Information

New Entry

キーンランドカップの登録馬

 サマースプリントシリーズ第5戦のキーンランドカップは秋のG1スプリンターズSへのステップレースでもある。今年の登録馬をみるとアイビスサマーダッシュ組とHUB賞組と函館スプリント組が多い。過去の勝ち馬を見てもアイビスサマーダッシュ組か函館スプリント組が多い。人気で見ると過去10年で4人気以内が9勝と上位人気馬が勝つレース。

 アイビスサマーダッシュ組はパドトロワ、フォーエバーマーク、フクノドリーム。函館スプリント組ではクリーンエコロジー、ローブティサージュなどに注目。特にフクノドリームとローブティサージュは気になる存在。


キーンランドカップの登録馬

キーンランドカップの登録馬


キーンランドカップ 過去10年の勝ち馬一覧

キーンランドカップ 過去10年の勝ち馬一覧


 競馬ランキング 競馬ブログ

札幌記念 3つの攻略ポイント

 今年はゴールドシップとハープスターのG1馬対決が見られる楽しみなレース。伝統あるこのレースの攻略ポイントを探ってみた。

 1.重賞で2勝以上している馬
 過去10年の勝ち馬の成績を見てみると重賞で2勝以上している馬は8頭。例外は2009年に勝ったヤマニンキングリーで、この馬は札幌記念を勝つ前に5連対をしてきている。2005年のヘヴンリーロマンスは、前走2着の勢いそのままにこのレースを勝ち。そして、天皇賞秋も勝った。そのときの3レースの人気は10人気、9人気、14人気だったことを考えると例外とみていい。例外を除けば重賞レースで好走している馬が勝つ。クラスが上がるほど実績がものを言うので実績には注意した方がいい。


札幌記念 過去10年の勝ち馬の今走と前走一覧

札幌記念 過去10年の勝ち馬の今走と前走一覧


 2.母父ノーザンダンサー系または母父サンデーサイレンス
 過去10年の勝ち馬の血統を見るといくつかの共通点が見つかった。もっとも多かったのは3代血統表に母父ノーザンダンサー系の血を持つ馬。該当するのは7頭。次いで母父サンデーサイレンスの血を持つ馬。該当するのは2頭。例外はファインモーションだけ。それ以前の勝ち馬の血統を見ると父ノーザンダンサー系または母父ノーザンダンサー系の馬が多く勝ち、過去20年で見てもノーザンダンサー系の血を持たない馬はセイウンスカイだけでした。


札幌記念 過去10年の勝ち馬血統一覧

札幌記念 過去10年の勝ち馬血統一覧


 3.前走1着馬は苦戦する
 過去10年の勝ち馬で前走1着馬だったのは昨年の覇者トウケイヘイローのみ。昨年の札幌記念は函館競馬場で行われ、トウケイヘイローは函館記念→札幌記念と連勝した。過去10年で函館記念を勝ち、札幌記念に挑んだ馬の成績は 1-1-2-5 だった。札幌記念と函館記念では出走馬の質が違うので、連覇するのは難しい。また、前走1着で札幌記念に挑んでくる馬はほとんどが条件戦を勝つかG3を勝った馬。G1を勝ってこのレースに挑んだ2009年のブエナビスタ(2着)、2001年のジャングルポケット(3着)も勝てなかった。前走勝って勢いがありそうだが、クラスが上がるとそれが壁になっている。だから、前走勝ってクラスが上がった馬は疑ってかかったほうがいい。


札幌記念 過去10年の前走1着馬の成績

札幌記念 過去10年の前走1着馬の成績


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

北九州記念 3つの攻略ポイント

 北九州記念が1200m戦で行われるようになって今年で9年目。サマーシリーズに組み込まれ、夏に力を付けてきた馬と実績馬の戦いになるこのレースの攻略ポイントを探ってみた。

 1.使われている馬
 過去8年で休み明けに勝ったのは中10週でこのレースに挑んだトウカイミステリーだけ。他7頭は全て中8週以内。中8週だったのは前走CBC賞を勝ったスリープレスナイトだけで、7月上旬に行われるCBC賞に出走した馬はスリープレスナイト以外勝っていない。むしろ、CBC賞に出走し上位人気した馬は疑って掛かった方がいいかも。


