Information

New Entry

愛知杯 3つの攻略ポイント

 愛知杯は牝馬限定のハンディ戦で、荒れるレースとしても有名。愛知杯が牝馬限定のハンディ戦となってから今年で11年目。過去10年の配当をみると3連単の最低配当が2006年に1-3-2人気で決まった3680円、最高配当は昨年に12-14-13人気で決まった4,712,080円。昨年のような100万馬券が実はあと2回もある。2008年は16-14-3人気で決まって1,440,120円、2005年は13-11-14人気で決まって2,214,210円。1人気の成績が1-1-2-6と不振。それに対し二桁人気の10~12人気の成績は1-2-0-27、13~15人気の成績は1-2-2-25と二桁人気が来ている。ハンディ戦ということもあり50~52㎏の軽ハンディ馬の成績は5-3-1-50と穴をあけている。このことを踏まえて攻略ポイントを考えてみた。


愛知杯 過去10年の配当

愛知杯 過去10年の配当


 ポイント1.軽ハンディ馬を狙え
 過去10年で軽ハンディ馬が5勝しているのならここから狙ってみたい。軽ハンディ馬に共通しているのは前走が条件戦ということ。中でも1000万に出走してこのレースに挑んだ馬の成績は4-1-1-14と好成績。中でも勝ってこのレースに挑んだ馬の成績は3-1-1-8と優秀。今回、この条件に当てはまるのはマイネオーラム。また、前走1600万条件に出走した馬の成績は1-3-0-30とこちらは2着が多い。1600万条件を勝った馬はハンディがちょっと重めの54㎏になりやすく、そういう馬は人気にもなる。狙うなら1600万では負けた馬で52㎏以下がいい。この条件に当てはまるのはコーディリア、リメインサイレント、イリュミナンスの3頭。


愛知杯 過去10年の斤量別成績

愛知杯 過去10年の斤量別成績


 ポイント2.前走エリザベス女王杯に出走
 過去10年の前走を見ると昇級馬及び格上挑戦馬の成績が5-4-1-44、重賞出走馬の成績が5-6-9-97、そしてレース名で絞ってエリザベス女王杯に出走した馬の成績は5-2-6-27と勝ち馬の半分はエリザベス女王杯に出走した馬だった。GⅠに出走出来るような馬ですから実力はあるので、そのときの調子やレースの流れが合えば実績馬が強いと言うこと。この条件に当てはまるのはキャトルフィーユ、サンシャイン、フーラブライド、ディアデラマドレの4頭。


愛知杯 過去10年の連対馬の前走一覧

愛知杯 過去10年の連対馬の前走一覧


 ポイント3.サンデーサイレンス系
 荒れるレースですが、血統別の成績を見るとサンデーサイレンス系が7-8-7-79と圧倒的に強い。次がノーザンダンサー系の1-2-2-18となっていた。サンデーサイレンス系の中ではマンハッタンカフェ産駒が3-0-0-4、サンデーサイレンス産駒が2-2-2-15、アグネスタキオン産駒が1-3-1-5、その他で1-3-4-55だった。今回、マンハッタンカフェ産駒はイリュミナンスとケイティバローズの2頭。


愛知杯 過去10年の連対馬の血統一覧

愛知杯 過去10年の連対馬の血統一覧



Output by TARGET frontier JV


 競馬ランキング 競馬ブログ

2歳重賞は1人気が勝てない。秋のGⅠでも1人気が勝てない。

 今年の2歳重賞レースを見てみると1人気が勝っていない。また、昨年はなかったことだが今年は二桁人気が3勝もしている。どうして、こんな事になってしまったのか、その背景には社台の不振がある。今年の2歳重賞を見てみると社台生産馬は4回1人気になっているが勝てない。ディープインパクト産駒ではアヴニールマルシェとティルナノーグが1人気に推されたがやはり勝てない。人気のある馬が強い競馬をしてこそ競馬は盛り上がるので、今度こそ1人気馬には勝ってほしい。果たして、朝日杯FSで1人気に推されるのはアッシュゴールドかクラリティスカイか・・・。

