racing-book.net

Information

New Entry

日本ダービー 枠順で勝ち馬が分かる?

 過去31年のダービーの成績を集計してみたところはっきりとした傾向があるデータがあった。それは、枠順で勝ち馬が決まってしまうことでした。過去31年でみると1枠が8勝、2枠、3枠、7枠が5勝となっていました。今度は過去15年に期間を短くしてみると1枠が6勝、2枠が3勝、3枠と7枠が2勝と内枠有利がはっきりしてきました。

 東京競馬場は2002年の4回東京終了後に馬場改修に着手し、2003年の4月にリニューアルオープンした。過去の成績をみると2003年を境に内枠の馬が良く勝っていることが分かる。改修工事で馬場状態がいい状態でダービーを迎えられるようになり、また使用コースの使い方も内枠が有利になった原因かもしれない。NHKマイルカップ、オークス、ダービーの使用コースは以下の通りになっていました(A1コースが現在のAコースに該当)。これをみると2009年からはオークスの翌週に行われるダービーではCコースを使用していることが分かりました。先週(オークスの週)の傾向をみると内枠有利、先行馬有利の馬場だったので、雨が降って馬場状態が変化しない限りは同じ傾向になると思います。

 NHKマイルC→オークス→ダービー(使用コース)
 A→B→C 2009年~2017年
 A→C→C 2004年~2008年
 B→C→C 2003年
 A1→B→B 1998年~2002年
 A2→B→B 1996、1997年

 東京競馬場コース図:JRA


日本ダービー 過去31年と過去15年の枠番別成績

日本ダービー 過去31年と過去15年の枠番別成績


日本ダービー 過去31年と過去15年の馬番別成績

日本ダービー 過去31年と過去15年の馬番別成績


日本ダービー 過去31年の勝ち馬データ

日本ダービー 過去31年の勝ち馬データ


日本ダービーの出馬表

日本ダービーの出馬表


Output by TARGET frontier JV


 競馬ランキング 競馬ブログ

日本ダービー 皐月賞馬のダービー成績

 3冠馬になるためにはまずは皐月賞を勝たなければいけない。今年、3冠馬のチャンスを得たのは皐月賞を勝ったアルアイン。過去31年で皐月賞馬がダービーに挑戦したのは28回あった。そのうち皐月賞、ダービーを勝った馬は9頭いる。この9頭に共通するのは乗り替わりではないこと。皐月賞を勝った騎手がダービーも勝っているのが事実。最近では皐月賞で最速の上りで勝った馬がダービーも勝っている。今年の皐月賞馬アルアインの場合は先行抜け出しで上がりに関して言えば4番目の速さで上がっている。特に早いわけではないが遅くもないといったところか。皐月賞が前半が後半よりも早く、先行して抜け出しで勝った馬でダービーでは連を確保したのは2014年のイスラボニータ、2006年のメイショウサムソン、2004年のダイワメジャーなどでした。サンデーサイレンス産駒が走り出してからは後半に時計が掛かるスタミナ勝負から、後半は決めて勝負になるケースが増えています。
  

 

日本ダービー 過去31年で皐月賞馬のダービー成績

日本ダービー 過去35年の皐月賞馬の成績


日本ダービー 出馬表

2017年皐月賞の成績


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

日本ダービー 過去の配当と出目

 ダービーウィークは毎日が楽しいですね。今日は過去31年の配当と馬連が発売されるようになった1992年(過去25年)からの出目を出してみました。これをみると過去25年で馬連万馬券は5回、3桁配当は11回とやや固めの決着が多い。過去31年で1人気の勝率が51.6%と高いことからもあまり荒れないレースです。また、過去25年で1~3人気が揃って馬券に絡まなかった年はないです。ということは軸馬は1~3人気から選ぶのがいいです。
  

 

