Information

New Entry

皐月賞の登録馬 過去28年の勝ち馬一覧

 今年の皐月賞の登録馬は19頭と少なく、バンドワゴンが回避することで全ての登録馬が出走可能になった。桜花賞のハープスターのような絶対的な存在がいないので混戦模様になっている。

 有力馬を見てみると弥生賞の勝ち馬トゥザワールドは5戦4勝2着1回。新馬戦ではバンドワゴンに負けているがその後は負け知らず。勝ち方に派手さはないが終いは確実に伸びてくる。黄菊賞をレコードタイムで勝っているように時計勝負になっても大丈夫。ハープスターで一冠を取った川田将雅がニ冠に挑む。共同通信杯の勝ち馬イスラボニータも5戦4勝2着1回。負けた相手が桜花賞馬ハープスター。こちらも東京スポーツ杯をレコードタイムで勝っているように速い時計には対応できる。実績が左回りだけというのが気になるところだが、展開はこの馬向きになると思う。3歳チャンピオンのアジアエクスプレスはスプリングSで2着に負けたが不安視されていた距離に関しては問題がなさそう。馬格があるので力がいる馬場も大丈夫。トーセンスターダムは3戦3勝の無敗馬。きさらぎ賞でバンドワゴンを破ったのは評価できるが京都コースしか走っておらず、直線の坂がどうでるか。

 過去28年で無敗の皐月賞馬は4頭いた。トウカイテイオー、ミホノブルボン、アグネスタキオン、そしてディープインパクト。どの馬も歴史的名馬だ。今年、その偉業に挑めるのはトーセンスターダムただ一頭。その鞍上には数々の金字塔を打ち立ててきた武豊。狙いはダービーにあると思うが、ここを勝つようだと三冠が見えてくる。

 皐月賞は速い馬が勝つといわれるレース。先週の中山は芝を刈り込んで速い時計が出ていた。週末まで天候が続けば高速決着になる。逃げ馬不在で速い時計は出にくいかもしれないが、一瞬の速い足が使える馬が有利だと思う。


皐月賞の登録馬

皐月賞の登録馬



続きを読む
 競馬ランキング 競馬ブログ

ドバイシーマクラシック ジェンティルドンナは凄い馬だ

 ドバイシーマクラシックのジェンティルドンナは強かった。直線で詰まった時は万事休すかと思われたが、ムーアがやや強引に外に出してからの伸び脚は凄い。不利がなければもっと楽に勝っていたでしょうね。このレースもドバイデューティフリーも共通するのは逃げ馬が日本馬だった。

 スタートがよすぎたにせよデニムアンドルビーが逃げるとは思わなかった。スタート後は横一線だったが、コーナーの入り口で押し出されるようにハナへ。押さえて控えることも出来たと思うけど、それをしなかった。浜中が絶妙なペースで逃げたからジェンティルドンナもレースがしやすかったのでは。直線では手応えがよすぎて突っ込んでしまったが、そこから下げてまた伸びてと凄い競馬を見せてくれた。着差以上に強いとはこのことだね。

 期待していたけど、ドバイで2頭が勝つとは凄い。今度は欧州のビッグタイトルを取ってほしいね。


2014 ドバイシーマクラシック


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

ドバイデューティフリー ジャスタウェイが痺れるような勝ち方をした

 ドバイデューティフリーはジャスタウェイの強さが光ったレースでしたね。トウケイヒーローが引っ張る展開で、後方からの競馬。直線に向いたところで外にだし、残り400mで先頭集団に並びかけ、残り300mで完全に抜け出し、最後は画面から2着馬が見えなくなるほど離して勝った。2着ウェルキンゲトリクスに6 1/4馬身差をつけての快勝。しかも、タイムはレコードの1分45秒52。直線で後続をどんどん引き離していく姿に思わず鳥肌が立ってしまった。

 ジャスタウェイがこれほどの強さを発揮した陰には武豊の絶妙な逃げがあった。好スタート切ったトウケイヒーローは後続を引きつけながらペースを落とすことなくレースを進めた。ハイペースだと縦長になるはずが、あれほど団子になっていたのは武豊が上手い逃げ騎乗をしたからでしょうね。福永祐一にとっては武豊がいい流れを作ってくれたのでレースはしやすかったはずで、直線で勝利を確信したことでしょう。海外で日本馬が強い競馬をしてくれるとホント嬉しいね。