 2歳重賞で1人気が勝てないように秋のGⅠでも1人気が勝てない。春のGⅠではハープスター(桜花賞)、ミッキーアイル(NHKマイル)、ジャスタウェイ(安田記念)、ゴールドシップ(宝塚記念)などが1人気に応えて勝っている。しかし、秋のGⅠでは1人気は0勝。春と比べると断然人気(単勝1.0~1.9倍)に推されたのは秋華賞のヌーヴォレコルトだけ。春は断然人気に推されたのが5頭もいてそのうち3頭が勝っている。オッズから混戦が予想されるように結果もその通りになっている。今年も残すところあと2レース。果たして、1人気は勝てるのだろうか?


2014年 2歳重賞勝ち馬一覧

2014年 2歳重賞勝ち馬一覧


2014年 2歳重賞1人気一覧

2014年 2歳重賞1人気一覧


2014年 GⅠレース勝ち馬一覧

2014年 GⅠレース勝ち馬一覧


2014年 GⅠレース1人気一覧

2014年 GⅠレース1人気一覧


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ
at 2014 12月16日, 18:02 | Category : 雑感 | Comments [0] | Trackbacks [0]

北村宏司騎手があと18鞍で年間1000回騎乗達成

 今年も残すところあと4日間。騎手リーディングでは現在1位の戸崎圭太が2位岩田康誠に11勝差をつけているのでほぼリーディング獲得間違いない。JRA移籍2年目で早くもリーディング獲得とは凄い。ただ、来年はルメールとデムーロが通年で騎乗するからリーディング争いはもっと激しくなるだろう。所属が関東か関西かそれによっても違ってくるでしょうね。

 リーディング争いはほぼ決まったが、騎乗数では北村宏司が年間1000回騎乗まであと18鞍に迫った。年間1000回騎乗は2010年と2012年に幸英明が2回達成しただけで、他の騎手ではまだない。JRAの競馬開催日は109日なので1日10レース騎乗すると年間で1000回以上騎乗することになるが、これは相当大変。3開催であれば騎手が分散するので1日10レース騎乗は可能だが、2開催になると騎手が集中するので10レース騎乗は難しい。例えば11月29日の東京・京都では10レース以上騎乗したのは4人だけ。これが、翌日ジャパンカップの日ではひとりだけに。それだけ、騎乗数を増やすことが難しい上に、年間通して休みなく騎乗できるのは騎手として非常に偉いと思う。エージェントの力もあるけど、信頼がなければこれだけの騎乗数はこないからね。

 北村宏司は1980年生まれの34歳。同期は高田潤や二本柳壮など。34歳と言えば戸崎圭太も同じ歳で誕生月も同じ7月。今年の北村宏司を見ると戸崎圭太の活躍に刺激があったに違いない。今年は1000勝ジョッキーの仲間入りを果たし、スピルバーグで天皇賞秋を制し、そして1000回騎乗を達成させる。あと、4日間どんな騎乗をするのか楽しみだね。


騎手リーディング

騎手リーディング


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

朝日杯フューチュリティSの登録馬 阪神開催で恩恵を受けるのは

 今年から朝日杯フューチュリティSは阪神競馬場で行われることになった。これにより、関西馬優位は間違いない。また、忙しい中山競馬場に比べてゆったり運べる阪神競馬場になることで差し馬にもチャンスがある。先週の阪神ジュベナイルフィリーズを見ても分かるが平均ペースでも差しが決まる展開になる。これまでの朝日杯FSはどちらかと言えばマイラー色の強い馬が勝っていたが、阪神に変わったことで中距離で活躍する血統の馬が勝つと思う。