日本ダービー 過去31年の配当

日本ダービー 過去31年の配当


日本ダービー 過去25年の出目

日本ダービー 過去25年の出目


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

日本ダービー 過去31年の勝ち馬と騎手

 いよいよ今週末は日本ダービーが行われます。3歳馬の頂点を決めるレースに勝つのはどの馬か?また、勝利ジョッキはー誰になるのか?現役騎手でダービージョッキになったのは武豊、ミルコ・デムーロ、四位洋文、横山典弘、岩田康誠、川田将雅、池添謙一、内田博幸の8名。昨年のリーディングを取った戸崎圭太、先週のオークスを勝ったルメール、武豊と同期の蛯名正義、今年で18回目の挑戦になる福永祐一などは未だダービーを勝てていない。ダービーを勝つ馬というのはそれなりの実績があり伏兵が勝つのは難しいレースです。過去31年のデータを見ると3人気以内の馬は27勝、4人気以下が4勝、8人気以下は0勝と実力が伴った人気馬が勝っている。4人気以下の馬をみると、エイシンフラッシュは京成杯を勝ち、皐月賞では3着でありながらダービーでは7人気と伏兵扱いされての勝利。サニーブライアンは皐月賞を勝っていながらタイムも遅いことや逃げ馬という事から人気を下げての勝利。フサイチコンコルドは例外中の例外で新馬→オープンと2連勝でダービーを勝ってしまった。常識では考えられない奇跡の馬でした。メリーナイスは2歳G1を勝ったが、スプリングS9着、皐月賞7着から復活劇で勝利。振り返ればやっぱり強ったという馬がダービーを勝つ馬ではないでしょうか。

 

日本ダービーの登録馬

日本ダービーの登録馬


日本ダービー 過去31年の勝ち馬と騎手

日本ダービー 過去31年の勝ち馬と騎手


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

優駿牝馬(オークス) 過去の勝ち馬の血統は?

 オークスを予想する上で頭を悩ませるのが、距離適性ではないでしょうか。ほとんどの馬が芝2400mを走るわけでどの馬に適性があるかなんて走ってみなければわかりません。過去のレースをみると血統的に短距離向きとされていた馬が好走するケースも度々ありました。3歳戦ですので能力で走ってしまうことがあるようです。それでも、長い距離に適した能力を持っている馬を探すとなれば血統から考えるのがいいでしょう。過去25年の連対馬の血統をみると近年ではサンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系の配合がいいです。サンデーサイレンス系と言ってもいろいろありますが、適正としては父が距離2500m以上で勝っているのが理想です。今回の出走馬の血統を見るとハーツクライ、ディープインパクト、ステイゴールドの3頭は芝2500m以上で勝っています。これに母方がノーザンダンサー系というくくりで見てみるとフローレスマジック、ハローユニコーン、ブラックオニキス、アドマイヤミヤビ、カリビアンゴールドの5頭が該当します。過去の血統傾向からみると、この5頭の中から連対馬が出る可能性はあると思います。

オークス  過去25年の連対馬の血統

オークス 過去25年の連対馬の血統


オークス 出馬表(血統)

オークス 出馬表(血統)


Output by TARGET frontier JV

励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ
at 2017 5月20日, 07:57 | Category : | Comments [0] | Trackbacks [0]

優駿牝馬(オークス)の前売りオッズ 1人気はソウルスターリング、2人気はアドマイヤミヤビ

 オークスの前売りが始まりましたね。金曜日の22時32分現在で1人気はソウルスターリングで3.6倍、2人気はアドマイヤミヤビで3.8倍、3人気はリスグラシューで5.8倍とここまでが10倍以下。4人気レーヌミノル、5人気フローレスマジック、6人気モズカッチャンと続きます。桜花賞の時は同じような時間帯でみるとソウルスターリングが1.5倍で断然人気でした。桜花賞の結果と芝2400mという距離でオッズが割れている感じです。