2014 ドバイデューティフリー


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

高松宮記念考査

 高松宮記念はクラシック路線と違い社台としてはそれほど力を入れてこない。というのもクラシックやグランプリと比べて格が落ちるのでここは個人馬主に譲ってあげるという方向性だと思っている。全てのGⅠを根こそぎ持って行くのはよくないからね。しかし、種牡馬に関しては社台系の底力というべきか強さを見せている。実績としては過去10年で9勝という強さだ。この強さに逆らうことはないので狙いは社台系種牡馬ということになる。

 高松宮記念の勝ち馬の血統をみると過去10年で9頭に、母系にノーザンダンサー系の血が入っている。電撃の6F戦では大種牡馬のノーザンダンサーの底力が要求されるのかもしれない。社台系+ノーザンダンサー系で当てはめてみるとコパノリチャード、サンカルロ、シルクフォーチュン、ストレイトガール、レッドオーヴァルが該当する。

 高松宮記念は上位馬総崩れということはない。スピード競馬は紛れが少ないので実力のある好調馬が上位にくる。だから、素直に上位馬の中に社台系+ノーザンダンサー系がいたら軸にすればいい。また、出馬表が決まっていないが狙いとしてはストレイトガールを軸にすればいいと思っている。鞍上の岩田康誠は短距離GⅠ3連勝中なのでここを勝てば4連勝となる。また、現在短距離GⅠを4勝している武豊、藤田伸二に並ぶ。記録という面では安田隆行調教師はカレンチャンとロードカナロアで距離GⅠ5連勝中、ここを勝つと6連勝になる。今回はレッドオーヴァルでその記録に挑む。


高松宮記念 過去17年の勝ち馬の血統一覧

高松宮記念 過去17年の勝ち馬の血統一覧


高松宮記念 出走馬の血統一覧

高松宮記念 出走馬の血統一覧


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

2つの皐月賞トライアル 社台系に注意

 今週は2つの皐月賞トライアル、スプリングSと若葉Sが行われる。スプリングSは1~3着まで、若葉Sは1~2着馬に優先出走権が与えられる。クラシックは一生に一度ですからここで権利を取って本番へ。しかし、ここを全力で仕上げて権利を取った馬は本番では構想できない。余裕を持って権利を取ることが本番での好走の条件。

 2つのトライアルの登録馬を見て賞金的余裕があるのはウインフルブルームとアジアエクスプレスの2頭だけ。あとの馬は権利を取りに来ている。また、ここで勝てば賞金を加算してダービーへの出走も可能になる。皐月賞に出走しなくてもダービーが目標であればここは全力で来ていい。

 皐月賞にはすでにきさらぎ賞を勝ったトーセンスターダム、共同通信杯を勝ったイスラボニータ、弥生賞を勝ったトゥザワールドという有力馬がいる。この3頭は全て社台生産馬なので社台にとってはどの馬が勝ってもいい。特にトーセンスターダムは皐月賞を勝てばダービーも見えてくる。社台にとっては3冠馬ディープインパクト産駒で3冠を取るというのが目先の目標であるはず。となれば、トライアルでも社台系が権利をとって社台包囲網を広げるのが理想。スプリングSはベルキャニオン、ロサギガンティア、ミッキーデータ、ネオヴァロン、ダノンアンビシャス。若葉Sはサウンズオブアース、アドマイヤデウス、ダブル登録のダノンアンビシャス、アドマイヤヤングに注目している。

 桜花賞はハープスター、フォーエバーモア、レッドリヴェール、マジックタイム、マーブルカテドラルと社台系で上位は占められているので、皐月賞も狙ってくるはずです。昨年がだめだっただけに今年はやるはずです。


