[COMPI]天皇賞春 コンピ指数予想

 今年のコンピ指数と似通っているのが2015年の天皇賞春でした。この時は指数1位がダービー馬のキズナ、指数2位が前哨戦の日経賞を勝ったアドマイヤデウス、指数3位が菊花賞2着馬のサウンズオブアースでしたが、着順は指数5位、指数9位、指数11の順でした。また、このレースでの出走馬にはG1馬が2頭だけと寂しいメンバーだったことも今年に似ています。



 天皇賞春では指数1位の信頼度が低く、また荒れる傾向があるので指数5位のガンコを軸に、対抗は指数8位のトーセンバジルにしました。指数8位ですが、過去11年で一度も出現していませんが断層の上位なのでここは狙ってみました。相手は指数1位のシュヴァルグラン、3位のレインボーライン、4位のサトノクロニクル、6位のチェスナットコート、12位のカレンミロティックです。



 馬券はガンコとトーセンバジルの2軸に相手5頭の3連単マルチです。





天皇賞春の予想 過去5走のコンピ指数と着順


天皇賞春の予想 過去5走のコンピ指数と着順




天皇賞春 過去11年のコンピ指数


天皇賞春 過去11年のコンピ指数



Output by TARGET frontier JV

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする