racing-book.net


2007年12月14日

愛知杯の予想「騎手と枠順でアドマイヤキッスを本命に」

 このレースのハンディについては考査で述べたが、その時に挙げた有力馬はアドマイヤキッス、ディアデラノビア、アルコセニョーラ、ニシノマナムスメの4頭。この4頭の中からアドマイヤキッスを本命に選んだ。騎手が決まるまでは悩んでいたのですが、鞍上が安藤勝己騎手なら問題ない。これが、岩田康誠騎手だとちょっと不安。と言うのも岩田康誠騎手はアタリが強い騎手なのでデリケートな牝馬には合わない場合がある。それに対して安藤勝己騎手はダイワスカレーットで勝っているように馬とのコミュニケーションが良くて機嫌を損ねないように騎乗してくれる。終いの伸びがジリなこの馬はある程度前で競馬をするのが理想。枠順も内目で行きそうなシェルズルイの隣。スンナリと先行できれば勝ち負けが出来ると思っている。

 気になるのはニシノマナムスメ。昇級戦になるので厳しい競馬になるはずだが、アドマイキッスやディアデラノビアとの斤量4キロ差は大きい。2000mは初めてだが、これまでの走りをみると距離延長は問題ないし、小回りコースも問題ない。あとは、古馬との力量差だけ。僕は斤量差はあっても前走G1出走馬と昇級馬ではG1出走馬を買う。「牝馬は格より調子」と言われるが、調子落ちのない格上なら問題ないでしょう。馬券を買うなら挙げた4頭のボックスになるが、人気になる馬だけにボックスの回収率は悪いでしょうね。


出馬表・中京11R 愛知杯 ハンデ

馬名 性齢 騎手 斤量 ZI 直前 芝短 芝中 脚質 逃数 ランク
1 1 ロフティーエイム  牝5   石橋脩  53 5 101 88 92 95 590 4
1 2 ピースオブラヴ   牝5 上村洋行 52 5 >101 91 79 91 460 2
2 3 シェルズレイ    牝4 和田竜二 54 8 105 80 82 92 240 1
2 4 アドマイヤキッス  牝4 安藤勝己 57 5 114 94 99 99 860 11
3 5 アルコセニョーラ  牝3   中舘英二 54 5 123 96 72 96 860 11
3 6 ディアデラノビア  牝5 ルメール 57 5 115 94 99 100 800 10
4 7 マイネカンナ    牝3 吉田豊  50 2 96 86 86 86 780 8
4 8 ニシノマナムスメ  牝3   武豊   53 5 >115 87 84 87 630 5
5 9 ディアチャンス   牝6   横山典弘 55 5 101 90 91 95 760 7
5 10 トップセラー    牝5 幸英明  52 5 >101 85 74 85 550 3
6 11 スマイルフォライフ 牝5 芹沢純一 51 2 > 75 88 88 88 1230 16
6 12 ナスノフィオナ   牝5   生野賢一 49 2 84 84 84 84 730 6
7 13 ヤマニンアラバスタ 牝6 石橋守  55 6 114 95 84 96 1020 14
7 14 テイエムプリキュア 牝4   酒井学  51 4 78 81 86 93 1110 15
8 15 ランペイア     牝3   鮫島良太 51 2 110 87 87 87 860 11
8 16 スズカローラン   牝5 藤岡康太 50 5 > 86 86 66 86 790 9


Output by TARGET frontier JV






Posted by nobita at 2007年12月14日 18:39 | Category : 予想(重賞)




トラックバックURL

コメント
コメントしてください




保存しますか?



アクセスランキング ブログパーツ