 今年の登録馬は全部で29頭、収得賞金900万の馬が抽選。400万の馬は賞金上位馬の回避が出ないかぎりほぼ出られない。注目馬はなんと言っても兄にドリームジャーニー、オルフェーブルというGⅠ馬がいるアッシュゴールド。デビュー戦は周囲の期待を裏切り6着と惨敗。見せ場もなかった。しかし、休み明けの未勝利戦では体重を6キロ増やして、調教でも動いていることから1人気に推されて、期待に応えて快勝。仕掛けてからの反応はいまいちだったが、素質馬らしい脚で差しきった。前走のデイリー杯2歳Sでは勝ち馬のタガノエスプレッソは捉えることが出来なかったが、上がり3Fはメンバー最速の33秒6だった。兄同様にこれから良くなるような走りをしているので今回負けても来年の春頃は楽しみな1頭になっているかもね。

 クラリティスカイはいちょうSでレコード勝ち。そつのない競馬で直線でも余裕たっぷり。内から抜け出して来たように競馬が上手い。兄クラリティシチーもこの時期は走っていたように早いうちから活躍する血統かもしれない。

 ダノンプラチナはいちょうS3着馬ミッキーユニバースをまったく相手しない勝ち方だった。逃げ馬が前にいるのに鞍上の蛯名は左右を確認してから追い出す余裕。同日の古馬オープンキャピタルSとはコンマ7秒差。ディープインパクト産駒らしい大物感がある。近親にはマツリダゴッホやナリタトップロードいる血統だ。

 ネオルミエールはいちょうSでクラリティスカイに完敗だったが、良馬場で時計が出やすい馬場と言うことを考慮すれば終いの脚はしっかり使っていたし今回も期待出来る。半兄のフラムドグロワールはいちょうSを勝ってこのレースでは4着に。兄よりは決め手があるので着順では上に来そうな感じがする。


朝日杯フューチュリティSの登録馬

朝日杯フューチュリティSの登録馬


朝日杯フューチュリティS 過去28年の勝ち馬一覧

朝日杯フューチュリティS 過去28年の勝ち馬一覧


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

有馬記念の登録馬 豪華メンバーの陰に特別奨励金があった

 今年の有馬記念は豪華メンバーが登録してきた。昨年はファン投票1位のオルフェーブル、3位のゴールドシップが出走したものの10位まではこの2頭と寂しいメンバーだった。せっかくファン投票をして選出しても上位2頭だけでは何のためのファン投票なのか分からない。売り上げがなかなか伸びないJRAとしてもこのままではいけないと思ったのか、今年から特別奨励金を出すことになった。

 その条件とは「ファン投票 10 位以内馬(当該年度の、GⅠ競走第3着以内馬または平地の重賞競走優勝馬に限る)が有馬記念に出走したときに特別出走奨励金を交付する」というもの。この特別奨励金が効いたのか、今年はファン投票上位10位から6頭も登録してきた。また、ファン投票11位から20位までで7頭が登録してきた。今年はグランプリレースにふさわしいメンバーが集まったのでどんな楽しみ。


有馬記念 ファン投票上位20位と特別奨励金

有馬記念 ファン投票上位20位と特別奨励金


有馬記念の登録馬

有馬記念の登録馬


有馬記念 過去28年の勝ち馬一覧

有馬記念 過去28年の勝ち馬一覧


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

社台系馬主 キャロットファームが大躍進

 今年の馬主成績を見るとキャロットファームが社台レースホース、サンデーレーシングを押さえて堂々の1位に。このままの勢いで行けば、社台レースホースかサンデーレーシングが守っていた地位を奪取してしまいそう。

 そういえば今年は黄緑の勝負服の活躍が目立っていた。3歳馬では桜花賞馬ハープスター、弥生賞を勝ったトゥザワールド、富士Sを勝ったステファノス、古馬ではジャパンカップを勝ったエピファネイアや府中牝馬Sを勝ったディアデラマドレなどがいて重賞勝利数でもトップに。社台にとっては共同馬主のキャロットファームの躍進は嬉しいところだが、肝心の自分のところの成績が悪くては。

 また、今年はシルクの成績もいい。シルクも2歳馬の66%がノーザンファーム生産馬なので、来年はもっと走ってきそうです。社台RH、サンデーレーシングの勝負服ばかりが活躍する時代は終わりにさしかかってきたのかもしれない。


