Information

New Entry

3歳牡馬 クラシック戦線

 今週の結果を踏まえて3歳クラシック戦線の有力馬を挙げてみる。まずは朝日杯フューチュリティSの勝ち馬リオンディーズ。父キングカメハメハ、母シーザリオ、母父スペシャルウィーク、兄エピファネイアと血統的にも筋が通っている。鞍上はM.デムーロ。距離は伸びても問題ない。

 きさらぎ賞の高額馬対決は前評判通りサトノダイヤモンドが勝った。レースの上がりは59秒4-47秒1-34秒9で自身の上がり3Fは34秒2。勝ちタイムは1分46秒9とこの時期としてはかなり速いタイムで勝った。今回は直線でムチを一発入れられたがしっかり伸びていたようにまだまだ伸びしろはありそう。鞍上はルメール。

 若駒Sを勝ったマカヒキも有力馬。父ディープインパクト、母ウィキウィキ、姉ウリウリ。新馬戦はM.デムーロ、若駒SはC.ルメールが手綱を取って連勝。レースの上がり45秒8-33秒5をムチも使わずに上がり3F32秒6の脚を使って差しきった。賞金的に何処かトライアルを使ってくると思われるが気になる鞍上は誰になるか。友道厩舎なので岩田康誠、川田将雅か。それとも、福永祐一だったりして。

 ホープフルSでロードクエストやバティスティーニに競り勝ったハートレーは来週の共同通信杯に登録。ノーザンファームの吉田勝己氏も今年のクラシック候補の一頭として名を挙げていた馬。鞍上はベリーを予定していたが騎乗停止で横山典弘にスイッチ。癖のない馬なので問題はないと思うが。

 スマートオーディンは東京スポーツ杯2歳Sでプロディガルサンに競り勝った。共同通信杯ではハートレート激突だがここを勝てばクラシック候補に名乗りを上げる。鞍上は引き続き武豊だろ。

 朝日杯フューチュリティステークスでリオンディーズに競り負けたエアスピネルだが、レースセンスではこっちが上。父キングカメハメハ、母エアメサイア、母父サンデーサイレンスという良血。鞍上はこちらも武豊。

 今後のレーススケジュールを見ると来週が共同通信杯、2月28日がすみれS、3月6日が弥生賞、3月19日が若葉S、3月20日がスプリングカップ、3月26日が毎日杯。優先出走権のある弥生賞、若葉賞、スプリングCには有力馬の激突が見られるでしょうね。


牡馬 クラシック戦線

3歳牡馬 重賞戦歴


Output by TARGET frontier JV


 競馬ランキング 競馬ブログ

クイーンカップ考査

 登録馬を見ると阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったメジャーエンブレムが登録してきた。マイルまでだったら相当強い馬だと思っているので、出てくる以上は勝ち負けだろう。ここを使って桜花賞へはぶっつけで勝負というローテーションではないかな。

 フェアリーSを逃げて勝ったビービーバーレルは如何にも小回り向き。それなら、同レース2着のダイワドレッサーが面白い。距離は長いほうがいいので小回りの中山よりは東京のほうがいいと思う。ルフォールは母ゴールデンサッシュという良血。新馬戦は上がり3F33秒8で差し切り勝ちだし、東京で岩田康誠が騎乗している事からも厩舎期待の一頭。関西馬ロッテンマイヤーは母ビワハイジという良血。近親には重賞勝ち馬が揃っているし、出てくれば勝負になる関西馬なので要注意の一頭だと思う。


クイーンカップの登録馬

クイーンカップの登録馬


クイーンカップ 過去10年の1~3着馬一覧

クイーンカップ 過去10年の1~3着馬一覧


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

共同通信杯考査

 近年の共同通信杯の連対馬を見てみると昨年のドゥラメンテ、一昨年のイスラボニータ、4年前にはゴールドシップ、ディープブリランテなどクラシックを勝った馬が連対している。

 今年の登録馬を見てみるとホープフルSでロードクエストやバティスティーニに競り勝ったハートレー、同じ舞台の東京スポーツ杯2歳Sを勝ったスマートオーディンの2頭が最有力候補。この2頭に割って入るとしたら京成杯3着のメートルダールか逃げて結果を出しているリスペクトアース辺りでしょう。過去の結果を見ても上位人気で決まるケースが多く、それほど荒れないレースになるでしょう。


