Information

New Entry

エプソムカップ回顧 騎手の駆け引き

 エプソムカップはエイシンヒカリがサトノアラジンの追撃を振り切って重賞初勝利を飾った。スタートは横一線だったが内からゲシュタルトの木幡初広が押して前に行った。しかし、スピードの絶対値が違うエイシンヒカリが馬なりで先頭へ。フェスティヴタローの田中勝春は前走のように思い切ってハナに行くことはせず、相手の脚色をみながら控えることに。サトノアラジンのルメールは前走とは違い積極策に。相手はエイシンヒカリと決めての競馬になった。

 1000m通過が59秒2はこのクラスでは平均ペースかやや遅め。エイシンヒカリと武豊は4コーナーを回り直線を向いところまでは持ったままで残り400mで追い出す。すると前回のアイルランドTの時と同じように外に行きたがるがそこは武豊が上手にエスコート。エイシンヒカリは外に触れることを仮定してサトノアラジンのルメールは迷わず内ラチを選択して追い出して来る。残り200mで2頭は馬体を離した形で並んでいた。勢いではサトノアラジンに見えたが、エイシンヒカリは武豊の鞭に応えてしぶとく伸びて最後までサトノアラジンに抜かれることはなかった。

 後方にいたディサイファとフルーキーも伸びては来ているものの、内容としては完敗。自分でレースを作れる馬とレースの流れに合わせて競馬をする馬の違いが出たレースだった。逃げるのが分かっているだけに誰かが何かをしなければ逃げ切りを許してしまう。武豊は強い逃げ馬を手の内に入れたことで今後の活躍が楽しみ。このあとどこを使うかは厩舎・オーナー次第だが、秋は毎日王冠-天皇賞秋が有力でしょうね。

 サトノアラジンはもう一段ギアが上がるともっと強くなるでしょうね。素質馬が開花するのは秋以降になるのかな?


エプソムカップの結果

エプソムカップの結果


Output by TARGET frontier JV


 競馬ランキング 競馬ブログ

エプソムカップの予想 秋に楽しみな2頭

 サトノアラジンはデビュー前の前評判が高く、デビュー戦を鮮やかな勝利で飾ったことで今年のダービー馬はこの馬といわれたほどの馬。しかし、2戦目の東京スポーツ杯では1人気に推されたがイスラボニータの5着、ラジオNIKKEI賞でも1人気に推されたがワンアンドオンリーの3着、共同通信杯では2人気に推されてイスラボニータの3着と結果を残すことができずクラシックは棒に振った。その後、自己条件を連勝して菊花賞には出走出来たが6着に敗退。今年に入ってからは自己条件を2着のあと勝利し、前走のオープン特別モンゴルHでは鮮やかな差しきり勝ち。素質馬がようやく開花したような勝利だった。

 サトノアラジンの血統は父ディープインパクト、母父Storm Catなのでダービー馬キズナと同じ配合で、全姉ラキシスは産経大阪杯でキズナを競り負かした女傑でもある。鞍上はラキシスにも騎乗しているルメール。ルメールも秋には大きいところを取りに行きたいと思っていることだろうし、次につながるようなレースをしてくれるだろう。

 もう一頭は快足馬エイシンヒカリ新馬戦を除けばその後の6戦は全て逃げている。しかも、逃げた6戦中5戦で勝利。とにかく行きっぷりがよく後続を離して最後まで陰を踏ませないのがこの馬の戦い方。デビューは皐月賞の翌週と遅いデビューだったが未勝利からオープン特別まで一気の5連勝でオープン馬に。暮れのチャレンジカップでは9着に惨敗したが、前走の都大路Sではまたもや逃げ切り勝ち。勝ち続けていいるがまだ入れ込み癖があるように素質だけでここまで来てしまった感じがする。素直に折り合うようになったらどれだけ強いのかと思わせるのがこの馬だ。

 エイシンヒカリの血統はサトノアラジンと同じで父ディープインパクト、母父Storm Catという配合。同じ配合で脚質が真逆というのが面白い。鞍上は前走から手綱を取った武豊。武豊と快足馬と言えばサイレンススズカを思い出す。あの馬も3歳時は気性が荒く能力で勝っていたが古馬になってコントロールが効くようになってからスピードに磨きがかかった。エイシンヒカリにはサイレンススズカがダブって見えるので今回も逃げてくれるでしょう。あとはどれだけ気分良く行けるかだね。

