racing-book.net


2014年3月19日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


2つの皐月賞トライアル 社台系に注意

 今週は2つの皐月賞トライアル、スプリングSと若葉Sが行われる。スプリングSは1~3着まで、若葉Sは1~2着馬に優先出走権が与えられる。クラシックは一生に一度ですからここで権利を取って本番へ。しかし、ここを全力で仕上げて権利を取った馬は本番では構想できない。余裕を持って権利を取ることが本番での好走の条件。

 2つのトライアルの登録馬を見て賞金的余裕があるのはウインフルブルームとアジアエクスプレスの2頭だけ。あとの馬は権利を取りに来ている。また、ここで勝てば賞金を加算してダービーへの出走も可能になる。皐月賞に出走しなくてもダービーが目標であればここは全力で来ていい。

 皐月賞にはすでにきさらぎ賞を勝ったトーセンスターダム、共同通信杯を勝ったイスラボニータ、弥生賞を勝ったトゥザワールドという有力馬がいる。この3頭は全て社台生産馬なので社台にとってはどの馬が勝ってもいい。特にトーセンスターダムは皐月賞を勝てばダービーも見えてくる。社台にとっては3冠馬ディープインパクト産駒で3冠を取るというのが目先の目標であるはず。となれば、トライアルでも社台系が権利をとって社台包囲網を広げるのが理想。スプリングSはベルキャニオン、ロサギガンティア、ミッキーデータ、ネオヴァロン、ダノンアンビシャス。若葉Sはサウンズオブアース、アドマイヤデウス、ダブル登録のダノンアンビシャス、アドマイヤヤングに注目している。

 桜花賞はハープスター、フォーエバーモア、レッドリヴェール、マジックタイム、マーブルカテドラルと社台系で上位は占められているので、皐月賞も狙ってくるはずです。昨年がだめだっただけに今年はやるはずです。


スプリングSの登録馬

スプリングSの登録馬


若葉Sの登録馬

若葉Sの登録馬


3歳牡馬クラス別レース一覧






Posted by nobita at 2014年3月19日 18:59 | Category : レース路線図




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