共同通信杯の登録馬

共同通信杯の登録馬


共同通信杯 過去10年の1~3着馬一覧

共同通信杯 過去10年の1~3着馬一覧


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

きさらぎ賞考査

 馬券を抜きにしても面白いレースになりそう。注目は2億4150万のサトノダイヤモンド対2億5200万のロイカバードの再戦。新馬戦ではサトノダイヤモンドに軍配が上がったが、ロイカバードもその後の2戦を連勝している。前走の福寿草特別ではレースの上がり59秒5-46秒5-34秒8を差しきっているし、走りに余裕があることからも底を見せていない。追いかける立場にあるだけに武豊がどんな競馬をさせるか見ものだね。

 決めて勝負ならレプランシュも面白い。スタートが良くない馬なので後方からの競馬になるが、追っていい足を使えるのはいい。ビッシリ追ってしっかり伸びているので展開次第では面白い存在になりそう。現在リーディングのデムーロが手綱を取るのがロワアブソリュー。前走は前半に掛かりながらも上がり3Fを33秒8でまとめて勝ってしまった。折り合えばいい決め手があるし、前にも行けそう。有力馬が牽制しあうなら残り目もありそう。


きさらぎ賞の出走馬

きさらぎ賞


きさらぎ賞 過去10年の1~3着馬一覧

きさらぎ賞


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

東京新聞杯考査

 第66回東京新聞杯GⅢは芝1600mで行われる。昨年の勝ち馬ヴァンセンヌは京王杯SCをステップに安田記念に挑戦して2着に好走。賞金が足りない馬はここで加算をして春のGⅠ出走へとなる。

 ダノンプラチナは暮れの香港マイルでコンマ4秒差の7着。直線では馬郡が固まっていたこともありまともに追えなかった。東京コースは3回走って3勝。そのすべてが1600mだからコース適正は問題ない。ここは通過点でどいう競馬をするか注目している。ダッシングブレイズは1000万から3連勝。そのすべてで上がり3Fは1位。また、マイル戦を中心に使われてきていることからもマイル適正は高い。ダノンプラチナとどんな競馬をするのかに注目したいところ。

 スマートレイアーは1600mよりも1800m戦に良績がある。しかし、ヴィクトリアマイルの2回では1分32秒台の時計で走っているのでGⅢのメンバーならいい競馬ができるのではないかな。トーセンスターダムは京都金杯で1人気に支持されたがスタートが悪く後方からの競馬で見せ場もなかった。スタートがもっさりしているし、エンジンの掛かりが遅い馬だけに鞍上のベリーがどんな競馬をさせるか注目している。詰めの甘さがあるグランシルクには池添謙一が騎乗。さし馬に乗せたら上手い騎手だけにハマれば怖い存在に。さし馬に有力馬が多いのでダイワリベラルの先行力が魅力。

 過去のデータからは京都金杯、ニューイヤーSが好走している。


東京新聞杯の出走馬

東京新聞杯


東京新聞杯 過去9年の1~3着馬一覧

東京新聞杯


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

武豊が30年連続重賞勝ち金字塔を打ちたてる

 先週のAJCCでディサイファに騎乗し1着となった武豊騎手は自身のもつ29年連続重賞勝ちを1年更新し、30年連続重賞勝ちの金字塔を打ちたてた。

 デビューした年から重賞を勝ち続けて30年。度重なる怪我や不振な時期もあったが30年間乗り続けて重賞を毎年勝つのだから凄いことです。30年間に挙げた勝利数は3797勝、うち重賞が305勝、GⅠが69勝とどれも自身の持つ記録ばかり。

 一時は社台系から干された感じがあったが最近は騎乗数も増えているように関係改善がみられているようです。武豊の場合は社台系以外では松本オーナーやノースヒルズの前田オーナーや栄進堂の平井オーナーの後押しがある。調教師では前田オーナーとの繋がりが深い松永幹夫厩舎、元調教師の伊藤雄二氏からの繋がりで小崎憲厩舎や笹田和秀厩舎、ディサイファを管理する小島太厩舎などからの騎乗依頼が多い。武豊は競馬界の第一人者で人格者ですから、当然と言えば当然でしょうけどね。

 以下に年別重賞成績を出してみました。年間で重賞を一番勝っているのは2005年の23勝でこの年はディープインパクトで5勝、小倉で勝ちまくったメイショウカイドウで3勝、エアメサイア、カネヒキリなどが2勝ずつなど。1998年は22勝でこの年はスペシャルウィーク、サイレンススズカで4勝ずつ、ファレノプシスで3勝、エアグルーヴで2勝など。こうやって書きだすと、武豊が騎乗していた馬が種牡馬になっていることが多いこと。調べてみたところ、ディープインパクト、キングカメハメハ、ステイゴールド、クロフネ、キンシャサノキセキ、ハーツクライ、ゴールドアリュール、シンボリクリスエス、メイショウサムソン、ゼンノロブロイなど。これらの馬に主戦として騎乗する場合のほかにワンポイントで騎乗することも多いのは信頼があるからなんでしょうね。

 彼も今年の3月15日で47歳。若くはないけど体のケアをしていればまだまだ乗れる。昔、よく見せてくれた豊マジックをまた見せてほしいね。


武豊 年別重賞成績

武豊 年別重賞成績


続きを読む
励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ
at 2016 1月29日, 17:41 | Category : 武豊 | Comments [0] | Trackbacks [0]

騎手エージェント(騎乗依頼仲介者)の色分けを更新しました VOL.12

 昨年暮れから多くの外国人騎手が短期免許を取得して来ました。それに伴ってチェック騎手を更新しました。

 昨年からJRAの騎乗依頼仲介者一覧に騎手エージェントが掲載されています。今回の一覧を見ると前回の一覧表から消えていたエージェント小原靖博氏が岩田康誠、四位洋文、小崎綾也、それと、短期免許で来日中のF.ヴェロンを担当。また、怪我で休養中の福永祐一は井尻雅大との契約を解除。F.ベリー騎手は戸崎圭太、内田博幸を担当している中村剛氏と契約など。

 岩田康誠は昨年の騎手勝利度数が6位の101勝。5年連続100勝を達成しているが、昨年からルメール、デムーロがJRA所属になったことで勝ち星を取られているのでこのままで行くと6年連続100勝は厳しくなってきた。今回、小原氏と契約したことで騎乗馬に変化が出てくるか注目している。

 TARGET用チェック騎手データ(インポート用CSV)は[RBN] 【ダウンロードデータ】 チェック種牡馬、チェック騎手からダウンロードできます。



チェック騎手 色分け一覧

所 属 仲介者 契約騎手
競馬ブック 井上政行 川田将雅
足立雅樹 武幸四郎
赤塚俊彦 坂井英光
小原靖博 岩田康誠、四位洋文、小崎綾也、F.ヴェロン
1馬/優馬 目黒和外 川島信二、古川吉洋
菅幸治 丸野勝虎柿原翔
小野智美 木幡初広
坂倉和智 田辺裕信
1馬 瀬古満明 藤懸貴志、S.フォーリー
優馬 桜井真人 和田竜二、松山弘平、松若風馬
小檜山辰弥 井上敏樹、伴啓太、中井裕二
板子洋一 桑村真明服部茂史佐々木国明
廣田晶彦 鮫島克駿、鮫島克也
競友 三浦毅彦 平野優
元ホースニュース馬 橋本貞男 幸英明、秋山真一郎、菱田裕二、義栄真
三宅俊博 鮫島良太、国分優作、高倉稜
平林雅芳 武豊
デイリー馬三郎 安里真一 藤岡康太、熊沢重文
武山修司 蛯名正義、吉田隼人、大野拓弥
木村拓人 黛弘人、L.コントレラス
澤田裕貴 大庭和弥、丸田恭介、西村太一
文元仁 江田照男、丹内祐次
矢野幸一 北村友一、柴田未崎、三津谷隼人
常木翔太 宮崎北斗
競馬ニホン 豊沢信夫 浜中俊、M.デムーロ、C.ルメール、城戸義政
荒木敏宏 小牧太、岡部誠
競馬研究 松沢昭夫 柴田善臣、左海誠二
永楽弘樹 横山典弘、横山和生、武士沢友治
競馬ニュース 松下佳弘 松田大作、川須栄彦、水口優也
井尻雅大 小林徹弥、岩崎翼、D.マクドノー
日刊競馬 黒津伸一 吉田豊、松岡正海、勝浦正樹、高嶋活士
競馬ファン(廃刊) 石井俊宏 太宰啓介、酒井学、国分恭介
元競馬ブック 小渕高慶 柴山雄一、長岡禎仁
元ダービーニュース 森山大地 津村明秀、石橋脩、三浦皇成、石川裕紀
川島康孝 柴田大知、小野寺祐太、丸山元気、今野忠成
競馬エイト 松本浩 田中勝春、北村宏司、杉原誠人
サンスポ 高尾幸司 嘉藤貴行、木幡初也、村田一誠、五十嵐冬樹
元サンスポ 片山良三 川原正一東川公則
元地方騎手 中村剛 内田博幸、戸崎圭太、F.ベリー
不明 伊藤俊夫 小林徹弥
矢作厩舎レーシングMG 細川貴之 中谷裕太
元ガンバ大阪 大谷博毅 池添謙一、森一馬、荻野琢真、加藤祥太