 レースではこの2頭に注目しているがフルーキー、ディサイファにもチャンスはあるとみている。


エプソムカップの出馬表

エプソムカップの出馬表


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

安田記念の予想 本命はフィエロ

 今年の安田記念の出馬表を見るとサンデーサイレンス系が14頭もいることに驚くが、もう一つある事が多い事にも気が付いた。それは、年齢で出走馬を年齢別でみると4歳馬2頭、5歳馬が2頭、6歳馬10頭、7歳馬3頭となって、6歳馬が異常に多い。世代間の強さがどうのこうのというが、今年の古馬GⅠを振り返ってみるとフェブラリーS(コパノリッキー5歳)、高松宮記念(エアロヴェロシティ7歳)、天皇賞春(ゴールドシップ6歳)、ヴィクトリアマイル(ストレイトガール6歳)と芝に限っては6歳馬が強い事が分かる。じゃあ、昨年はどうかと言うことで調べて見たら5歳(現6歳)がやはり強いことが判明。世代間では6歳が最強世代と言ってもいいのでは。

 この6歳世代から本命に選んだのはフィエロ。登録段階では同馬主のフルーキーも出走予定していたが、直前で回避。馬主的にはフィエロの出来に自信があっての事だと思う。鞍上は前走からコンビを組んだ戸崎圭太。戸崎圭太-藤原英昭といえばヴィクトリアマイルをストレイトガールで勝ったコンビ。戸崎圭太にはモーリスというお手馬がいたが、フィエロを選んだと言うことはこちらに自信ありか?馬主からすれば社台オーナー系が、社台の大口顧客に鞍上を譲る形になった。重賞未勝利のフィエロがGⅠで初重賞制覇というのもありではないか。マイルに強い血統背景ということもありここはフィエロを狙ってみたい。

 相手は同じ6歳のヴァンセンヌとダイワマッジョーレ、GⅠ馬ダノンシャークあたりを本線に手広くという感じで。


安田記念の出馬表

安田記念の出馬表


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

安田記念の前売りオッズ モーリス2.8倍、フィエロ5.8倍

 金曜発売のある安田記念のオッズをみると1人気は現在3連勝中のモーリス、2人気はマイルCS2着のフィエロ、3人気は高松宮記念3着のミッキーアイル、4人気は海外G1 で活躍したリアルインパクト、5人気は現在連勝中のレッドアリオンとなっていた。

 時系列でみるとモーリスの単勝に約20万、複勝に15万が2回ほど。それほど大きな大量購入はないですね。昨日の雨で馬場状態が心配なところがあるので投票は控えている気配も。結構な雨が降ったので馬場状態は稍重でスタートでしょう。幸い午前中に芝のレースがないのでお天気次第では良に回復するのが早いかも。


安田記念の出馬表

安田記念の出馬表


安田記念の前売りオッズ

安田記念の前売りオッズ


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

日本ダービー考査 連対率100%の2頭

 今年の日本ダービーには連対率100%の馬が2頭出走する。一頭は皐月賞馬のドゥラメンテ、もう一頭は皐月賞2着のリアルスティール。対戦成績は1勝1敗の五分。皐月賞が終わった段階でこの2頭が抜けた存在だと言うことは分かる。果たして日本ダービーではどちらが勝つのか?それとも第3の馬が現れるのか?

 ドゥラメンテは共同通信杯で行きたがってしまい、鞍上が抑えるのに苦労するほど。それでいて直線ではしっかり伸びていた。皐月賞ではその辺りを考慮してゆっくり出して行って直線だけの競馬に。直線に入って仕掛けると外に飛んでいってしまったのには驚いたが、立て直してからの脚が凄かった。あっという間に先頭に立ったリアルスティールを差しきってしまい、ゴール前は流していたほど。これまで勝ったレースをみると勢いがついてからの脚は凄い。これまで5戦しているが上がり3ハロンは全てレース最速。距離が伸びても同じような脚が使えるかは分からないが、折り合って行ければこれまでと同じような凄い脚をみられると思う。

 リアルスティールは好位からスムーズな競馬で直線もしっかり伸びる優等生な競馬をする馬。皐月賞は完全に勝ちパターンだったが、ドゥラメンテの決め手に屈してしまった。テン良し、中良し、終い良しと文句の付け所がない。レース展開に左右されないところがこの馬の強みだけに安定感ではこちらが一枚上。ただ、こういう馬は決め手がもう一つなだけに何かにしてやられてしまうケースが多い。ディープインパクト×Storm Catと言えば2年前にダービー馬となったキズナと同じ配合。血統的には守備範囲だし、逃げ馬が頑張ってくれると前に行ける分だけこの馬にもチャンスがある。

 サトノクラウンは皐月賞で1人気に推された馬。東京スポーツ杯、弥生賞の勝ち方が良かっただけに期待されたが、皐月賞ではスタートがいまいちで後方から。直線では内から飛んできたドゥラメンテに煽られて態勢を崩すハプニングも。直線では伸びてはいるが勝ち馬とは脚色が違いすぎた。直線の長い東京競馬場に変わるのはプラスで鞍上のルメールも巻き返しを図るべく手を打って来るだろうからこのままでは終わらないと思う。ミュゼスルタンはNHKマイルカップで最速の上がりで走ったが前が止まらず3着に。スプリングSは久々と言うこともあり、反応が悪くて7着になったがこのときも上がり3ハロンは最速だった。良馬場のNHKマイルカップを最速の上がりで走った馬の中にはディープスカイやキングカメハメハといった日本ダービーを勝った馬もいるからこの馬にもチャンスはある。


ドゥラメンテの戦歴

ドゥラメンテの戦歴


リアルスティールの戦歴

リアルスティールの戦歴


日本ダービーの登録馬


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

オークス考査 血統傾向について

 オークスの出走馬が決まった。桜花賞組は13頭出走する。桜花賞で負けた人気馬は巻き返しを図るべく、短期放牧に出されリフレッシュして戻ってきた模様。トライアル組ではフローラSからシングウィズジョイ、ディアマイダーリン、マキシマムドパリの上位3頭。、スイートピーSからは2着のトーセンナチュラル、わすれな草賞からは勝ち馬のミッキークイーンなど桜花賞に間に合わなかった馬達が出走してきた。

 距離が桜花賞の1600mから800m延びた2400mになることで血統的にどうなのかといつも気になるところだが、3歳牝馬戦においては能力で距離を克服してしまうケースが多い。オークスに勝ったからと言ってその後もこの距離で活躍できるかだろうか?牝馬重賞はエリザベス女王杯の2200mが最長なのでこれ以上延びれば牡馬混合戦となる。牡馬と互角に戦える馬は滅多に出ることもなく、ジェンティルドンナやブエナビスタのような馬は滅多に出ることがない。

 直近3年の傾向ではサンデーサイレンス系が上位を独占、過去10年をみてもサンデーサイレンス系が強い事が分かる。ただ、今年の種牡馬成績をみるとキングカメハメハ(99勝)がディープインパクト(85勝)をおさえて1位になっている。しかし、芝限定になるとディープインパクトが1位(76勝)、キングカメハメハは2位(45勝)と逆転。芝+牝馬限定に絞り込むとディープインパクト(29勝)、キングカメハメハ(13勝)とやはりディープインパクトの方が強い結果となっている。しかし、桜花賞はレッツゴードンキ、皐月賞はドゥラメンテとキングカメハメハ産駒が圧倒的な強さで勝っている。

 キングカメハメハ産駒ではアパパネが勝っているし、キングカメハメハはダービーを勝っているので距離に問題はない。サンデーサイレンス系は距離の融通性があるのでこの距離でも問題ない。果たしてどちらが勝つか?


オークス 過去10年の結果

オークス 過去10年の成績


オークスの出走馬 血統一覧

オークスの出走馬 血統一覧


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

オークス考査 レッツゴードンキは逃げるか?

 先週、先々週と競馬場に行って競馬を生観戦してきた。先週はダービールームでの観戦だったので上から馬場状態が丸見えで、見た目には内目が芝がはげているが、ご存じの通り行った馬が残る競馬が多かった。芝ははげているが馬場は悪くないので行った馬、真ん中から内の馬が有利だった。今週のオークスは先週に引き続きBコースを使用、また週間天気では週末は晴れの予報なので同じように逃げ先行馬、内目の枠が有利となるだろう。

 桜花賞は逃げ切り勝ちしたレッツゴードンキは今回も逃げるのだろうか。陣営はNHKマイルカップとオークスの両睨みでいたが、岩田康誠のひと言でオークス行きを決定。岩田康誠は余程自信があるのだろう。桜花賞のレッツゴードンキの競馬をみれば分かるが、逃げても上がり3Fは33秒5の脚を使える。2400mに距離が伸びるが血統的には問題ない。前に行ける脚があるので枠順はどこでも大丈夫。真ん中から内目の枠だったら先手を取って行くでしょう。オークスで逃げ切りれば1991年のイソノルーブル以来となる。展開に左右されない馬だから逃げ切り勝ちを期待したい。


