クラリティスカイはいちょうSでレコード勝ち。そつのない競馬で直線でも余裕たっぷり。内から抜け出して来たように競馬が上手い。兄クラリティシチーもこの時期は走っていたように早いうちから活躍する血統かもしれない。

 ダノンプラチナはいちょうS3着馬ミッキーユニバースをまったく相手しない勝ち方だった。逃げ馬が前にいるのに鞍上の蛯名は左右を確認してから追い出す余裕。同日の古馬オープンキャピタルSとはコンマ7秒差。ディープインパクト産駒らしい大物感がある。近親にはマツリダゴッホやナリタトップロードいる血統だ。

 ネオルミエールはいちょうSでクラリティスカイに完敗だったが、良馬場で時計が出やすい馬場と言うことを考慮すれば終いの脚はしっかり使っていたし今回も期待出来る。半兄のフラムドグロワールはいちょうSを勝ってこのレースでは4着に。兄よりは決め手があるので着順では上に来そうな感じがする。


朝日杯フューチュリティSの登録馬

朝日杯フューチュリティSの登録馬


朝日杯フューチュリティS 過去28年の勝ち馬一覧

朝日杯フューチュリティS 過去28年の勝ち馬一覧


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

有馬記念の登録馬 豪華メンバーの陰に特別奨励金があった

 今年の有馬記念は豪華メンバーが登録してきた。昨年はファン投票1位のオルフェーブル、3位のゴールドシップが出走したものの10位まではこの2頭と寂しいメンバーだった。せっかくファン投票をして選出しても上位2頭だけでは何のためのファン投票なのか分からない。売り上げがなかなか伸びないJRAとしてもこのままではいけないと思ったのか、今年から特別奨励金を出すことになった。

 その条件とは「ファン投票 10 位以内馬(当該年度の、GⅠ競走第3着以内馬または平地の重賞競走優勝馬に限る)が有馬記念に出走したときに特別出走奨励金を交付する」というもの。この特別奨励金が効いたのか、今年はファン投票上位10位から6頭も登録してきた。また、ファン投票11位から20位までで7頭が登録してきた。今年はグランプリレースにふさわしいメンバーが集まったのでどんな楽しみ。


有馬記念 ファン投票上位20位と特別奨励金

有馬記念 ファン投票上位20位と特別奨励金


有馬記念の登録馬

有馬記念の登録馬


有馬記念 過去28年の勝ち馬一覧

有馬記念 過去28年の勝ち馬一覧


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