馬主ランキング 期間2014/01/01-12/07

馬主ランキング


馬主ランキング 期間2013/01/01-12/07

馬主ランキング


馬主 重賞ランキング 期間2014/01/01-12/07

馬主 重賞ランキング


馬主 重賞ランキング 期間2013/01/01-12/07

馬主 重賞ランキング


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

有馬記念の枠順が公開ドラフト制に

 今年の有馬記念の枠順はテレビ公開され、しかもドラフト制になるという。

【枠順決定方法】
枠順(馬番号)を選択する出走馬1頭を抽選により選定する。選定された出走馬の関係者が希望する枠順を選択する。これを繰り返して全ての枠順を決定いたします。出走馬の関係者が希望する枠順を選択するのは、JRA初の試みとなります。
有馬記念枠順決定の方法およびテレビ中継について(JRA)

 抽選を行うのはヤンキースの田中将大投手と元調教師の松山康久氏の両名。このふたりが順番にクジを引き、当たった出走馬の関係者が希望する枠順を選択する。当たった順に希望枠を選択するわけですが、中山芝2500mのスタート地点は外回りコースの3コーナー手前からなので外枠だと外を回されやすいので真ん中から内が早めに決まるでしょうね。

 ちなみに過去28年の馬番別成績を見ると16番は0勝、15番は1勝、14番は1勝と勝つには厳しい枠番。逆にいいのは3勝を上げている1番、4番、6番、7番、10番です。全体の成績を見ても真ん中よりも内目の方がいいですね。


有馬記念 過去28年の馬番別成績

有馬記念 過去28年の馬番別成績


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

ジャパンカップ考査 「牝馬黄金時代」

 ジャパンカップと言えば2004年にゼンノロブロイ(父サンデーサイレンス)が勝つまで同一種牡馬が勝ったことがないレースだった。しかし、ディープインパクトでサンデーサイレンス産駒が3勝目を上げるとスペシャルウィーク産駒、ディープインパクト産駒が1着入線している(2010年のブエナビスタは2着降着)。また、2000年以前は外国馬が強かったがここ10年は日本馬が圧倒的に強い。しかも、ここ5年は全て牝馬が1着入線している。そして、連覇が難しいこのレースをジェンティルドンナは連覇している。

 今年もジェンティルドンナは参戦しているし、昨年の2着馬デニムアンドルビーや、最強3歳牝馬ハープスターもいる。以前は牝馬が勝てないレースだったが、今はそういう時代ではなく強い馬は牡馬、牝馬関係なく強いということだろう。

 

ジャパンカップ 過去28年 勝ち馬血統一覧

ジャパンカップ 過去28年の勝ち馬血統一覧


ジャパンカップ 出馬表

ジャパンカップ 出馬表


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

ジャパンカップの登録馬 過去28年の配当と勝ち馬一覧

 今年のジャパンカップにはGⅠ馬10頭が顔を揃えた豪華なレースになりそうだ。凱旋門賞帰りのハープスターとジャスタウェイはアウェイで厳しい競馬を強いられたが今度は得意の東京競馬場でのレース。ジャスタウェイにとっては距離が長いかもしれないが、そこは国際レーティング1位の実力があるので軽視は禁物。ハープスターは凱旋門賞でもいい脚を使っているように自分の持ち味をどれだけ発揮できるか。この馬の強烈な末脚を見たいので当日は良馬場であってほしい。

 天皇賞秋組では初の重賞勝ちがGⅠという離れ業をやってのけたスピルバーグ、ジャパンカップ3連覇の偉業に挑むジェンティルドンナ、皐月賞馬イスラボニータ、菊花賞馬エピファネイア、天皇賞春を連覇したフェノーメノなど。