レッツゴードンキの戦歴

レッツゴードンキの戦歴


オークスの登録馬

オークスの登録馬


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

武豊に注目

 今週、皐月賞トライアルでもある若葉Sに良血馬ポルトドートウィユが武豊を鞍上に出走を予定している。父ディープインパクト、母ポルトフィーノ、母父クロフネ、母母エアグルーヴといずれも武豊が手綱を取っている。血統を見れば分かるとおり社台系のゆかりの血統で固められている。ポルトドートウィユは初戦は川田将雅、その後3戦は福永祐一、そして前走のきさらぎ賞で武豊が騎乗している。福永祐一にはリアルスティール、川田将雅にはベルーフかシャイニングレイがいるから、武豊に回ってきたとも言えるが他の騎手でも良かったのに武豊になった理由とは・・・・。

 武豊と社台の関係についてはいろいろと言われているがここに来て改善されつつあるようだ。それは数字にも表れていて、社台との関係が良好だった頃は社台レースホース、サンデーレーシング、キャロットファームの3馬主で毎年騎乗数の10%以上を占めていた。しかし、2011年に5.5%、2012年には4.4%にまで落ちてしまった。その後、徐々に回復してきて今年は7.8%まで上がってきた。社台系の比率が高くなるにつれ成績も上がってきている。直接関係しているかは分からないがひとつのモチベーションにはなるはず。有力馬を多く抱える社台系を良好な関係を保つのが大きなレースで勝つことにつながるし、少ないチャンスをものにすることで次のチャンスを手に入れる事が出来るから。

 武豊は常々「もっと技術を高めたい」と言っているように飽くなき向上心の人。今年はフェブラリーSを勝ちJRAのGⅠを69勝まで伸ばしたし、前人未踏の記録を伸ばし続ける彼だから勝負所では必ず何かをやってくれそうな気がする。

 


武豊 年度別成績(マーク数は社台系3馬主)

武豊 年度別成績


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ
at 2015 3月16日, 22:27 | Category : 武豊 | Comments [0] | Trackbacks [0]

東京新聞杯回顧 ヴァンセンヌが4連勝で初重賞制覇

 朝から降り出した雨で東京競馬場の芝コースは稍重に。9レース、10レースでは前に行った馬が残っていたので馬券の本命はマイネルメリエンダに。鞍上の柴田大知は上手く乗ったつもりだが馬の力も足りず7着に。芝は見た目よりも悪くないから、内にこだわってもいいのではと思ってしまった。

 勝ったヴァンセンヌは出遅れ気味のスタート、その後掛かり気味上がって行き、直線ではスルスル伸びてきあっという間に先頭に立ち、押し切ってしまった。これまでのレースをみると素質だけで勝っているいようなところがあり、今回も掛かっていたので駄目かと思ったら勝ってしまった。父ディープインパクト、母フラワーパークという良血がなせる技なのか。500万から4連勝で重賞制覇。ただ、時計が速くないのでスピード競馬になったときにどうなのか?むしろ、時計が速いほうがもっとレースが楽だったりして。順調であれば次はマイラーズカップから安田記念か。

 2着のアルフレードはGⅠ馬らしい底力を見せてくれた。昨年の暮れのオーロカップ辺りから終いがしっかり伸びるようになり、今回も終いしっかり伸びて2着を確保。3着フルーキーは内で詰まって追えたのはラスト100mぐらいか。岩田康誠らしい思い切った攻めの騎乗でなんとか3着確保。

 エキストラエンドは後方から最速の上がりで走ったがこの馬場では届かない。京都だったら走るのでマイラーズカップで巻き返しだね。


東京新聞杯の成績

東京新聞杯の成績


ヴァンセンヌの馬データ

ヴァンセンヌの馬データ


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

きさらぎ賞回顧 ルージュバックの将来性

 きさらぎ賞は牝馬ながら1人気に支持されたルージュバックが見事な勝利を収めた。良血のポルトドートウィユ、アッシュゴールド、レガッタなどを退けての勝利は将来のGⅠを約束されたも同然か。