北九州記念 過去8年の勝ち馬の今走と前走一覧

北九州記念 過去8年の勝ち馬の今走と前走一覧


 2.前走レースで上がり最速で走った馬
 過去8年の勝ち馬で前走レースで上がり最速だったのは5頭。時計の速い小倉競馬場に対応するためには速い脚が必要となる。頭数が多く、逃げ馬も多く出走するこのレースはペースが速くなりやすい。過去8年のラップタイムを見るとテン3Fが上がり3Fよりも2秒以上速かったのはスリープレスナイトが勝った2008年を除く7回。それだけ、前が速くなるので当然決め手のある馬が上位に来る。カギになるのは前走どれだけ速い脚を使ったかだと思う。


北九州記念 過去8年のラップタイム

北九州記念 過去8年のラップタイム


 3.1人気は疑ってかかれ
 過去8年の1人気の成績は 1-0-2-5 で勝ったのは前出のスリープレスナイトだけ。2着は0頭で3着に2頭という成績。これなら1人気は疑ってかかった方がいい。疑う条件としては前走CBC賞を昇級戦でそこそこ走った馬、前走1着馬、休み明けなどです。


北九州記念 過去8年の1人気馬の成績

北九州記念 過去8年の1人気馬の成績


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

新潟競馬観戦ツアー 関屋記念

 8/16-17でJTB新潟主催の新潟競馬観戦ツアーに行ってきました。

 集合時間は池袋の芸術劇場前に6時35分。この時間に付くためには家を5時に出なくてはならない。だから、起きたのは朝4時。眠い目をこすって支度をするが外は雨。天気予報では晴れのはずなのに...。しかし、支度をして家を出る頃には雨も上がって朝焼けが見えてきた。

 駅まで自転車を飛ばして予定通りの電車に飛び乗る。早朝だというのに座席はほぼ満席。乗り換えの新宿駅山手線ホームには多くの人がいた。3分の1は朝帰りか。池袋に着いて芸術劇場前に行くとそれらしく人がちらほら。今回、一緒に行くことになったK君を落ち合い、コンビニで買いだし。二人とも酒好きなので缶ビールを2本とつまみを買ってバスに乗り込む。集合時間は6時35分だが、送れてくる人を見込んでか出発は7時頃に。土曜日と言うこともあってか道路はガラガラ。関越自動車の練馬ICから新潟ICまでは約300キロ。途中に休憩を2回挟んでも11時頃には着く計算。しかし、バスの運転手は安全運転で80キロ走行。休憩は上里SAと越後川口SAの2カ所。途中、渋滞はあったが、競馬場には12時過ぎに到着。バスの中で指定席券付きの入場券をもらっていざ競馬場へ。

 指定席はニルススタンド3階のS指定席。ゴール前70m付近の一番前で眺めは最高。指定席にはコンセント完備なのでパソコンやスマホの充電器の持ち込みOK。今回はパソコンは持ち込まなかったのでiPhoneの充電器をセット。初の新潟競馬場なのでまずは場内を散策。直線が長いコースだけあって施設も横長に。ニルススタンドからアイビススタンドまでは結構な距離。まあ、東京競馬場に比べたら大したことはないですが。外ラチとスタンドの距離が短いので1000m戦は迫力がありそう。

 その1000mが7レースにあり、予想はキョウエイダルクとエースワンの2軸で3着候補に外枠の何頭か。馬券を買ってラチ沿いに観戦しに行った。ターフビジョンでスタートは確認出来るがなかなか来ない。1分弱のレースなのに長く感じる。左手にようやく見えて来たと思ったら目の前を怒濤の走りが通過。あっという間に過ぎ去ってしまった。勝ったのはキョウエイダルクだったが、2着ノスタルジックが抜けてしまった。逃げ馬は勝っていたはずなのに内枠ということで見逃してしまった。続く8レースは安めだが3連単を的中させて、この日の馬券代は回収。当たったときはビールをおごるのがK君とのお約束なので勝利のビールで乾杯。残りのレースでどれかひとつでも当たればラッキーと思っていたが最後まで鳴かず飛ばずでこの日は終了。

 16時50分に関係者出入り口を出てバスに乗り込むが、79歳のお爺さんだけが帰ってこない。どこかで迷子になってしまったのか、待つこと30分ぐらいしたところで現地添乗員に連れられて戻ってきた。ふたりともしきりに場内警備員の案内が悪いと言っていたが、それはどうでもよく戻ってきて一安心。今日の宿泊は新潟駅前のサンルート新潟。

 夕食は付いて以内ので街を散策。新潟に来たら魚介類を食べようということで少し歩き回り、駅前の千代寿司本店に。のれんをくぐって中に入るとカウンターにはビッシリ人が。何とか席を空けてもらいカウンターに座った。せっかく寿司屋に入ったのだから美味しいお寿司を食べたいと思い、特上を注文。ビールで乾杯して、寿司をつまみながらの競馬談義。至福な時間はあっという間で特上を食べ終わり、少しもの足りなので追加で何貫か握ってもらった。日本酒も飲んでいい気分でホテルに戻ってひと休み。飲み足りなので休んだらもう一回街に出ようと言っていたのに二人とも熟睡で気がついたら夜中に。朝が早かっただけに仕方がないか(笑)

 朝食はホテルのバイキングでしっかり食べて、バスに乗り込み競馬場へ。この日も指定席券付き入場券をもらって入場。昨日と同じ席での競馬観戦。未勝利戦は苦手なので午後から馬券を買おうと思っていたのに、東京にいる競馬仲間のS君から電話が。札幌1レースの未勝利戦が熱いというので有力馬情報だけを聞き、馬券を購入。人気でもトーセンバジルが強いと思っているのでこの馬から3連単を勝って的中。これで、日曜日の馬券が出たのでこの後は気楽に。しかし、気楽にやり過ぎたのかさっぱり当たらずに終了。関屋記念はエキストラエンドとエクセラントカーヴの2軸で買ったがエキストラエンドはまたもや大きく出遅れで半分以上の馬券がスタート後に消滅。スタンドでもいくつものため息が。横山典弘とエキストラエンドは合わないのかもしれないな。エクセラントカーヴは馬場の悪いところを通りながらも伸びてきたが4着。道悪が苦手のクラレントが勝ったように新潟の芝コースは水はけが良すぎ。土曜日も雨の上がった後半は時計が早くなっているのに気がついていたが、その教訓が生かせなかったな。

 楽しかった競馬も終わり、帰りのバスの中で飲むビールを買って昨日と同じ関係者出入り口を出てバスに乗り込む。昨日、迷子になったお爺さんは今日は時間通りにバスに乗ってきた。お盆最終日とあって高速の渋滞を覚悟したが意に反して渋滞はない。行きに比べ、帰りは快調に飛ばしてくれたおかげで2回の休憩を挟んでも4時間で池袋に到着。新潟は涼しかったが、東京は暑い暑い。旅行代ぐらいは捻出しようと思っていたが出来なかったのは残念だが楽しい2日間でした。また、機会があれば行きたいと思う。


続きを読む
励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ
at 2014 8月22日, 16:28 | Category : オフ会 | Comments [0] | Trackbacks [0]

北九州記念の登録馬 夏女対決、勝つのはどの馬だ

 今年の北九州記念の登録馬を見るとエピセアローム、ベルカント、リトルゲルダ、ルナフォンターナ、バーバラなど牝馬が主役。特にエピセアロームにとっては秋のG1戦線に向けて負けられない一戦。昨年は秋に主動出来なかったが、一昨年はこのレースを3着になり、セントウルSを勝ちスプリンターズSに挑んで4着。あれから2年が経ち確実に力を付けているが勝ち味に遅い。能力はあるだけにここは勝ちたいレース。

 ベルカントにとって1200m戦はベストの距離。前走は上がりの競馬に持ち込んで5着に沈んだが、この馬本来のスピード競馬に持ち込めば前走ほどは負けないだろう。リトルゲルダは久々のアイビスサマーダッシュを4着で通過。今回はひとたたきされたので動きが違うはず。地味な血統だが、この距離ならチャンスがある。

 バーバラは昨年の3着馬スプリント戦なら大崩れはないタイプ。有力馬が多ければ気楽にいけるし、脚がたまったときはいい決め手を発揮するので楽しみに待っている。


北九州記念の登録馬

北九州記念の登録馬


北九州記念 過去20年の勝ち馬一覧

北九州記念 過去20年の勝ち馬一覧


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ
at 2014 8月19日, 00:28 | Category : | Comments [0] | Trackbacks [0]

札幌記念の登録馬 ゴールドシップ対ハープスター

 今年の札幌記念は凱旋門賞に登録した2頭の激突が見られるかも。1頭は宝塚記念の覇者ゴールドシップ、もう一頭は桜花賞馬ハープスター。この対決をこの時期に見られるのは希有なことかもしれない。斤量差が5キロもあるのでハープスターにとってはチャンス。初の古馬との戦いになるが、これまでのパフォーマンスが示すとおり厳しいレースになった方が力を発揮する。頭数が少ないので小回りも問題ないでしょう。