 スピルバーグは3歳時に共同通信杯でゴールドシップやディープブリランテと接戦を演じた。能力はあったが押せ押せのローテーションでダービーでは14着に惨敗。長い休養を挟んで4歳夏に連勝でオープン馬に。また、休養を挟んで5歳になってオープンのメイSを勝ち毎日王冠で差のない3着。そして、天皇賞を勝った。東京競馬場は10回走って掲示板を外したのはダービーの一回だけ。終いは必ず伸びるし、ゴール前で加速できるが強み。陣営が大事に育ててきた甲斐あって能力を発揮できる馬になった。体調がいい今ならGⅠ馬に恥じないレースをしてくれるだろう。

 ジャパンカップ3連覇の偉業に挑むジェンティルドンナは今年で引退が決定。鞍上は昨年のジャパンカップ、今年のドバイシーマクラシックで手綱を取ったムーア騎手。牝馬のわりに骨太のレースをする彼女には腕っ節の強い騎手があう。昨年と同じ天皇賞をたたいてのローテーションは好感が持てるし、天皇賞の走りをみると今回はもっと走れる予感がする。天皇賞では1人気に推されたイスラボニータ。安定度は抜群だが早めに先頭に立つと何かにやられるのが負けパターン。今回は手慣れた蛯名を鞍上に迎え、反撃態勢は整った。枠順では真ん中より内を引けばチャンスがある。エピファネイアは父も母も母父も東京を得意としていた馬。なのに、この馬はまだ勝ったことがない。菊花賞で見せたパフォーマンスがこの馬の実力だと思っているので、小細工せずにエピファネイアの競馬をしてほしい。

 今年のダービー馬ワンアンドオンリーは菊花賞でまさかの9着。敗因は外枠で前に壁を作れなかったことと距離の壁があったこと。内に入れて脚を溜めることが出来れば必ず伸びるし、ダービーで見せたように道中我慢できれば直線は追えば追うほど伸びてくれるので、今回の枠順に注目。


ジャパンカップの登録馬

ジャパンカップの登録馬


ジャパンカップ 過去28年の勝ち馬一覧

ジャパンカップ 過去28年の勝ち馬一覧


ジャパンカップ 過去28年の配当一覧

ジャパンカップ 過去28年の配当一覧


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

[COMPI]天皇賞秋の結果

 今年の天皇賞秋をコンピ指数で振り返ってみる。コンピ指数1位は3歳馬イスラボニータで84、2位はレイティング1位のジェンティルドンナで74、3位は天皇賞春を連覇したフェノーメノ。実績から考えればジェンティルドンナとフェノーメノが上だが、臨戦過程と東京巧者と言うことでイスラボニータが指数1位になった感じ。結果としては指数4位、5人気のスピルバーグが勝った。前半の1000mが59秒0、勝ちタイムは1分59秒7と平凡でどの馬にも勝つチャンスはあった。その証拠に、1着から16着のペールサまでは1秒差に収まる大混戦だった。勝ち馬は展開に恵まれ、2着、3着は自力があった。

 コンピ指数から言えば指数84のイスラボニータは馬券圏内になり、指数74で1位との指数差10のジェンティルドンナは2着に。指数82~90までは1人気の成績を上回る事からもイスラボニータを軸にするのは間違いなく、指数差10のジェンティルドンナも上位に来る可能性が高いので2番手評価というも正しかった。また、指数4位のスピルバーグを1着付けで買ったのも正しかったが、イスラボニータの3着付けを買わなかったのは失敗だった。指数84の成績は1着率>2着率>3着率なので2着まで買っておけばいいと思い、資金の節約をしたが、高確率で馬券に絡む馬は3着まで買っておいた方がいい。

 以下に過去7年分の天皇賞秋のコンピ指数を出してみた。これを見ると3年連続でA-B-Cで決まった。12頭立て以上の場合、指数1位(A)、指数2~3位(B)、指数4~8位(C)のそれぞれの勝ち馬の出現率は約30%。指数9~13位(D)は約8%、指数14位以下(E)は約1%。昨年、一昨年がC-A-B、2011年がC-B-C、2010年はA-C-B、2009年はC-A-D、2008年はA-B-B、2007年はB-C-Dとなった。指数が80を切ると指数1位の信頼度が下がる傾向があり、指数82以上であれば指数1位の信頼度が上がる。