*赤字は地方騎手、外国人騎手

励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

ジャパンカップ枠順決定「ラブリーデイは1枠1番」 枠番・馬番別成績など

 ジャパンカップの枠順が決定した。今年も出走頭数が多くフルゲートでのレースとなった。注目の枠順だが天皇賞秋を勝ち目下重賞4連勝中のラブリーデイは1枠1番。オークス、秋華賞を勝ったミッキークイーンは6枠11番。宝塚記念でまさか?の惨敗となったゴールドシップは6枠12番となった。

 例年だと昨年のジャパンカップで好走した馬の出走があったが今年の場合は昨年のジャパンカップの上位5頭までがすべて引退してしまった。また、菊花賞上位馬の参戦もなくちょっとさびしい感じになってしまった。

 こうなると天皇賞秋を勝ったラブリーデイが断然人気だろう。出走メンバーを見ると速い逃げ馬がいないのでレースはスローの上がり勝負になると思うので前で競馬が出来て速い脚があるラブリーデイで仕方がないかな。あとは決め手のあるミッキークイーンとショウナンパンドラの牝馬2頭ですね。

 ジャパンカップはルメール、デムーロ、ムーアなど外国人騎手が強い。それと岩田康誠はこのレースを3勝しているのでこの4名は抑えておきたい。分からないのがゴールドシップ。ポテンシャルはメンバー1と思っているが、走るか走らないかは気分次第だからね。次の有馬記念が目標だと思うけど、やっぱり抑えておいたほうがいいかも。

 日曜日のお天気は晴れ予報なので迫力ある競馬を楽しみにしている。


ジャパンカップの出走馬

ジャパンカップの出走馬


ジャパンカップ 過去29年の馬番、枠番別成績

ジャパンカップ 過去29年の馬番、枠番別成績 ジャパンカップ 過去29年の馬番、枠番別成績


ジャパンカップ 過去29年の配当一覧

ジャパンカップ 過去29年の配当一覧


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

冠名ミュゼの高橋仁オーナーが坂本肇オーナーに全馬売却?

 セントライト記念の出走馬が決まったのでTARGETでいろいろ調べていたらミュゼエイリアンとミュゼゴーストのオーナーが坂本肇氏になっている。ミュゼのオーナーは高橋仁氏のはずだったが・・・・。

 目ざとい競馬ファンなら知っていることけど、何かと噂のミュゼのオーナー高橋仁氏が経営する株式会社ジンコーポレーション(脱毛サロン最大手「ミュゼプラチナム」を運営)が資金繰り悪化というニュースが流れた(ミュゼプラチナム、資金繰り悪化で私的整理 多額簿外負債が発覚、前受金を売上計上)。会社はまだ存続しているがこういうニュースが流れるとイメージが良くないので高橋仁社長は持ち馬をどうするのかと見ていた。9月6日の新潟記念にはミュゼスルタン(馬主は高橋仁氏)を出走させたが16着に惨敗。その後、骨折が判明して休養に。

 調べて見たらミュゼの馬主はすべて坂本肇氏になっていた。坂本肇氏を調べてみたらヤマイチの冠名で競走馬を走らせていた。そして、ヤマイチの多くの馬が美浦の大江原哲厩舎に所属していた。また、ミュゼの多くの馬も大江原哲厩舎に所属していた。あくまでも推測だが競走馬の処分に困った高橋仁氏に坂本肇氏を紹介したのが大江原哲調教師ではないかな。坂本肇氏のこれまでの持ち馬を見ると条件勝ちが何頭かいるだけで重賞は未勝利。高橋仁氏から譲り受けた競走馬の中には毎日王冠を勝ったミュゼエイリアンやNHKマイルカップ3着のミュゼスルタン、ラジオNIKKEI賞2着のミュゼゴーストなど重賞に手が届きそうな馬が揃っている。坂本肇氏にとってはこれで重賞を勝つチャンスを手に入れたわけだからワクワクしていることでしょう。

 今週のセントライト記念には新たに手に入れた2頭を送り込み、権利が取れれば念願のGⅠ出走が叶うわけだ。ミュゼエイリアンには横山典弘、ミュゼゴーストには柴田善臣とベテラン二人が騎乗。賞金的にはどちらも菊花賞への出走が出来そうだが、先のことよりもここが勝負かも。


馬主坂本肇氏 競走馬一覧(現役馬のみ)

坂本肇氏 競走馬一覧(現役馬のみ)