 ゴールドシップは中-長距離で能力を発揮するタイプなだけに小回りの2000mはどうだろうか。今回はトウケイヘイローが速いペースで逃げることが予想できるので後方からの競馬になりそう。スタミナがあるので早めに動くことも考えられるが、スパッと切れるタイプではないだけにスピード競馬に対応できるかがカギになる。

 先の2頭の対決が楽しみだが、脇役にはロゴタイプ、トウケイヘイロー、トウカイパラダイス、ラブイズブーシェ、ホエールキャプチャ、エアソミュールなど役者は揃っているので楽しみな一戦になることは間違いない。


札幌記念の登録馬

札幌記念の登録馬


札幌記念 過去20年の勝ち馬一覧

札幌記念 過去20年の勝ち馬一覧


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ
at 2014 8月18日, 00:41 | Category : 登録馬 | Comments [0] | Trackbacks [0]

関屋記念の予想 夏女エクセラントカーヴに期待

 今年の関屋記念は豪華なメンバーが揃いましたね。G3ならどの馬が勝ってもおかしくないです。このメンバーの中から本命に推したいのは牝馬のエクセラントカーヴ。ヴィクトリアマイル以来の久々ですが、体重の軽い馬ですから仕上がりは早い。新潟も夏競馬も経験済み。京王杯オータムHではダノンシャークに勝っているぐらいだから能力も足りているはず。鞍上の戸崎圭太は現在リーディングトップと心強い。マイルまでならいい競馬が出来ると思っている。


関屋記念の出走馬

関屋記念の出走馬


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

関屋記念の登録馬 過去10年の連対馬

 昨年の2着馬ジャスタウェイはこのあと覚醒してG1を次々勝っていきました。このレースは秋のG1戦線に向けて賞金加算を狙ってくる馬達の戦いになるので厩舎関係者にとっては狙って取りに来るレース。新潟競馬場は関西圏が有利なレースだが、穴をあけるとすれば関東馬。夏場に強い関西馬を中心に、穴で関東馬という狙い方が面白いかもしれない。


関屋記念の登録馬

関屋記念の登録馬


関屋記念 過去10年の連対馬

関屋記念 過去10年の連対馬


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ
at 2014 8月11日, 00:07 | Category : 登録馬 | Comments [0] | Trackbacks [0]

レパードSの予想 「ノースショアビーチの逃げ切りに期待」

 3歳限定のダート戦としてレパードSが新設されたのが6年前。ここをステップにダートで活躍する馬が多く出てきているレース。過去にはホッコータルマエ、ミラクルレジェンド、トランセンドなどがこのレースを勝っている。過去のデータが少ないが、傾向としてはJDD再先着馬が上位にくることが多い。今年の該当馬はJDDで先行して粘ったノースショアビーチ。デビューは芝のレースだったが、ダートに変更していきなり勝ち上がり、その後500万、オープンと連勝。父はキングカメハメハ、母父はDanzig系のBoundaryとダートは強い血統。強い同型馬がいるが、こちらの方が外枠なので相手を見ながら競馬が出来るのはいい。ハナにいければしぶといので逃げ切りに期待したい。


レパードSの出馬表

レパードSの出馬表


レパードS 前走JDD出走馬


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

安田記念の登録馬 過去28年の勝ち馬一覧

 安田記念の登録馬は18頭なので全馬が出走可能。今年はドバイワールドカップを勝ちレーティング130のジャスタウェイ、NHKマイルカップを勝ったミッキーアイル、マイルCSの勝ち馬トーセンラー、昨年の安田記念2着馬ショウナンマイティ、3着馬ダノンシャーク、マイラーズカップをレコード勝ちしたワールドエースと同じく条件戦をレコード勝ちをしたグランデッツァなど多彩な顔ぶれが揃った。

 中でもジャスタウェイは天皇賞秋、中山記念、ドバイワールドカップと3連勝中。父ハーツクライは古馬になって成長著しいタイプで、産駒にも同様な傾向が見られる。今の安定度なら不安要素は見当たらない。もし、道悪競馬になったとしてもこなしてくれると思う。あとは相手探しだが、枠順、天候次第で大きく変わる可能性があるので実に面白い。直線の長さと切れ味でみればワールドエース、出てくれば間違いなく勝ち負け出来そうなトーセンラー、東京巧者のホエールキャプチャなどに注目している。