オークスの前売りオッズ

オークスの前売りオッズ


Output by TARGET frontier JV

励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

優駿牝馬(オークス)データ 過去25年の勝ち馬の前走成績

 大きなレースを勝つにはその過程が大事です。本番から逆算してどのレースを使い、どのように仕上げていくかということを各陣営は考えプランを立てていきます。でも、G1に出走するためにはステップレースで権利を取るか、賞金を加算しなければなりません。どんなに、状態が良くても、これまで強いレースをしてきても必ず勝てるとは限らないのが競馬です。特に繊細な牝馬ですから状態良く送り出すことは難しいと思います。

 過去25年の勝ち馬の前走レースを見ると桜花賞が18勝、忘れな草賞が4勝、フローラSが2勝、チューリップ賞とスイートピーSが1勝ずつでした。レース間隔を見るとわかりますが、桜花賞と忘れな草賞は同じ週に行われるので、この2つのレースで22勝です。フローラSは中3週と間隔が詰まっているので、勝っているのは関東馬の2頭です。関西馬は短期間での輸送2回と言うのは厳しいということでしょうね。チューリップ賞はエアグルーヴ、スイートピーSは無敗のカワカミプリンセスなので例外と考えてもいいでしょう。となると勝つ条件としては前走が桜花賞か忘れな草賞に出走していること。フローラS出走馬では関東馬だけが狙い目になります。

 今年のオークス出走馬で前走が桜花賞だったのはソウルスターリング、ミスパンテール、レーヌミノル、リスグラシュー、アドマイヤミヤビの5頭。忘れな草賞はハローユニコーン、フローラSで関東馬はフローレスマジックです。ステップレースから考えるとこの7頭の中から勝ち馬が出ると思います。


オークス出走馬の前走

オークス出走馬の前走


オークス 過去25年の勝ち馬の前走成績

オークス 過去25年の勝ち馬の前走

*2010年は1着同着

Output by TARGET frontier JV

励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

第78回優駿牝馬(オークス)の枠順決定 過去25年の枠番別成績とラップタイム

 3歳牝馬の頂点を決める優駿牝馬(オークス)の枠順が決まりましたね。真ん中の枠がいいと言っていたルメール騎乗のソウルスターリングは1枠2番、桜花賞馬のレーヌミノルは7枠13番、その隣の14番に桜花賞2着のリスグラシュー、16番にアドマイヤミヤビが入りました。オークスが18頭立で行われるようになったのが1992年からなので過去25年で集計してみると、勝ち馬が出ていない馬番は1、8、11、12だけでした。もっとも勝ち馬を出しているのが3番の4勝でした。

 東京芝2400mはスタートがスタンド前で1コーナーまでが約350mあります。1コーナーまでの距離はありますが、各騎手がポジションを取りに行くので2ハロン目の平均は11秒08と全ラップの中で一番早いです。過去10年に絞ってみると10秒89と11秒を切っています。その後は12秒台に落ち着きますがスタート後の400mのポジション取りの攻防が激しいのでここで思い通りのポジションを取れないと最後の最後で泣くことになるのでしょうね。

 さて、今年のオークスで展開の鍵を握る逃げ馬はどの馬なのか。出走馬の中で逃げたことがあるのはレーヌミノルだけです。レーヌミノルは距離に不安があるので行くことはないと思います。となれば誰が行くのか?これまでのレースを見ると15番のヤマカツグレースか大外のマナローラか。外枠の馬は控える競馬になると外々を回されるので、思い切って逃げる可能性があると思う。どちらが行くにせよ、ベテラン騎手なのでペース配分は絶妙だと思う。良馬場が前提ですが、前半は61秒前後、後半は60秒前半でまとめるようだと前に行った馬が残る可能性があると思う。
 

 