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

ローズS考査 前哨戦はクラシック未出走馬に注目

 秋華賞の前哨戦でもあるローズSは上位3着までに優先出走権が与えられる。だから、賞金を持っている馬や出走権利を持っている馬は仕上げに余裕がある。そのことは過去のレースを見れば分かる通り、上位人気馬同士で決まることのほうが少ない。

 以下に過去10年の上位3着馬を出してみたが昨年はオークス2着のヌーヴォレコルトが勝ったが、2着には未勝利を勝ち上がったばかりの15人気タガノエトワールが入り、3着にも人気薄の9人気リラヴァティは入って波乱となった。また、一昨年も2着に500万を勝ち上がったばかりの9人気シャトーブランシュ、3着にも500万を勝ち上がったばかりのウリウリが入って波乱となった。3年前は1人気、2人気、3人気の順で決まったがこれは珍しいことで牝馬戦ですから何があるかわからないと思っていたほうがいい。


過去10年のローズS上位3着馬

過去10年のローズS上位3着馬


 出走馬を見るとオークス馬ミッキークイーン、桜花賞馬レッツゴードンキのGⅠ馬2頭にトーセンビクトリーとディープジュエリー辺りが上位人気になりそうで、この4頭は賞金が足りているので仕上げにも余裕があると思う。狙ってみたいのはサンデーレーシングのタッチングスピーチ。今まで福永祐一が手綱を取っていたが今回はルメールに乗り替わり。で、その福永といえば個人馬主のプレミオテーラーに。どういう経緯でこの乗り替わりになったのか。勝負弱さのある福永を降ろしてルメールを起用したと考えるとますますタッチングスピーチを狙ってみたい。前走の札幌戦では小回りコースにも関わらず後方からの競馬で14頭を差しきってしまった。手応えは2着ロッカフラベイビーや3着バンゴールのほうが良かったがタッチングスピーチはエンジンが掛かってからの伸び脚が良かった。タッチングスピーチはサンデーレーシングの馬ですから札幌で勝ったあとはトレセンで調整して、臨戦態勢を整えて戻って来ているはずなのであとはルメールの手腕に期待したい。


ローズSの出走馬

ローズSの出走馬



Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

社台RHとサンデーRの2強時代からキャロットFが加わった3強時代へ

 先日、『「社台王朝」の異変に気づけば大儲けができる! (競馬ベスト新書)』という競馬本を読んだ。これによると社台グループに異変が起きているという。社台グループについては当ブログでも何度か取り上げているし、暇さえあればTARGETでデータ集計しているので目から鱗ほどのことは書いていないが、社台グループについてよく知らない人は一度読んでおくといいかも。

 社台グループにはノーザンファーム系のサンデーレーシング、キャロットファーム、シルクレーシングと社台ファーム系の社台レースホース、グリーンファーム、追分ファーム系のG1レーシングなどの1口馬主がある。この中ではサンデーレーシング(以下サンデーR)、社台レースホース(以下社台RH)が馬主としては2強だったが、ここに来てキャロットファーム(以下キャロットF)が台頭してきた。昨年はキャロットFが2強を抑えてついに馬主リーディング(勝利数、賞金合計)に輝いた。しかも、キャロットFの好調ぶりは今年も継続中で9月6日終了時点で賞金合計で2位(勝利数ではトップ)になっている。


馬主リーディング 2014年と2015年(9/6現在)

馬主リーディング


続きを読む
励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

騎手エージェント(騎乗依頼仲介者)の色分けを更新しました VOL.11

 先日、JRAが騎手エージェント一覧を公開してくれましたのでそれに伴ってチェック騎手を更新しました。

 今回の一覧を見るとエージェント小原靖博氏と契約していた岩田康誠(桜井真人)、福永祐一(井尻雅大)、四位洋文(足立雅樹)に変更。今年、JRAの騎手免許に合格したデムーロとルメールは豊沢信夫と契約など。他にも幾つか変更があったりしていました。豊沢氏は浜中、デムーロ、ルメールと上位騎手を抱えることになったが、この騎手同士での乗り回しは今のところないようです。デムーロ、ルメールともに社台系馬主の騎乗が多く、その分厩舎も幅広く依頼があるようです。

 現在、リーディングの福永祐一はエージェントが変わったのが良かったのか勝ち星が伸びています。どのタイミング変更になったのかわかりませんが、6月末では69勝で戸崎圭太と同数でしたが8月末では福永96勝、戸崎84勝と大きく差をつけました。このまま行けば自身2度めの最多勝利が見えてきますね。

 TARGET用チェック騎手データ(インポート用CSV)は[RBN] 【ダウンロードデータ】 チェック種牡馬、チェック騎手からダウンロードできます。


騎手成績一覧


続きを読む
励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