安田記念の登録馬

安田記念の登録馬


安田記念 過去28年の勝ち馬一覧

安田記念 過去28年の勝ち馬一覧


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ
at 2014 6月 4日, 09:05 | Category : 登録馬 | Comments [0] | Trackbacks [0]

ダービー特集 乗り替わりについて

 GⅠにおいて乗り替わりは重要なポイント。特に3歳馬クラシック路線は新馬のうちからダービーを取るためのローテーションを組み、厩舎と騎手と育成牧場が一緒になって競走馬を育てていく。乗り替わりについては昨年も『[RBN] 日本ダービー考査 乗り替わりでは勝てない』記事を書いた。そして、結果としてはキズナが勝ち、乗り替わりでの勝利はなかった。また、前2層での乗り替わりにも注意を払いたい。基本的に何らかの理由がない限り3回連続の騎乗が勝ち馬の条件だと思っている。

 今年、日本ダービーに出走する18頭を見てみると3回連続で騎乗している騎手は横山典弘(ワンアンドオンリー)、岩田康誠(アドマイヤデウス)、川田将雅(トゥザワールド)、吉田豊(ショウナンラグーン)、柴田大知(ウインフルブルーム)、松山弘平(アズマシャトル)、蛯名正義(イスラボニータ)、武豊(トーセンスターダム)の8騎手・8頭です。

 前年と継続している傾向としてステップレースも重要。

ダービーを勝つ馬はそれなりの成績を残している。2007年からはその傾向が強く、前2走で連対経験があり、前2走で1人気になっている。例外は2冠馬のメイショウサムソンだけで、ダービーは1人気に推されていた。過去を振り返ってみると2007年に牝馬のウオッカが勝ったことでこのデータが継続しているわけだが、あのときはまさかウオッカが勝つとは思わなかったが、馬主・厩舎・騎手はダービーを狙って取りに来ていたと言うことなんでしょうね。

 
 今年の出走馬に乗り替わりを踏まえたステップレースでの成績を加えてみると次の馬たちが最有力候補となる。トゥザワールド、ウインフルブルーム、イスラボニータの3頭(サウンズオブアースは2走前が条件戦なので最近の傾向ではないため除外)。この3頭は皐月賞上位3頭で、この中からダービー馬を勝つ馬が出てくると思う。

日本ダービー 出走馬の前5走成績

日本ダービー 出走馬の前5走


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

ダービー特集 イスラボニータは2400mを克服できるか

 日本ダービーで1人気が予想されるイスラボニータは父フジキセキ、母父Cozzeneという血統。フジキセキ産駒はこれまで11頭がダービーに出走してドリームパスポートの3着が最高着順。重賞でなければ2400m以上のレースでも勝っているが、重賞になると勝てない。重賞勝ちがあるのは芝2000m以下でG1に至っては2000mで1勝、1600mで5勝、1200mで1勝だった。ダートGⅠを3勝(JRAのみ)したカネヒキリのように絶対的な能力の持ち主であれば距離の克服も可能だと思う。

 厳しいレースになればなるほど血統の持つ意味が大きくなる。それは、調教師や馬主にもいえることでクラシックは一生に一度のレースなので距離適正を度外視して出走させるが、古馬になってからは距離適正を重視してレースを使う。距離適正とはその馬のもつ能力(スピード、スタミナ、走り方)を客観的に判断してのこと。もちろんそこには血統も入ってくる。フジキセキ産駒に長距離馬がなかなか誕生しないのはその適正にあるからでしょう。血統は父と母父の組み合わせからなり、父の色が濃く出るか、母父の色が濃く出るかで変わってくる。イスラボニータの母父Cozzeneを見てみると、産駒はGⅠ勝ちのあるアドマイヤコジーンのようにマイル前後に強い。ローブデコルテがオークスを勝っているが距離適正といえばマイル前後。母父となっても同じことがいえるようで距離が短い方が成績がいい。Cozzeneの系統をみるとNasrullah-Grey Sovereignにつながる。この系統は母父側に入ることで能力を押し上げてくれる。

 イスラボニータは血統的には厳しいところがあるが3歳時であれば能力で克服出来なくもないと思っている。それは、最後の直線残り200mで現れると思う。
 

イスラボニータ 戦歴

イスラボニータ 戦歴


イスラボニータ 5大血統表

イスラボニータ 5大血統表


フジキセキ産駒 距離別成績(芝のみ)

フジキセキ産駒 距離別成績



励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