スプリングSの登録馬

スプリングSの登録馬


若葉Sの登録馬

若葉Sの登録馬


3歳牡馬クラス別レース一覧


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

横山典弘の気まぐれ騎乗

 中山記念のジャスタウェイ、オーシャンSのスマートオリオン、弥生賞のワンアンドオンリーなどは横山典弘の手腕で勝ち負けしてきたが、先週はさっぱりでした。分かっている人は多いと思っていますが、横山典弘はリズムが悪いときはやる気のない騎乗をする。先行馬で出遅れてついて行こうとせず最高後方から最後追った感じで惨敗とか、差し馬を前に行かせてなし崩しに脚を使って惨敗とか。

 東風Sのケイアイチョウサンは後方からの競馬で最後は追った風で10着。手応えから届かないと感じたとしてももっとビッシリ追ってほしかった。中山牝馬Sでは先行馬のノボリディアーナでは先行馬で出遅れ。無理をせずに差しに徹するとしても後ろ過ぎでしょう。もう少し馬群について行けば着順は上に来たかも。

 気まぐれなのは騎乗だけではなくて、騎乗が終わった後のコメントがあったりなかったり。特に負けたときはコメントしないですね。他の騎手はコメントしているのに横山典弘はコメントが圧倒的に少ない。1人気のケイアイチョウサンが惨敗したのにコメントしたのは調教師。どういう理由があるにせよコメントをしないというのは騎手としてどうなのだろう。いいわけが嫌いなのであればそういう騎乗をしてほしいね。コメントをしないというのは記者も聞きづらいのかもね。藤沢師との確執も横山典弘の行動・言動に問題があるようだし、負けたときは雰囲気が悪いのかもね。でも、若手騎手の模範となるようなベテラン騎手なのだから全ての態度を改めてほしい。



励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

JRA-VAN POG'13 ベルキャニオンとトレクァルティスタがスプリングSに登録

 JRA-VAN POG'13ですが、ランキングは3000位前半。牝馬はハープスターが頑張ってくれていますが、いかんせんこの一頭だけ。牡馬は重賞未勝利。今週のスプリングSにはベルキャニオンとトレクァルティスタが登録。特にベルキャニオンは有力視されていますが、中山よりも東京向きの感じなのでどうだろうか。権利を取るというよりもここは勝って賞金を加算してほしい。また、エルノルテがファルコンSに登録していますが、収得賞金400万で抽選の狭き門。出られる確率が少ないだけに自己条件に回ってほしいところ。

 残念なのがカノーロが登録抹消に。小さい馬が休養しても大きくならないから仕方がないですね。良血なので繁殖で頑張ってほしいです。


JRA-VAN POG'13 指名馬一覧

pog20140319.PNG


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ
at 2014 3月19日, 17:53 | Category : POG | Comments [0] | Trackbacks [0]

今年の重賞は社台の年に

 皐月賞、桜花賞のトライアルが始まったが、ほぼ主役は決まった感じに。皐月賞はきさらぎ賞を勝ったトーセンスターダム、共同通信杯を勝ったイスラボニータ、そして先週の弥生賞を勝ったトゥザワールド。桜花賞はチューリップ賞を勝ったハープスターでほぼ決まり。昨年は皐月賞こそロゴタイプで取ったが、桜花賞、オークス、ダービーは他に持って行かれた。桜花賞を勝ったアユサンやダービーを勝ったキズナはディープインパクト産駒だが他の生産馬だった。今年は社台系生産者が送り出した産駒がクラシックを持って行きそう。それだけ、今年のメンツは揃っている。

 皐月賞はまだ2つのトライアルレース(スプリングSと若葉S)がある。ここで、とんでもない大物が出てこない限りは前出の3頭でほぼ決まりでしょう。また、ダービーですが皐月賞の結果に関わらずトーセンスターダムが最有力候補だと思っています。新馬戦で武豊が手綱を取り勝利したところからダービーを目標に逆算してレースを使って来ています。これまでひとつの取りこぼしもなく賞金を加算し、レースでの消耗も少ない。トーセンの島川氏も皐月賞よりはダービーを取りたいという思いが強いはずです。ダービーを勝つ為にはどうしたらいいのか、ベテランの武豊はよく分かっているはずなので馬が順調であれば間違いなく勝負になるでしょうね。

 桜花賞はハープスターで決まりというのは誰の目から見ても明らか。チューリップ賞では直線の追い切りがよくないとかいろいろ書かれていましたが結果が全てですから。トライアルといっても手綱をとった川田将雅にとっては負けられないレース。阪神JFでは下手な騎乗でハープスターの成績に傷を付けてしまいましたからね。今回は焦らずに後方から外を回しての勝利。直線は鞭を使うことなく上がり3Fは33秒7の豪脚を披露。本番に向けての試走としては最高ではないでしょうか。これで、川田将雅も自信を持って桜花賞に挑めるはず。凱旋門賞に登録したということはこれからの全てのレースは勝たなければいけない。それだけの素質があると周りが認めたから凱旋門賞に登録したわけですから、素直にこの馬の強さを信じてみたい。

 古馬戦線はこれからですが、安田記念はジャスタウェイとトーセンラーの対決が見てみたいですね。


重賞勝ち馬一覧

重賞勝ち馬一覧


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ
at 2014 3月12日, 19:13 | Category : 雑感 | Comments [0] | Trackbacks [0]

オーシャンSの予想「ハクサンムーンに先着する馬は?」

 短距離路線は王者ロードカナロアが引退したことでトップの座は空席のまま。スプリンターズS2着のハクサンムーンが実績では一番近いところにいるが、元気な牝馬が何頭かいるのでうかうかしていられない。ロードカナロア同様に本番で結果を出すことが大事。ここは、本番前のひとたたきということで無事に回ってくればいい。まあ、無理をしなくてもスピードがあるし実力的には勝ち負け出来る。

 逃げるのはアンバルブライベンかハクサンムーンか。スピードではハクサンムーンだが、内を引いたアンバルブライベンが競り掛けるかも。鞍上の酒井騎手も内を見ながらの競馬になる可能性はある。本番前に控える競馬も考えの中にあるとしたら・・・。

 ハクサンムーンに先着をするとしたら、まずはスマートオリオン。連闘でこのレースに挑んできたということは調子のいい証拠。しかも、鞍上に横山典弘騎手を配してきた。相手が一挙に強化するが、鞍上の手腕に期待したい。レオンビスティーはただいまリーディングトレーナーの矢作芳人厩舎の管理馬。矢作芳人師は使うレース選びが上手く、こまめに使いながら勝ち星を伸ばしている。このレースもハクサンムーンの本気度を考えるとチャンスありと見ての登録のはず。鞍上に乗れている田辺騎手を持ってきたのもその証拠。調教は相変わらず動いているし、チャンスはあるはず。アースソニックは徐々に力を付けてきた。前走はスタートがいまいちで押っつけての逃げだったのでバテたのは仕方がない。今回は逃げ先行馬が内に揃っているので、それを見ながらの競馬が出来る。鞍上の三浦皇成騎手もここで結果を出せば中竹厩舎や前田オーナーの信頼を得ることが出来る。ここは力が入るはず。

 馬券は1着にスマートオリオン、レオンビスティー、アースソニック。2着にハクサンムーン。3着に○の3頭と△4頭の合計18点で。


オーシャンSの出馬表

オーシャンSの出馬表


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

【お知らせ】TARGET Club 移転のお知らせ

 競馬データベースソフト『TARGET frontier JV』を使う人のためのコミュニティ『TARGET Club』移転のお知らせです。

 ご存じかと思いますが、2014年5月28日(水)午後3時をもちまして、Yahoo!グループのサービスが終了いたします。
サービス終了に伴い、2014年4月16日(水)午後3時よりページ上での閲覧を除くすべての機能が停止となっております。

つきましては2014年2月よりGoogleグループにて『target-club』を継続していきます。
Googleグループへの参加は下記アドレスより手続きをお願いします。

target-club - Google グループ

投稿についてですが、2014年2月よりGoogleグループにてお願いします。2014年4月16日までYahoo!グループへの投稿は可能ですが、
出来る限りGoogleグループへの投稿をお願いします。

励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

騎手エージェント(騎乗依頼仲介者)の色分けを更新しました VOL.10

 前回の[RBN] 騎手エージェント(騎乗依頼仲介者)の色分けを更新しました VOL.9からそろそろ1年が経つので更新しました。

 [RBN] 騎手エージェント(騎乗依頼仲介者)の色分けを更新しました VOL.9から変更があったのは藤岡康太(エージェントなし→安里真一)、北村宏司(松澤昭夫→松本浩志)、松岡正海(エージェントなし→黒津紳一)、杉原誠人(永楽裕樹→松本浩志)、他数名。安里真一は前(VOL.8)に藤岡康太のエージェントを務めていたこともあったので元に戻ったということでしょう。北村宏司と杉原誠人が同じエージェントの松本浩志で、他に後藤浩輝、田中勝春がいる。松岡正海は黒津紳一がエージェントついた。黒津紳一は他に吉田豊、勝浦正樹、高嶋活士などのエージェントも勤める。他では多くの地方騎手がエージェントと契約しているのでローカルでの騎乗数が多くなる可能性がある。

 昨年のリーディング上位のエージェントを見てみると、福永祐一と岩田康誠がブックの小原靖博、川田将雅がブックの井上政行、内田博幸と戸崎圭太が中村剛、浜中俊が豊沢信夫などで競馬ブックラインが強い。関西だけで見ると元ホースニュース馬の橋本貞男がエージェント勤めるを幸英明、北村友一、菱田裕二の成績がいい。3人合わせて167勝もしている。そして、昨年リーディング8位になった武豊のエージェントが元ホースニュース馬の平林雅芳なのでここのラインは気になるところ。

 今年これまでの騎手成績を見てみると藤田伸二以外(日本人のみ)は全てエージェントと契約をしている。馬集めをしてくれるエージェントを活用するのが今の時代なんでしょうね。藤田伸二は自身の著書『騎手の一分』でエージェントについて書かれているようだが、以前は藤田自身もエージェントを付けていたおかげで関東や北海道での騎乗が多かったのは事実。腕はあるのでもっと騎乗数が増えれば頼りになる男なんだけどね。


続きを読む
励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ

JRA-VAN POG'13 カノーロとローハイドが重賞に挑戦

 ここのところ成績が上がらないPOGですが、今週は3頭が出走するので楽しみです。土曜日のクイーンカップにはカノーロが出走。久々の出走が重賞なので荷が重いですが、可能性はあると思っているので応援します。このレースは阪神JFで3着に入ったフォーエバーモア、6着に入ったマジックタイムも出走。ハープスターの強さが分かっているだけにこの2頭は相当強い。その次が阪神JFで5着に入ったマーブルカテドラルが勝ったアルテミスSで4着のサクラパリュールと5着のセレナビアンカ。この4頭を物差しとしてどれだけの走りが出来るかですね。カノーロはデビュー時の馬体重が416キロなのでこの放牧期間中にどれだけ成長したか気になるところ。無事に走って賞金を加算してくれるといいのですが。

 ローハイドは共同通信杯に出走。こちらはもっとハードルが高いです。東京スポーツ杯の勝ち馬イスラボニータ、ラジオNIKKEI杯2歳Sで3着のサトノアラジン、朝日杯FSで6着のショウナンワダチなど。他にもガリバルディやピオネロなどがいますからね。でも、小頭数なのでチャンスはあると思っています。逃げ馬不在で行くのはシングンジョーカーかマイネルフロストなのでペースは速くならない。上がりの勝負に持ち込めばチャンスはあるはず。調教で遅れをとっていましたが相手はレーヴデトワールでしたから。

 もう一頭未勝利のアルマミーアが土曜日の小倉1レースに出走。ダートの1700m戦で鞍上は中館英二。初戦は途中で走る気がなくなったようですが、今回は外枠なのでスムーズな競馬が出来ると思う。適正は分かりませんが、無事に走って賞金を加算してくれると嬉しいです。

 春菜賞に出走予定だったエルノルテは再度の東上を嫌って一度放牧へ。次走はファルコンSの予定だそうです。


JRA-VAN POG'13 指名馬一覧

pog20140214a.PNG


励みになりますのでクリックをお願いいたします。 競馬ランキング 競馬ブログ
at 2014 2月14日, 13:41 | Category : POG | Comments [0] | Trackbacks [0]