racing-book.net


2008年6月 1日

サイト移転のお知らせ

 独自ドメインを取得して約15年と3ヶ月続けてきましたこのブログを引っ越すことにしました。新しいサイトは以下のアドレスになります。

http://racing-book.net/

 新しいサイトでも楽しんでいただけるような中身のあるサイトにしたいと思っております。今後もよろしくお願いします。


名古屋城S・他ダートレースの見解とTARGET新聞

 土曜日は予想をアップする暇がなかったけど、結果的に迷惑を掛けなくて済んだので良かったかも。先週が良かったので今週はいつもの1着-3着病です。取れる馬券を外している時はよこしまな考えが割り込んで来たときなんですよね。日曜日は土曜日の反省を生かした予想をしたので大丈夫かと。

 ではいつものようにダート予想を。まずは名古屋城Sですが、準オープンのハンディ戦です。トップハンディはシルクウィザードとアグネスネクタルの±0。ハンディ戦でトップハンディがプラスハンディでないときは信頼度が落ちると思っているのでここはビッグカポネを軸にしました。前走は昇級戦でしたが、先行馬には苦しい展開。ビッグカポネは逃げるフリートアドミラルと外から来たピサノフィリップに挟まれる形で引くに引けない展開。それでも、逃げたフリートアドミラルには先着しているし力があるところはみせた。今回は行ければ行くだろうし、外枠なので無理をしないで2番手でもOK。相手はシルクウィザードとドリーミーペガサス。この3頭でほぼ決まりかと思っていますが、ビッグカポネがちぎってしまったときはサンライズボンバーとアクセルホッパーのどちらかが飛んでくるような気がしています。

 ダービーと目黒記念の間に挟まれたのが1000万条件の富嶽賞。フラムドパシオンが2年ぶりの出走となりますが果たしてどういう競馬をするのでしょう。パサパサの馬場なら脚に負担が掛からないけどちょっと湿っているので心配ですね。本命は横山典弘騎乗のニードルポイント。前走は直線の競り合いで負けてしまったがビッシリ追えたのでいい競馬は出来た。今回はもう少しペースが速くなりそうなので競馬はしやすいと思う。パンプアップの前走は時計も速くいい競馬だった。スンナリした競馬が今回も出来れば勝ち負けだと思う。ダノンシャトルは今回も外枠を引けた。前走は展開が味方したけど、決め手ではそれほど変わらないので取りこぼしがありそうなので。でも、この3頭の競馬と見ています。押さえはタカラトゥルーとフラムドパシオンで。


 TARGET新聞 逃げ馬指数(外部指数付き)  TFRF.pdf(右クリックで保存)
 チェック種牡馬 色分けPDF TG_KETTO.pdf(右クリックで保存)

 TARGET新聞とはTARGETの補正タイム、ZI値と普通の競馬新聞に掲載されている内容を合わせて過去5走分の成績を新聞にしています。また、独自の逃げ馬指数を外部指数欄に、種牡馬の色分けはチェック種牡馬のタイプAを使用して表示しています。また、騎手の色分けはチェック騎手(騎手エージェント分類)を使用しています。PDFファイルは新馬、未勝利、障害戦を除く全てのレースを1つのファイルにしているのでファイルサイズが大きいです。ブラウザで開くと時間が掛かるかもしれないので右クリックで保存して使ってみてください。 






Posted by nobita at 2008年6月 1日 12:32 | Category : 予想(軸馬)




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