オークスの出馬表

第78回オークスの出馬表


オークス 過去25年の馬番別成績

オークス 過去25年の馬番別成績


オークス 過去25年のラップタイム

オークス 過去25年のレースラップタイム


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

NHKマイルカップ回顧 アエロリットは強かった

 NHKマイルカップは東京競馬場でみてきました。勝ったアエロリットは抜群のスタートでそのまま行ってしまうぐらいの勢いでしたが、内のボンセルヴィーソがハナを主張してくれたお陰で控えることに。それでも引っ張りきりで直線は外からリエノテソーロが並びかけようとするところを再度加速して振り切ってしまった。勝ちタイム1分32秒3と早かったがそれ以上にアエロリットは強かった。桜花賞では後ろからの競馬で届かず。その時の横山典弘のコメントは「・・・うまく言葉にできないけど、まだまだ乙女なんだろう。それだけに変わり身は十分だし、これからが楽しみ。」ということは、短期間でガラッと変わったのかな?

 横山典弘は久々のG1勝利で相当嬉しかったんだろうね。何度もガッツポーズをしていたし、全身で嬉しさをあらわしていました。勝利騎手インタビューでもファンに対しての言葉があったりと。

 僕の本命馬プラチナヴォイスは残念ながら11着に負けちゃいました。スタートはまずまずに見えたけど、鞍上の石川裕紀人は押して位置を取りに行っていました。道中は好位でいい感じに進んでいたように見えましたが直線はさっぱり伸びなかった。パドックでは終始首を上下に振っていたので精神的にイライライしていたのかも。騎手も馬も頑張ったけど残念でした。今度、頑張ってもらいましょう。

 2着のリエノテソーロには吃驚しました。アネモネSの時に注目していたので馬券はヒモの1頭として買っていましたがここまで好走するとはね。直線では伸び脚に勢いがあっただけに吉田隼人も必死に追っていました。一瞬、追い詰めたかに見えましたが相手が更に伸びましたからね。この馬も十分強いです。馬主の了徳寺健二氏は新興馬主ですが、セリで馬をいっぱい買っているようなので今後は注目してみましょう。

 

NHKマイルカップの成績

NHKマイルカップの成績


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

皐月賞の前売りオッズ ファンディーナがダントツの1人気

 皐月賞の前売りオッズをみましたがファンディーナの人気は凄いですね。15日の午前0時36分現在で単勝1人気の2.2倍です。一時は1.8倍の人気でしたが、徐々に他の馬にも投票が入って2倍台に。最終的には3倍台がいいところかと。複勝では共同通信杯を勝ったスワーヴリチャードが1人気です。これまでのレースぶりと安定感を考えるとこちらが実質の1人気かと。

 単勝人気では人気順にカデナ、スワーヴリチャード、ウインブライト、レイデオロ、ペルシアンナイト、アルアイン、アウトライアーズ、サトノアレス。アウトライアーズを除くと全てが重賞勝ち馬です。重賞2勝馬はカデナだけで、重賞1勝馬が11頭もいるのですから混戦ですね。どの馬が勝ってもおかしくない状況なので時間が経つにつれてオッズは割れて来るでしょう。

 

皐月賞 出走馬とオッズ

皐月賞の出馬表とオッズ


皐月賞のオッズ

皐月賞のオッズ


皐月賞の馬別単勝・連勝シェアグラフ

皐月賞の馬別単勝・連勝シェアグラフ


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

皐月賞 ファンディーナの挑戦

 今年の皐月賞は牝馬のファンディーナが登録してきたことで面白くなりそう。TARGETで皐月賞に牝馬が出走したかどうかを調べてみた。すると、1991年にフラワーカップで2着になったダンスダンスダンスが挑戦して15人気で5着。2014年にフラワーカップを勝ったバウンスシャッセが挑戦して12人気で11着でした。ダンスダンスダンスのフラワーカップは同年のスプリングSよりもラップも勝ち時計も早かった。また、スプリングS組には先着したが、上位4頭は若葉S、弥生賞組だった。若葉Sも弥生賞も前半のペースはフラワーカップよりも遅かったが、結果は牡馬の力が一枚上だった。バウンスシャッセの場合は時計の裏付けもないのでこの惨敗は力不足だった。

 ファンディーナの場合、フラワーカップの勝ち時計はスプリングSよりもコンマ3秒遅い。ペースも遅く、上がりが速い流れだった。ただし、フラワーカップのファンディーナは持ったままで追わないでこの時計だったことを考えると追えばスプリングSより速い時計で走っていた可能性はあった。また、これまで3戦してすべて上がり3Fは最速。それでいて余裕があったのだから本気で走ったらどのぐらい強いのかと思わせる過去の走りだった。

 あの走りを見たファンは皐月賞馬の可能性もあると信じるのではないかな。今年は牝馬のレベルが高いのでファンディーナが皐月賞を勝つとダービーに登録してくる牝馬が増えるかもしれない。気になる鞍上は競馬ブックでは岩田康誠になっている。なにかとお騒がせの岩田康誠は2015年の桜花賞をレッツゴードンキで勝って以来、G1勝利から遠ざかっている。果たして2年ぶりの栄冠を手にすることが出来るか?

 

皐月賞の登録馬

皐月賞の登録馬


ファンディーナの戦歴

ファンディーナの戦歴


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ
at 2017 4月11日, 00:04 | Category : 登録馬 | Comments [0] | Trackbacks [0]

ダービー卿チャレンジT マイルの新星グレーターロンドンの走りに注目

 ダービー卿チャレンジTに出走予定のグレーターロンドンは現在5連勝中。500万下を連勝したあとは1000万、1600万、オープン特別とトントン拍子で勝ってきました。全部のレースをみましたが、終いの脚のキレが良い。東京の方が持ち味が生きるようにも見えますが、中山でも全く問題なく先行勢をなで斬りにしてしまってます。前走は重賞出走馬を子供扱いにしてしまいました。ペースが遅かったのでもう少し手こずるかと思ってみていました全く問題なくあっさり勝ってしまいました。外を回してビッシリ追われることなく伸びてきて上がり3F33秒3ですからね。全体的な時計は遅いけど他馬に比べると余裕があるだけに今回の走りが楽しみです。重賞初挑戦で56.5キロのハンディはちょっと見込まれましたが、それだけ力があるとハンディキャッパーがみているのでしょう。

 ダービー卿チャレンジTにはマルターズアポジーやキャンベルジュニアなど前に行けて強い馬が揃っています。マルターズアポジーは福島記念、小倉大賞典を逃げ切り勝ちしているように先手を取って勝てる競馬が出来ます。スタートが良くて2の脚が速いので無理なくハナを切れます。ちょっと掛かり気味でも逃げ切ってしまうので追いかけるほうが辛くなるようです。中山1600mでも逃げ切り勝ちがあるので今回も逃げるでしょう。キャンベルジュニアの前走は1000m通過が57秒7とやや早めの流れをガッチリ抑えての追走。直線向いて早めに抜け出すとそのまま押し切ってしまいました。これまでのレースを見ると上がりの早い競馬よりも上がりがかかるスピード競馬が合っているように思えます。前が早いペースで引っ張ってくれるとこの馬の持ち味が生きると思います。キャンベルジュニアは南半球生まれの外国産馬で馬主が吉田和美さん。吉田和美さんといえばモーリスの馬主です。また、南半球生まれといえばキンシャサノキセキも吉田和美さんの持ち馬でした。社台が連れてくるだけあって走る馬です。

 


ダービー卿チャレンジTの登録馬

ダービー卿チャレンジTの登録馬


グレーターロンドン

グレーターロンドン


マルターズアポジー

マルターズアポジー


キャンベルジュニア

キャンベルジュニア


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ
at 2017 3月28日, 22:02 | Category : 登録馬 | Comments [0] | Trackbacks [0]