 レースを見るとこれまでよりもスタートが良く、少しいきたがっていたが戸崎圭太が手綱を押さえるとスッと折り合い、勝負所の4コーナーでも反応が良く、直線は鞭を使わずに勝ってしまった。上がり3ハロンはそれほど早くないが周りのプレッシャーをはねのけての勝利はこの馬の強さを物語っている。レースの流れは1000m通過が61秒6のスローペース、レースの上がりは34秒9で勝ちタイムは1分48秒6だから平凡なタイムだが内容は凄いと思う。追えばもっと伸びたかもしれないがあえて鞭を使わなかったところに不安はあるが、距離は伸びた方が安定感はありそうな感じがした。これで、賞金を加算し使えるレースが選べるのは陣営にとって有利に。果たして次はどこを使うのだろうか。

 2着のポルトドートウィユは鞍上の武豊がしたたかな騎乗をしたがルージュバックを捉えることは出来なかった。あとは血統の良さを生かしてどこまで成長してくるか。サンデーレーシングの人気馬に武豊が騎乗した事はメモしておこう。アッシュゴールドはまだピリッとした脚が使えないね。パワーアップしているようだがこれからの馬なのかな。レガッタは2戦目で行きたがってしまった。しかも、武豊にしてやられたのでこの着順は仕方なし。素質はありそうなので出直しを期待したい。グリュイエールはシュタルケが上手く出して後方から、もう少し伸びそうな気配はあったが現状ではここまでか。

 ルージュバックが勝ったことでベルーフの評価が一段アップに。牡馬クラシック戦線はまだ混沌としているので本番まで分からないと思う。


きさらぎ賞の成績

きさらぎ賞の成績


ルージュバックの馬データ

ルージュバックの馬データ


Output by TARGET frontier JV


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

今年の馬券の買い方

 昨年は20万の配当を狙いましたが、結果としては7万3000円が最高配当でした。惜しいのは何回もあったのですが、当たらなければ意味がないですね。今年も狙いは20万超馬券ですが、狙い方としてはヒットの延長がホームランというかたちで行きたいと思います。大きいところを狙うのはいいのですが、当たらないことが多いと予想がぶれやすくなりましからね。

 買い方は全て3連単で、狙うレースは昨年と同じ情報が多い重賞のみ(障害は除く)。今年の重賞カレンダーをみると芝・ダートの重賞は全部で126レース。全ての重賞を買った(1レース2000円)として全部で25万2000円の投資。

 買い方は1×2×10=20点。組み合わせは(1着×2着×3着)は1×2×10、1×10×2、2×1×10、2×10×1、10×2×1、10×1×2の6パターンと1×4×6、1×3×8、1×5×5という組み合わせまで。対象レースは芝・ダートで12頭立て以上。

 今年は極力全レース買う予定ではいますが、予想が出来ないときは回避します。ブログへのアップは時間が許すかぎりおこなっていきたいと思います。

 ちなみに中山金杯と京都金杯は今年も外れました。中山金杯はラブリーデイ×その他5頭×デウスウルト、マイネルフロストの2・3着マルチでロゴタイプが抜けました。京都金杯はマイネルメリエンダ×シェルビー・フルーキー×その他5頭の2・3着マルチで外れました。

 昨年の配当データを調べてみると重賞では帯封は6回(一昨年は3回)出現しました。これを50万超は11回(一昨年は8回)出現。20万超は31回(一昨年は19回)出現しました。一昨年に比べると荒れているのが分かりますので、チャンスは必ずあるのできっと当たると思います(^_^;)


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

あけましておめでとうございます。

 RACING BOOKも今年で18年目に突入です。毎年言っていますが目標は帯封を獲ることです。3連単が発売になって万馬券は取りやすくなりましたが、なかなか大きいのが取れません。今年こそ大きいのを取りたいと思います。

 昨年の有馬記念でジェンティルドンナ、ジャスタウェイ、メイショウマンボ、トーセンラーなどが引退した。古馬中距離路線はキズナ、エピファネイア、シスタボニータなどが中心となりそうです。牝馬ではハープスター、ヌーボレコルト、ラキシスですね。3歳馬牡馬はシャイニングレイ、ベルラップ、ポルトドートウィユ、ダノンプラチナなどまだこれと言った馬が出てきていないので、主役が入れ替わりそう。牝馬はショウナンアデラが一歩抜け出した感じかな。

 過去のデータから未来を導き出すのは難しい。時代は常に変化をしているので、その変化に気付きいつでも対応できるようにしたいですね。

 今年もRACING BOOKをよろしくお願いします。


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