天皇賞秋の結果

天皇賞秋の結果


過去8年の天皇賞秋コンピ指数

過去8年の天皇賞秋コンピ指数


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

天皇賞秋の登録馬 過去28年の配当と勝ち馬一覧

 秋の東京競馬で最初に行われるGⅠが天皇賞秋(芝2000m)。今年も豪華な顔ぶれが登録してきた。昨年の勝ち馬で国際レーティング1位のジャスタウェイは凱旋門賞に出走したのでここに登録はしていないが、2着のジェンティルドンナは登録してきた。ジェンティルドンナはクラブ(サンデーレーシング)の規定で来年の春には引退が決まっている。だから、この秋の2戦ないし3戦が国内最後のレースになるかもしれない。宝塚記念は9着と大敗したが東京競馬場は4戦3勝と相性が良いい。今回は鞍上にリーディングトップの戸崎圭太を迎えてどんな走りを見せてくれるか楽しみ。

 天皇賞春を連覇したフェノーメノは2年前の3歳時にこのレースに出走し1人気に支持され2着と好走した。東京競馬の成績は6戦3勝2着2回と相性もいい。このレースを勝てば天皇賞3勝となりテイエムオペラオーの最多勝に並ぶ。鞍上の蛯名正義は先週の菊花賞で悔しい2着だっただけに今回は気合いが入っている事でしょう。

 エピファネイアは今年に入ってまだ勝っていない。産経大阪杯では同期のキズナに完敗し、香港では見せ場はつくったが4着と負けた。父シンボリクリスエスは天皇賞秋を2勝しているし、母父スペシャルウィークもこのレースを勝っている。また、母シーザリオはオークスを勝っているように両親からは東京競馬場に強いDNAを受け継いでいる。菊花賞で見せた強いレースが出来ればこの馬が勝ってもおかしくない。

 3歳馬イスラボニータは菊花賞には出走せずに天皇賞秋に駒を進めてきた。東京競馬場は5戦4勝と相性が良く、また左回りは7戦5勝2着2回と連対率100%。今回は鞍上にルメールを迎えるのも心強い。ルメールは今年、騎手試験を受験し一次試験を合格した。自分へのお祝いにGⅠ勝利という美酒をもらいに行くかもしれない。


天皇賞秋の登録馬

天皇賞秋の登録馬


天皇賞秋 過去28年の勝ち馬一覧

天皇賞秋 過去28年の勝ち馬一覧


天皇賞 過去28年の配当一覧

天皇賞 過去28年の配当一覧


天皇賞秋 過去28年配当一覧 馬番・枠番・人気

天皇賞秋 過去28年配当一覧 馬番・枠番・人気


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

菊花賞の前売りオッズ「トーホウジャッカルに大量投票」

 菊花賞の前売りオッズが面白い事になっている。単勝1人気はトーホウジャッカルで1.6倍、2人気はワンアンドオンリーで5.8倍、3人気はトゥザワールドで13.4倍。複勝1人気はワンアンドオンリー、2人気はサウンズオブアース、3人気はトーホウジャッカルとなっていた。

 断然人気が予想されたワンアンドオンリーだったが、前売りオッズではトーホウジャッカルが1人気に。時系列オッズで見てみると16時20分頃トーホウジャッカルの単勝に約200万の大量投票があった。他ではワンアンドオンリーに20万、10万とあったが最終的にはトーホウジャッカルの単勝に約226万、ワンアンドオンリーの単勝に約63万、トゥザワールドの単勝に約27万の投票があった。明日の夕方にはオッズも落ち着くので大方の予想通りになると思う。

 こういうことは滅多にないのでオッズを掲載しておく。


菊花賞の前売りオッズ 単勝と複勝

菊花賞の前売りオッズ


菊花賞の前売りオッズ 時系列オッズ

菊花賞の時系列オッズ


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